11月ですがまだ温かいですね。

お元気ですか。
11月になりましたがまだ温かいですね。
楽しく暮らすということは。いろんなささやかなことにもチャレンジして、一日を精一杯暮らすという事なのかもしれません。
今私は今日の秋の終わりの冷たい雨を眺めながら。
明日は晴れて行楽日和が続くというお天気ニュースを聞いています。

それでは明日から芋をゆでて芋干しつくりをしましょう。
アマゾンで万能野菜干しかごを3個注文しました。
明日クロネコヤマトが運んできてくれます。
とても楽しみです。

ナツメ30年収穫

今年の秋はナツメもたくさん煮て冷凍にしています。

畑で取り損なっていたサツマイモを畑じまいのおじちゃんが運んでくれて。
土付のまま保存していましたが。

暖かいとはいえもう11月の朝晩は気温が2度をさがると家の中に取り込んでおいたさつまいもも、黒くなって風邪を引いたようになりますので味の落ちない前に蒸してサツマイモを干しイモにした方が良いように思います。

太陽の光を浴びて干せた芋はとても甘くなります。
また芋干しの状況をブログに書きますので楽しみにしていてください。


思い出のアルバム

又今日もうれしい事がありました。
16年前にお泊りいただいたお客様の宿泊記念写真が、保存しているアルバムの中から見つかったとお喜びのお客様から。お礼言われました。
16年前の宝物のような写真と言われました。その時連れてきた親犬の子供なんですよ。もう12歳になります。
元気な黒いラブのつやつやした背中に触りました。

弁天荘中庭


では皆様お元気でいつもありがとうございます。
- | -

寒くなりました。

紅葉の美しさはお天気次第です。晴れると気持ちいいものなのですか。今日はあいにくのお天気でした。10月31日で今年の飛騨の秋は終わったのかと思うような木枯らしの吹く寒い一日でした。

真っ赤な一位のみ

今朝の飛騨高山にゅうかわ地区の気温は、158号線沿いの温度計で2度でした。
道理で寒い筈です。今年は気温差に体が追い付かないような。
地球の気温変動が始まっているようです。
一年中お天気に振り回された年でした。
もうすっかり北アルプスの山々が白く雪をかぶって。
また一味違う。美しい景色を眺めるのもこれからの事でしょう。

すき焼き

今年は暖冬とか。「暖冬というと雪が少ないのか」と思うと。
逆で重たい雪が降り積もるので夜明けのマイナス気温で雪が凍り。
道路沿いの樹木が倒れたりする、災害が発生するのです。
あまりうれしくはありません。雪のない冬なんて考えられない飛騨では、一気にふるどか雪の方が、面倒なことになります。

24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg

あっというまの秋が通り過ぎて行って。
もうすっかり、北アルプスは冬支度。
乗鞍岳のスカイラインの乗り合い登山バスも。
今年は今日で終わりました。
何時もの年寄は10月は暖かい日もあったようで、例年に比べるとおそい最終日のようです。もうすっかり暖房機のお世話になる毎日です。


かりんのみがたくさん

明日からいよいよ11月なのですが、11月の最初の文化の日はお天気が良いようです。同じ岐阜県でも美濃路の方の紅葉はこれからのようです。
高山市内の国分寺の大いちょうあたりがかなり色づいてきたことでしょう。

寒くなりますね。皆様お風邪など召されませんように。
今回も、最後まで目を帆通してくださりありがとうございました。

大型犬たちにとってはこれからが嬉しい季節なのかもしれませんが。
昔に比べると皆さんのお連れになるワンコちゃんたちは相当小ぶりになりました。

シベリアンハスキーたち
大きくても小さくても何頭でも犬も猫もお泊り台は無料です。
どうぞ気軽にお連れくださいね。
エサを忘れずに。廊下は引綱で管理してください。
おしっこは外に連れ出してさせてください。
- | -

