<< 年末年始少しキャンセル出ましたよ。 | main | きもの体験館と旅館に泊まるセットプランつくりました。 >>

雪はありませんが寒い朝でした。

弁天荘全景夏

雪は昨日少しは舞いましたが積もるほどではなく。
山影から少しのぞいた太陽はそそくさと大急ぎでまた山影に隠れてしまい。
来年のカレンダーのお休みの状況を見るとなんだかんだと言ってもゴールデンウイークが山かなーと眺めています。
長期休みが取れそうな祝日の配置になっていますので。またこのあたりで、一気に出て、あとはさっぱりかなーと思っています。
なんだかんだと言っても、将来をどう悠風に生きていくのか、今更ながらに計画しないとならないような社会情勢です。

しょぼしょぼした事ばかりを口にしていても難しいことに直面することは間違いないので、自分の計画の通り自分の周りのスタッフ達ととりあえずの山を乗り越えていく事の方が、正しい事なのかもしれません。何十億という返済があるわけでもなく。商売をどんなに細々とやっていても、仕入れや人件費や水道光熱費が半端でない数字になり、それが毎月の越えなければならない小山になって。
予期せぬアクシデントなどが起きるとそれはそれで、予定外出費になり。
なんだか少しもホッとする気分に離れないのです。
しかしお天気が晴れるというだけで、気分は変わります。

NHKの朝ドラの「朝が来た。」楽しみに見ています。
AKBの歌っている主題歌にも「とても良い歌詞だなー」ってつくづく思います。
毎日雪がないだけで、寒い冬の暮らしをしています。夏いそがしかった分を取り戻すかのようなのんびりした生活は、ひっそりと暮らしていると言ったほうが、良いのかもしれません。

ヒダコシヒカリ

雪がない国道158号線も、静かな車の流れだと言ったほうが良いかもしれません。何かが変化していく事に躊躇しているような。
今静かな平穏無事を祈るだけの日本の地方の在り方に。
何となく今の時代の若者たちが何を考えて進んでいるのかすら、わからなくなる時があります。
画期的な刺激的なことを思っていても。日ごと弱って行く体がついていかないのは事実です。
犬とか猫とかそんな動物と暮らしていることは励みにはなりますが。

たとえ親戚の子供たちの夢や希望を知ることもできない状態では、今この地域にいる若い人たちの考えすらわからないのは、仕方のない事だと思います。
出歩くことも会合やお茶飲み会でも行きたいとは思いません。

「近所の年寄たちが集まってお菓子食べてお茶飲むことのお世話をするのよ」
と嬉々として話す。健常者の幼馴染がいます。
それがあたかも素晴らしい社会貢献の、意義ある行動のように酔いしれて話しているので。「そうそれはいいことだねー」ととりあえずあいず地を打つようにしています。しかし、ほんとうにそれがいちばんよいことなのでしょうかねー。

わたしもあと20年もしたら、人恋しくて。
そういう場所に出向きたくなる日が来るのでしょうか。
私の本音は、いつも行く美容院ですら。「お願いだから話しかけないでほしい」(ゆっくり気を休ませてほしい)とすら思うのです。
自分の世界に夢を広げていることの方がどれほど楽しいかしれません。
世間の噂話に、面白おかしく花を咲かせ。

いわなの甘露煮.jpg

それがあたかも<ストレス解消のように過ごして>ああ楽しかった。と締めくくるには、少し私はひねくれているのかもしれません。
余り、リアルご近所さんと交わりを持ちたくないのです。
決して楽しいとは思えないし。
まだまだ野心の多い私なのかもしれません。

何かが変わっていく事が目の前に見えるから、ただぼんやりと時を過ごしたくないのです。やっとこどっこさで生きている私としては、おせっかい役程の力もありません。

ひと様の見本になるほどの力もない代わりに、今更白髪首振り立てて地域の貢献なんて、大それたことはできません。

若い人たちの頭の中がわからないから。
多分苦労の割には実りのない流れが目に見えてわかるから。
甘い言葉で近寄ってくる人たちは、何かがあるのです。
世の中のプラスとマイナスの駆け引き。年寄が欲を出すとだまし取られるくらいが落ちです。難しいものがありますね。

シンリョウショ.jpg

今一番考えなければならないことは私の人生で広げてきたことをどう風呂敷に包みなおすかということです。
しばらく冬の間は冬眠して考えることにいたしましょう。
そんなこんなで、バタバタと師走の月の日にちが過ぎ去っています。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。暇つぶしにこのブログに目を通してくださるお客様がいらっしゃるだけで楽しい励みになります。

増税に次ぐ増税で。報われない社会が広がっていますね。
そんなことを感じるのは私だけでしょうか。

では皆様もお体をくれぐれもご自愛くださいますように。今日はこれで。
- | -