<< 雪解け春の「高山祭り」 | main | 雪が解けたのに、また今日は雪降りです。 >>

雪を溶かす春の雨

今日は朝から雨。
雪の多い飛騨に暮らしている私達にとっては、春の雨はありがたい。
雪解けの春の雨です。
昨日からの雨は、駐車場に山のようにあった雪も、ずいぶん解してしまいました。

凍りついていた大地は、表面の雪だけではない、地中深くまでちがちに凍らせ草も木も、じっと我慢の冬眠。
弁天荘前景.jpg

春に近づいて行くことは、冬の間、身体の中でコチコチに固まっていた何かがじんわりと解けていくようです。
心の隅々まで、ほんわかとしていく気分。

今年はどんな人に出会えるのでしょうか。
新しいわんこちゃんたちに出会えるのでしょうね。
もしかしたら、このブログを見て下さっているお客様なのかもしれません。

水仙

今年は去年のような不幸な出来事がありませんように。
「大地におとなしくしていてください」とお願いするほかなりません。

人々は平野の住みやすい場所に家を建てて暮らすようになった。
寒くて山間の傾斜地に、5ヶ月間も冬の雪に閉ざされて暮らし続けてきた
そんな暮らしから、生活様式を少しづつ変えて、その時代時代に合った生き方をしてきたのかもしれない。

近頃のありようは、少子化で野山を駆け回る子供の姿を目にすることなどとても珍しくなった。
きっと、夕焼けがやたらとむなしく感じるようになるのだろう。
「童謡」の中の主人公は、もはや幼子ではなく、ご老人ばかりとなって。
山間地は人口が減るばかり。

都市には人があふれ、人の居ない田舎はますますのどかになっていく。

ちょっとした田舎の病院でさえ、病院はお年寄りの出会いの場のようになって、元気な歩ける人はまだいい。
そこまでの体力をなくしてしまわれた人々はお気の毒の限り。
家族も少ないので昔のような看護も出来ず、生活に追われるので仕事をやめない限り、家族の看病につききり、というわけにはいかない。

散歩道2.JPG

それ以上進展しない病人は、3ヶ月以上の入院はほとんど許されず、医療施設へ入居して回復と言うよりそうゆう施設へ、入居しての静養となる。
すんなり入所できるなどと甘く考えていたら大間違い。
150人から200単位での順番待ち。直面する大きな現実の壁が、ようしゃなくたちはだかる。とにもかくにも、順番待ちとなってしまう。
順番が来るとは具体的にどゆうことなのか。

このブログを目にしている方はその深い意味を理解してみてほしい。

近頃「行列のできるお店」といってやたらとはやるラーメン屋だとかケーキ屋などが、ニュース感覚で取り上げられている。
いなかでは行列のできる老人ホームとなってしまう。
これから10年先15年先は、もっと増えることだろう。

田舎の山間に点在する一人暮らしのおじいちゃんやおばあちゃんが、雪に閉ざされてじっとすくむように点在して暮らして居ることになるだろう。
行政は当然雪かきもしなければならないし、雪下ろしもしなければならない。当然医療面から言っても。。。。希望があれば、病院の送り迎えや、買い物の送り迎えの支援をしなければならないだろう。
この先状況がもっと複雑多様化してくることへ不安はないのだろうか。
テレビを友達にしている、89歳になるノー天気な父の横顔を眺めて、
「いつまでこの状態が続けられるのだろう」と思ってしまう。

平和とは何だろう。今年で父は89歳を迎える。
時折「生きることにあきたぞよ」などと罰当たりの事を口走り、毎日おいしくご飯を食べ、「快食。快眠」
新装清潔な小川の湯.jpg

私よりげんきなことがあるのでたまげてしまう。
たまに、はつらつとしておめかしをして病院へ行く。
病院帰りに、お約束のガールフレンド達とあって、おしゃべりをするのが楽しいらしい。
爺婆の唯一のデートは、みんなでお昼を食べること。
生きて居てこそ、の人生なのかもしれないが。そんな老人が田舎にも何百人といる。唯一家でのすることは、「テレビと猫」父は平和をむさぼっている。
私も遅かれ早かれいずれそうなっていくだろう。

