<< 台風一過。 | main | 秋らしく晴れて。変貌していく高山。 >>

車載カメラ


すき焼き

25号台風は日本海に抜けて北海道の方に行くようで。
飛騨高山は今日も一日夜も静かな穏やかなものです。
被害を受けられているお客様には心よりお見舞い申し上げます。

先日通所リハリビの帰り、送迎車のバックのところについている四角いカメラがバックミラーの所に取り付けてあるものに気が付いて、これが車窓カメラというものなのかしらと尋ねたら。いろいろ詳しく教えてくれました。便利なものができたのだからさっそく考えてみないとと思って帰宅したところ。

シャブシャブ鍋食事

わたしのやっているフェイスブックのお友達の間でも話が盛り上がって。
安いものなら1万円以下で取り付けられるとか。
取り付け工事を含んでも2万円代だとか。いろいろな意見が聞けました。



事故を起こしたときのために、確たる証拠があれば裁判の時、どちらが正しいかということに、撮影してあるので、原因がわかりやすいとか。
信号待ちしていたら追突事故を起こされ、関係者が皆ドライブレコーダーがついておらず。救急車で病院へ運ばれた人。ドクターヘリに乗って行ってしまった人などで、私だけが取り残されて私が3台分の車の実況見分をしました。車載カメラが有ったらよかったなーと思いました。

この間追突事故を起こしたけれど、追突回避の安全装置は車のメーカーだし。
車載カメラはディラーで済むこと。だという意見もありました。



そういえば孫正義氏とトヨタの社長と握手しているところがニュースに取り上げられていた。今時代は車社会の過渡期で変革期なのだそうだ。
もう少し開発が進んで誰でもという時代がやってくることだろう。

真っ赤な一位のみ

ソフトバンクとトヨタの車が、より実用的なものに研究し開発していくのだそうだ。車はこれからスピードやかっこよさだけではなく、より安全に生活の必需品になるかという事らしい。未だメーカーから新装備の車を買い替えるには、時期尚早なような気がしないでもない。



それまでは事故の発生した状況を実際に判断する材料になるドライブ、レコーダーなるものをを設置対応しておくべきかなーとつくづく思った。
歩いてお買い物に行ける距離ではない場所に住んで宿屋をやっている私。
食品の買い出しから、銀行の支払いまで様々な雑用のすべての足は私のマイカー運転になる。一応、田舎の国道とはいっても土日観光道路は。無謀な走り方をする他県ナンバーから始まり。
結構な数が渋滞することもあり、田舎の道と行っても油断できないのです。

車載カメラの重要性を少し話し合えていろんな人と意見交換できました。
こうゆうこと話し合ったり考えたり気を付けたりすることって大事だと思います。
よくテレビの事故があるたびに。アクセルとブレーキを踏み間違えたという話を聞くことがありますが。
老人がますます増えていく社会。ドライバーの免許を返納しない限り。
何があっても危険なことと隣り合わせなのですね。
今夜も最後まで私の長話にお付き合いくださりありがとうございました。
おやすみなさいの時間ですね。

だるまストーブ



このブログは、本来このブログに返事を書いたり問い合わせたり。
いろんな意見交換ができるものだったのですが。
ものすごい数の海外からの読めない物が、たくさん入ってきてしまうようになり。
いちいち消去することに。疲れ果てて。
結局私からの一方通行のブログにしてしまいました。


お客様の宿泊記念写真

秋が深まって行きます。夜長の静かで平和な時間の過ぎ行くことを祈っております。どうか皆様お元気でお過ごしください。今日もありがとうございます。明日からの3連休。大方の人たちが予約取り消さないでいてくださり。
ありがとうございます。頑張りますね。

今頃25号台風はどこを突っ走っているのでしょうか。
被害が最小限で有りますように願っています。
- | -