山里の秋

皆様お元気ですか。朝晩が寒くなってきました。北アルプスの海抜の高い山は、てっぺんに雪をかぶっていますので。
その冬の寒さが裾野を滑り降りてくるのです。
山の寒さが里に下りてくる頃には紅葉が始まり。高山市の国分寺の大いちょうも黄色く色ずいて鮮やかになります。
はさがけの稲


長年元気で暮らしてきたわんこちゃん達も年と共に弱ってきたり。
すでに虹の橋をわたってしまったお話など聞いたりしますと、何とも切ない気持ちになってしまうものです。
私どもの館内に展示しています写真の数もいつの間にやら相当のアルバムに入る数になっています。
5年前10年前の写真も保存していますので。
レジカメのフロッピごとに一年撮りためたものをカメラやさんに出してプリントアウトしてもらいます。写真は無料でお取りして、次回お泊りになられた時に無料でお持ち帰りいただいております。小さなミニ額に入れてお渡しするようにしていますが。
そのミニ額がすぐなくなってしまうので先日100円ショップで。
かなりの数を買いました。
お店の人はこんなにたくさんの数のミニ額を買われてどうなさるのかというような顔をしておられました。
そして私の運転する車のトランクまで運んでくださいました。
その数70個。かさばるものなのですが、些細な料金でもサービスの一環ですから。おろそかにしてはいけないと思っています。

思い出のアルバム

最近は私どもの宿泊記念写真をお取りする時。
同じ写真をお客様のおもちになっているスマホでも同じ写真をお取りしていますので。原則的にも後日「写真を送ってくれ」ということはないようになりましたが。

膨大な数の中から何年前に泊まったかもすっかり忘れてしまった方が、アルバムとにらめっこしてさがしておられることも、たまにあります。
そしてその思い出写真を見つけた時はまるで宝物探しに巡り合ったかのように。
嬉しそうに懐かしがっておられる方がほとんどです。
それだけ家族としてのわんこちゃんやご自分の家族の変化のありようが画像の中に残されていること自体が。懐かしい事なのかもしれません。

それを冬休みの間中かかって入れ替えて展示します。
其れも根気のいる作業ですかが、懐かしいわんこちゃんの姿を見て「この子たち元気でいてくれているのかしら」なんていつも心でつぶやいてしまいます。
特に寿命の短い大型犬には。
あっというまの時の流れだと思います。

疲れた顔の7歳シニア

日を追うにつれてさむさが目立ってきました。今年も年末年始のお客様の予約もかなり詰まってきました。
年末年始を終えると春まで長い冬休みになります。まったく客を取らないというわけでもありませんが駐車場の除雪や館内の暖房の関係上。
限られた数のみの営業にしています。
特に時代が変わりましたのでスキー客というお客様はゲレンデの中の宿などにお泊りになられます。
長年ペットの受け入れを中心にやってきましたので。
寒くて雪深い飛騨高山へいらっしゃる方は、雪景色を覚悟しておいでになられる方が多く。冬道に自信ないのでと秋においでいただいた後は春になるまで我慢なさる方も多いものです。
でも長るんのリピーター様がおいでいただけるということで、細々と成り立っていますこと。ありがたく感謝しています。本当におかげ様なのです。

都会に暮らしておられる方たちにとっては、季節の変わり目がはっきりしないことなのかもしれませんが、カエデやイチョウの葉が黄色や赤に色ずいてくる事。
秋の深まりが終わるころの、白い世界の訪れはもう2か月先の事です。
冬景色駐車場

今年は特に気温差が大きい秋です。お風邪など召されませんように。
お元気でお暮しくださいませ。
今夜も最後まで読んでいただきありがとうございます。
また季節のお便りいたしますね。
- | -

秋が深まってきました。

昨日、乗鞍岳のふもとは初雪でした。
10月半ばもう乗鞍岳の登山バスかいつ止まってもいい時期になっています。今年は例年よりも5日遅れての初雪だそうです。


遠くに見える乗鞍岳。

昼間は秋晴れの少し暖かさがありますが。朝晩の寒さと言ったら晩秋の頃の気候です。今年の夏は酷暑と大雨と土砂崩れと秋の始まりは毎週やってきた台風で。
今年は大阪の地震から北海道の地震まで。自然災害の多い年でしたね。

