<< 5月半ばを過ぎて | main | 昨夜の雨雷はすごかったです。 >>

気温差について。

嬉しいねと見上げてお話している犬達

明日の5月22日は天気予報によると。
朝は7度で昼間は27度にもなるとのこと。
気温差20度もあるとかなり体力保持にも変化が出そう。
そして直射日光がさすようになれば飛騨高山地区は空気が澄んでいるので、日焼けにも注意しなくてはならないそうだ。
24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg
中々、この頃の気象は激しいので。困りもの。お天気が良くてさわやかなのは通り越して梅雨入り宣言もしないうちから大雨になったり。日照りも困るがまとまった大量の雨にも困りものだと思う。

日焼け止め対策はは女の人の特権だと思っていたが。この頃では男の人にも日焼け止めクリームは必需品のようで。
長年紫外線を浴び続けるとしみやそばかす。はたまた「皮膚がん」などの害が洗われるとのこと。何となく時代が変わりつつあるということに。確かな現実を突きつけられているような気がする。むかしは小麦色に焼いた素肌が健康と若さのシンボルのように例えられていたが。

山胡桃とアケビの木の精霊

なんだか。地球を観察する技術が進めば進むほど。
知らなかったことが知識として報道されたり。医学的な見解として解明をされたりすると。
なんだか長く生きていく事への不安すら感じるのだから。
怖いもの知らずでいた昔の方が幸せだなのかもしれない。
とはいうものの、災害の時に。
助け合って地域の消防団や、ご近所の人々が声かけあって危険を回避していくことは。地域活動の素晴らしさを
「お見事として。拍手喝采」でほめたたえたいものだと思う。

ドックらんそばのゆり咲きました

カエルの鳴き声が遠くから聞こえてきます。合間を縫って忘れた頃に。
窓の外を車が通り過ぎて行きます。のどかですね。
今夜は闇夜のようですが、街路橙のかすかな光にに反応して、オスカエルがメスカエルを呼ぶ音でしょうか。たまにコロコロという音とギャクギャクという音が混じって聞こえてきます。私は田んぼを耕作放棄地にしてしまったので。お隣の田んぼは貴重な繁殖激戦区のようです。オタマジャクシが育って尻尾の取れた若いカエルになるまでのしばらくの辛抱です。

一代目柴犬ジョンの眠る丘

カエルたちのラブコールは、ちょうど良い田舎の子守歌に聞こえてきます。
今夜ははこれくらいにして。
いつも私のブログに遊びにいらっしゃって感謝しています。
ではまたいつか弁天荘をお尋ねくださる日まで。
ペットちゃんともども、お元気でいてくださいませね。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
- | -