<< お天気 | main | 屋根の葺き替え講じ終わりました。 >>

残暑お見舞い

またまた、日差しの強い夏がぶりかえしてきましたね。
残暑お見舞い申し上げます。

弁天荘前景.jpg

今日ジョンの家に2頭の犬を預けて上高地にお出かけになった方は、昨日までの曇ったり雨だったりのお天気が、うそのようで、ちょうどお天気がよくなり、コース選びは大正解です。
きっと楽しい上高地の散策が出来ることと思います。上高地の草原は、明神池までの間はススキの穂の揺れる秋でしょうね。

弁天荘ジョンの家から見る前景.jpg

車の流れも途絶えがちですが、他県ナンバーもまだぽつぽつと流れています。
一応、8月の最後の土日をさかえに、夏は終わったと言う感じですね。

今年は特に梅雨明け以後いきなり暑くなったせいも有り、体制が整っていない身体が青菜に塩状態。どっと疲れました。
紅葉の庭と看板
そしてお客様の波が、さあーと引いていったようで、朝晩涼しいせいも有り、夏中の寝不足が襲ってきたようです。
猫達もぐったり横になっています。でも夏ばてでやせると言うほどでもなく、どの仔たちも重い。かなり重い体重です。
ジョンなどはずいぶん太ったと感じました。「食べ過ぎジャー」と触った感触でつい言葉にしてしまいました。
よほど遊んでもらえるのがうれしいのか、べったりくっついて尻尾ばかり振っています。
1代目柴犬ジョンのお墓.jpg

「この一ヶ月寝にだけ来るみたいな生活で、朝は他の預かり犬達の作業に追われ、じょんをかまってやれなかったものね。。。。」
「そうですよ。そうです。」
と言わんばかりにぺろぺろなめてくる。ジョン。
タマもチャメもすっかり老猫になって、少しくらいの、事では寂しいそぶりも見せないが、朝になると2匹の猫達に布団を押さえられて、ねがえりもできない状態になっていることがある。私を押さえて、どこもやりたくない気持ちらしい。。。
101-0174_IMG.JPG

「重い。。たま!ちゃめ!布団から降りなさい。」朝の第一声はそんな、どたばたからはじまる。秋が来ればあっという間に冬。寒いときは働けない私。だから夏も秋もまだまだ働かなくては。こらタマ重いじゃないの。。。のそのそとようやくおきだす猫達を尻目に。いそがしい朝がはじまる。後、4ヵ月半頑張ればことしもおわる。もう4ヵ月半しかない、と言うべきなのかもしれない。
- | -