小川の湯予約番要写真.jpg

3/11の大震災をテレビで再認識する。
エネルギーのない日本がなぜこんなに無理を重ねてきてしまったのだろう。
当たり前の要にジャブジャブと使い放題つかってきた。
少しばかり道を間違えたのだろうか。目先の内需拡大ばかり気にして歯止めが利かなかったのだろうか。平成「バブル」の無駄は何だったのだろう。

2、3年のうちに、男湯にしている大きな渓流の湯は縮小しなくてはと考える。
昔は100人収容の営業許可を持っていた。
今は、たかだか40人程度しか収容しなくなった。ぎゅうぎゅう押し込むよりもゆったり使ってもらいたいから。そんな旅館にした。
男湯の30人浴室は不必要だと思う。
ひろすぎて掃除から湯の管理から、なかなか大変だなのだ。

もっとこじんまりした風呂に作りかえられたら燃料費としては、理想なのだが

ああ、、。申し訳ない。
早く気がつけばよかった。日本中のみんなが、、、。
みんなが、無駄な贅沢を誇らずにつつましくしていれば良かったのかもしれない。もう少し自然に対してのことを考えてくれる姿勢が、日本中にあったら、こんなことにならなかったのかもしれない。

みんなが電気と言うエネルギーをほしがるから作る。需要と供給。
今となっては原発のような恐ろしい、手に負えない大蛇のようになってしまった発電所一揆だけでも、人々がこんなに苦しんでいるのだと言うことをなぜ思わないのだろうか。振り返ってみれば、日本中原発だらけ。
これからさき、事故に遭遇したとき地図の中で、助かる地域がどれほどのこると言うのだろう。

岩魚 骨酒.JPG

派手で沢山の収容を誇る、大きな建物に泊まるステータス。
そんな建築がはやった時代もある。
あれが団体バスの名残なのだろうと思う。
弁天荘は今は団体バスは受けていない。

完全少人数単位の個人客のやどにしている。。
まして動物連れのみに絞っている旅館。
おしい「仔連れの家族」をおうけしている。
お客ならお金さえ払えば誰でも良いと言うわけにはいかない。
経営者のわがままかもしれないが、犬も猫も家族と思ってくださるお客様を選んでお泊りいただいているのかもしれない。


世間とは逸脱して、特化している旅館弁天荘となっているようだ。個性的な旅館のあり方をお客様が理解してくだされば成り立つことだと思う。
私の感受性なのだろうか。
社会現象に困ったことに心がいつも揺さぶられてしまう。

私の気持ちがそうだから。せめて私の気持ちを共有してくださるお客様を心からお迎えし、おもてなししたいと思う。

多くのぎせいしゃゅをだしてしまったのだから、学ぶべきことがあるはず。
心静かに、モクトウしたとき、「早く改装してこの無駄をお詫びしなければならない。」そんなことを思うこの頃。
そんなことが簡単にできないと言う現実とのギャップに、いつもせつなく自分の無力を、現実を。思い知らされてしまう。

館内イメージ.JPG

建築修繕工事は去年やったばかり。
さらに改装するにはもう少しお金を稼がないと。夢のまた夢。
経営者の端くれとして、何を思うにしても、お客様のご支援があってこそ。
そうしなければ、この震災で、福島原発で苦しんで見える人々の、つらさを共有することは出来ないと思う。
そして私もいずれ年をとっていくばかり。

やがていずれ、ここが私の終の住家老人ホームのような旅館でありたいと思う。気の会うお客様と、住処のようにゆっくり滞在していただいて、お客様が自由に出入りいただく。畑も苗を植え付けしたり種まきをしたり。
収穫を楽しんでいただいたり。今までやったことないことを無理のない程度に楽しんで遊んでくださればよいと思う。

レタス苗.jpg
元気で生き抜いていけるうちは、元気で仕事に生きていたい。
そうだ。滞在がたの宿泊ブランの確立をしよう。
今、私が出来ることを夢のように語り同じ気持ちで同じ楽しみを思ってくださるお客様と体験を通して喜びを感じていただいたら、新しいチャレンジとなるだろう。楽しい春から秋までのシーズン計画を立てなければ。
私も今年は還暦の年を迎えた。さあ。第2の人生だ。
出来る限りのいろんなチャレンジ。
いずれの方向転換も力尽きては何も出来ない。
頑張ろう。楽しい春が来るのだから。
- | -