身体が急に寒くなっては気温差に耐えられないようなそんな。
なんだかつらい年になってしまいましたね。
私の家ではレオンもジョンも元気に過ごしております。

皆さんのわんこちゃんや、猫ちゃん元気で暮らしていますでしょうか。

弁天荘から見る秋の空

来年は「5月が年号の代わり年」になったりで、やたらに長い連休になります。
いろいろ計画を立てて楽しみになさっていることでしょう。
飛騨への犬連れ旅行も計画してみてはいかがでしょう。
春の高山近辺は世界遺産の白川郷に始まり。
奥飛騨の乗鞍スカイライン。新保高ロープウエイ。
長野県と隣り合わせの地形ですので上高地へも平湯温泉あかんだな駐車場より乗り合いバスにて、やく40分です。
河童橋や散策路を歩いて明神池のあたりまで行くのも春の素晴らしい旅行の思い出になる事でしょう。

栗を活けてみました。.jpg

ペッとは入山禁止になっていますのでお気をつけてください。「動物愛護法」という法律により。同行は許されないことになっています。

山の自然動物たちには予防注射もワクチン注射も受けられないので自然保護区に、人間に買われている猫や犬などのペットを持ち込まないことが。
基本と定められています。

岐阜県菜高山川から北アルプスの国立公園の観光地に行く場合は、国道158号線道路沿いに「旅館弁天荘」が経営しています。「ジョンの家」があります。
こちらに預けてお出かけになるのが一番の得策かと思います。
通り掛けていきなり立ち寄られるのは、あずかれるかどうか状況によりますのでできる限り予約いただいた方が無難化と思います。
旅館弁天荘にお泊りのお客様には、1日フリータイム3000円というコースもあります。時間預かりからいろいろあり。犬種によって値段もまちまちです。

美容室の白ヤギちゃん

もともと女将が犬や猫がが好きだから始めたことであり。
街中にある狭いペットホテルと比べると、ゲージに入れてお預かりするかつないで預かるというのんびりとしたやり方です。フロアーの中に中に走り回れる施設ではありません。私の愛犬たちも別のフロアーで暮らしています。

居住している場所の一部をペットホテルのシステムになるよう地元の保健所監修のもとに作った施設です。犬や猫達だけを置き去りにしておくというシステムではありませんので。ご安心ください。
ただし甘えん坊のわんこちゃんは一晩中泣き続けてくれると私が眠れなくなりますので。「かみつく仔」または「分離不安になる子」はあずかれませんので、よろしくお願いいたします。
すこしばかりさみしがってなく個程度ならば。椅子に座って話しかけてもやりますし。いっしょにあそんでもやりますので。人間の気配のある場所でお預かりするということをご理解ください。犬は賢いもので大体の状況判断は着くものなのです。
「だからもうすぐお迎えに来られるまで。おばちゃんと遊んでいようね」といえば
我慢しておとなしく待っていてくれるものです。

ジョンノ家
そしておしっこの色が健全か。
ウンチの固さは正常かなど中庭に連れ出したときなどよく観察しておきます。
よその犬の排せつ物を見る。大事なお仕事の一つなのです。
それが犬たちのストレスに影響することだからです。



弁天荘にお泊りのお客様の翌日や前日に、犬がいるから買い物もおちおちできなかった。お昼ご飯すら食べられなかった。犬がいるから不自由な旅行となったと言ってほしくなかったので。
私のペットの犬を「保護犬」外飼いしないために。作った施設です。
お食事処弁天というドライブインのような施設の建物を「ペットホテル」としての申請しなおして作ったものです。
そのついでに空いている場所を「ゲスト犬預かり」の場所に提供しているものなのです。

そして観光にお出かけになるお客様のお手伝いをしようということで
ペットの泊まれる旅館弁天荘という専門旅館とぺっとあずかりホテルとしての、2つの営業許可を高山保健所よりいただいています。


