<< 乗鞍スカイラインの開通始まりました。 | main | ボクはジョンです。二代目ジョンを襲名しました >>

夏日のような暖かさです。

水仙

弁天荘無農薬野菜畑

今日は夏日のような暖かさです。
明日の夜から少し筒お天気は下り坂。お天気が良くて光も強く日焼けが気になりますが、農園の野菜がどんどん大きくなっていきます。白菜もキャベツも、ブロッコリーも玉レタスも、防御したトンネル仕立ての黒マルチシートで被いくるんだ畑の中で育っていきます。
今年こそは良いお天気に恵まれますように。みんなが思う気持ちです。
社会情勢がどんなに変化して行こうとも、弁天荘の裏のは、のどかな牧歌的な景色が広がっています。ドックランのお花畑もチューリップが終わりました。
花ゆり。ダリヤ。グラジオラス。と楽しみです。黒ポットに蒔いたミニひまわりや、万寿菊なども芽がでてきました。
露地物栽培はお天気にとても左右されますので、降りすぎる雨にも困りもの。
また雨のない植え付け時も困りもの。弁天荘のもぎ取り農園は家庭菜園の域を超えています。でも消毒や農薬に頼らない有機農法で、安心野菜にチャレンジしていますので、収穫をたのしみにしていてくださいね。
畑部スタッフ作業中2.JPG

弁天荘にお泊まりになるお客様が喜んでくださればと願い、畑部のスタッフ達はがんばっています。
農協センターや市場への出荷計画はしていません。弁天荘にお泊りになられるお客様が、収穫の喜びを体験していただくことにこだわっています。
お客様みずから、畑にお出かけ頂き好きなだけ収穫していただく。休憩直売所でかご盛り、バケツもりをおくかのいずれかになります。いずれにせよお泊りいただいた御礼ですので無料です。バケツに2杯目からは有料になります。

持ち帰り野菜様々1.JPGお友達や親戚にお土産になさっても言いかと思います。すべての野菜が、豊富な量になるよう、今年は沢山沢山植えつけました。

今年から雨降りの日などは、弁天荘もぎ取り農園の、直売所で提供するようにいたしますので、よろしくお願いします。

まぶしいような太陽と、緑の山々を吹き抜ける5月のさわやかな風が、地道な努力を応援してくれているようです。

畑仕事の作業はしんどいけれど、スタッフ一同楽しみに働いております。楽しみに育てた野菜たちが、大きく成長して御台所にお嫁に出す日まで、虫が付いて傷物にならないように、一ミリの細かい白い網幕でトンネルに仕立てで大切に育てています。

今時分は夕方になるとお隣の田んぼでは、かえるがコロコロ泣いて、懐かしいメロディです。

聞きなれない人にとっては耳障りかもしれませんが、懐かしく思う人にとっては平和なのどかな調べなのです。
お客様がニコニコしてお話くださいました。「幼いとき母の胸に抱かれて聞いた子守唄のように、ぎゃくぎゃく、コロコロ。いつのまにかねむりについてしまったよ。のどかだね。」そういってもらえほっとしています />
- | -