<< 観光と日本 | main | 暑い夏の暑中見舞い。 >>

熱さは続くよ。どこまでも

暑い夏が本格的に始まった。
最近の飛騨高山も、なかなか30度越えの日が多くなった。
昼間の汗ダラダラに体力が奪われててしまいそうだ。
それでも昼間と夜の寒暖差が多いのでありがたいことだと思っている。
窓の外から冷たい風がそよそよと吹いてくる。
天然のクーラーは、緑の風邪の匂いがするので気持ちが良い。
熱帯夜というほどでもなく、外に出れば宇宙の星の話も出来そうな。

夏に向かって若草色の色が濃くなり
今日の台風は九州勤勉で大暴れしているらしい。
こちらは暑くて暑くて灼熱地獄のようです。
待ちの中はコンクリートやアスファルトに囲まれているので、とても大変だと思います。
そして湿度がない飛騨高山と比べて海岸の風が持ちこかんでくる中にも湿度がじっとりと含まれているので何とも大変だと思います。岐阜も名古屋も金沢も富山も相当たいへんだと思います。昔夏に出かけた時。肌にくっつくような湿度に飛騨地区の気候しか知らなかった私はとてもびっくりしました。街の中は。夕暮れともなると焼き肉の匂いや生ビールの酔いの中でざわつく人々が行きかい。そのころ20歳を超えたばかりの私は、都会の夜というものにびっくりするやら、がっかりするやら絵葉書には見得ない事実にとても驚きました。

山の緑

「人間の一日の終わりのささやかな喜びなんだよ」そう言われて誘ってくれた友達のなんと大人らしい言葉にまた一つ、人間的な哲学のようなものを感じ。
田舎に生きるということはなんと、純粋な身持ちで生きていられることなのだろうと思いました。
ああ、何十年も瞬く間に通り過ぎましたね。
もう私も60歳の大台を走り続けています。

今年ももう夏が始まり、暑い暑いと言っても飛騨高山の夏は8月の15日のお盆あたりまで。旧盆が終わると長袖でなければ風邪を引くような夜風です。
夏が終わりあっという間の秋が始まります。
こうゆう自然の恵みも都会的な開発をしていないからこそなのかもしれません。
夏の虫が忙しくは音を立てています。
静かな土曜日です。
お客様はもうぐっすりとお休みになられているようですね。
明日も暑いと天気予報が言っています。
私たちの飛騨地区から飛騨高校が甲子園目指して岐阜県大会の決勝まで進みました。今日はとても感動的な試合で高校時代の若い感動をもらったような気がしました。テレビに昨日も今日も釘づけでした。

なつのはな 2

でも。おしいかな、今日決着がつきました。負けました。しかしすごい事です。
飛騨から甲子園に手が届くなんて。
斐騨高校出身の地元の関係者や父兄たちは相当ののお祭り騒ぎだったと思います。高校生らしく、とても一生懸命なとてもまじめな試合でした。
感動の涙にくれていました。

久しぶりに飛騨中が団結して熱い思いに沸いたや少年野球だったと思います。
応援団も続々と長良川公園の試合場に駆けつけて地鳴りのような応援が、テレビを通じて伝わってきました。すごかったようですね。
わたしも地元の高校に通いましたが、別の高校でした。
それでも感動せざるを得ません。
お向かいの集落の岩田さんちの二男坊がテレビに映っているのです。
丹生川の里中が話題でもちきりです。大人たちが注目している高校球児たち。
飛騨高校に硬式野球部があるなんてことすら知りませんでした。
私の母校のあの当時の野球部は軟式でした。
母校の後輩たちが頑張っていることを知ると、何となく嬉しいものですね。

学生時代があまりにも遠い思い出になりまとしたね。
では明日もかなり暑くなるそうです。
涼しい夜のにらゅう川の里に遊びに来てくださいね。

きゅうりを食べるジョン
では今夜も、最後までありがとうございました。
水分が体の中にたまって冷えて足がむくみます。
皆様も夏バテしないように熱中症には、くれぐれも気を付けてください。
- | -