たまたま通りがかったお客様の犬も予約なしでもあずかることもありますが。
お天気の都合で山などは行かないことにもなることがありますので。
電話一本で予約して、電話一本でとりすすこともできますので。
特にペットホテルの方はキャンセル料はいただいていません。お支払いは現金のみ。預ける時の前払いです。
山の日という休日が夏に去年から設けられましたが。
夏山でなくても新緑の春の北アルプスもとても楽しいかと思います。今から楽しい旅行をご計画くださいませ。


40年もやっていますとながいあいだのリピーター様が戻って下さる日があります。そんな時は昔の思い出が一気に戻ってくる日になります。
ではまたお目にかかりましょう。
今年もどうにか1年のシーズンを終えつつありますこと。
皆様のご支援の賜物と感謝いたしております。

どうだんつつじ


秋のシーズンはこれからです。目に入る山野雄大な紅葉これからです。
11月半ばころまでの様々な紅葉をお楽しみください。
海抜の低い場所での紅葉の名所もありますが、平湯峠や新保高ロープウエイなどの上高地や白川郷などの海抜の高いところの紅葉は、赤黄色の深さが違うということです。色鮮やかさが晴れた日などには格段と違って目に飛び込んできます。
スケールの大きな景色に胸躍らしてください。
素晴らしい紅葉が山から町へと降りてくる頃山はもう冬の景色に変わります。
1年の四季がある日本に生まれて育ったことに感謝する日となる事でしょう。

いつも長いお話にお付き合いくださりありがとうございました。
では皆様。お元気で。

弁天荘全景夏
- | -

秋らしく晴れて。変貌していく高山。

コスモス


天気予報では今日は一日曇り空のはずでしたが。
朝から明るい光がさす晴れです。
県外の観光客の車の数も多く走るようになってきました。
日帰り客が天気の状況を見計らって出てきているのでしょうか。

今年はトップシーズンの夏の売り上げの落ち込みが激しくて。
お天気予報のメッセージもやや過大気味の所もありますし。
売り上げを取り戻すことのできないままに、どこの施設も営業しています。

スタッフ達も年取って一騎な無理はできないので。
まあこれがちょうどいいのかなーと思っています。


下呂温泉の観光協会長の滝さんがテレビのカメラの前で。
「今年は大雨の被害や台風などの直撃で夏のキャンセル発生の、落ち込みを取り戻せないままにここに至っていることも、多い施設もあるかと思いますが。
観光協会イン一丸となって頑張って行きますので。」と挨拶して見えた。
おおさかのじしんはっせい。そして大雨による土砂崩れ。
夏場の酷暑。

真っ赤な一位のみ

「なるべく不要なお出かけは避けましょう」という
こぞってのマスコミの呼びかけ。


これが却って悪影響を及ぼし。犬連れの旅行は驚くほど減った。
鉄板のように熱くなっているアスファルトの道をついて歩く犬の身にもなれば。
つらくて大変なことですし。
確かに知らない街を散歩するのはつらい事と思う。

そして相次ぐ台風。台風による停電。中々自然災害の中では人間なんて弱いものなのです。ちょっと前までは連休となれば一日目も2日目も入れ替えの満室でてんてこまいだったのに。
今では最初の一日目が、ほぼ80パーセント程度埋まれば御の字ということになる。観光ブームの在り方が変わって来たのか。
それとも休日という余暇の過ごし方が定着してきたのか。

低料金薄利多売ということではないので。それは仕方ない事だとは思うが。


事業としての売り上げのラインに乗りきれないまま。
一年のカレンダーを見て。半年も前にお客様の出足を予測してすべての計画を立てなければならないことが苦痛になってきた現状。

お留守番のソフィ

近い将来の今後高山市内に駅前を中心として。
県外からの資本でまたは全国的ブランド名のホテルが10件もできる計画が建っているらしい。高山はいよいよ、
外国人の人気の街になってしまうのだろうか。

やたらに増えていく箱もの。
「取り残されたビルのない街。心の郷愁。ディスカバージャパンの飛騨高山」
これが長い観光路線の高山の発展の道筋だった。


高山の街の中をしばらく歩いていないと。
すっかり様変わりしてしまうのは、どこも同じリズムで変化しているようだが。
これから田舎がどんどん発展していくようにとのこの国の方針のようだ。
治安維持も含めて社会保障や福祉のすべてがうまくいくのだろうか。
色んな事の変わり目に立っているということは。
楽しみなことだとも思い。毎年のように酷暑が続き台風の数が多くなり。
地震や災害の多いステージにに入っ他のではないかなどという知識人たちの呼びかけに対しても。なすすべもなく翻弄されていくのが我々庶民だと思う。


この際株が値上がり仕様が値下がり症があまり関係ない事で。
平和に穏やかに暮らせればどうということないものなのだが。
オリンピックのボランティアの募集の話を聞いた。それも遠い感覚の話だと思う。この人手不足で苦しんでいる地域としては二週間ばかりの季節労働のボランティア人員の何万人たいおあーうの募集を。

上三之町

東京近郊の莫大な人数の居る、「大学生の若い力と語学力の対応を根底に置いたー話でもなく。」なんか的外れな計画ですらあるような気さえしてきた。

2〜3年のうちに大きな災害がいつ起きてもおかしくはないとマスコミ。
東南海地震というのだろうが。おびえてばかりでも仕方ないし。
個人のそなえも限界がある事で。地震保険の掛け金ですらこれがムダ金にならないようにと願い。ムダ金であればそれは去れでありがたい。
毎月の高いお守り代だとすら思う。

63歳私

宿屋はめったなことでは燃えない。

そうゆうふうにに建設されている建物なのだから。
なんだかやれやれという気もしないではないが。

色んな制約事をクリアーして建設ラッシュ。
駅前近辺のホテル群はどう、高山の街を変えていくのだろうと思う。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
どうか、ことしのしぜんさいがいはこれで終わりということを願っています。お出かけください。飛騨高山の自然の景色の中に。
皆様素敵なことが多くありますように。実り多き日々をお過ごしください。

弁天荘全景夏
- | -

車載カメラ


すき焼き

25号台風は日本海に抜けて北海道の方に行くようで。
飛騨高山は今日も一日夜も静かな穏やかなものです。
被害を受けられているお客様には心よりお見舞い申し上げます。

先日通所リハリビの帰り、送迎車のバックのところについている四角いカメラがバックミラーの所に取り付けてあるものに気が付いて、これが車窓カメラというものなのかしらと尋ねたら。いろいろ詳しく教えてくれました。便利なものができたのだからさっそく考えてみないとと思って帰宅したところ。

シャブシャブ鍋食事

わたしのやっているフェイスブックのお友達の間でも話が盛り上がって。
安いものなら1万円以下で取り付けられるとか。
取り付け工事を含んでも2万円代だとか。いろいろな意見が聞けました。



事故を起こしたときのために、確たる証拠があれば裁判の時、どちらが正しいかということに、撮影してあるので、原因がわかりやすいとか。
信号待ちしていたら追突事故を起こされ、関係者が皆ドライブレコーダーがついておらず。救急車で病院へ運ばれた人。ドクターヘリに乗って行ってしまった人などで、私だけが取り残されて私が3台分の車の実況見分をしました。車載カメラが有ったらよかったなーと思いました。

この間追突事故を起こしたけれど、追突回避の安全装置は車のメーカーだし。
車載カメラはディラーで済むこと。だという意見もありました。



そういえば孫正義氏とトヨタの社長と握手しているところがニュースに取り上げられていた。今時代は車社会の過渡期で変革期なのだそうだ。
もう少し開発が進んで誰でもという時代がやってくることだろう。

真っ赤な一位のみ

ソフトバンクとトヨタの車が、より実用的なものに研究し開発していくのだそうだ。車はこれからスピードやかっこよさだけではなく、より安全に生活の必需品になるかという事らしい。未だメーカーから新装備の車を買い替えるには、時期尚早なような気がしないでもない。



それまでは事故の発生した状況を実際に判断する材料になるドライブ、レコーダーなるものをを設置対応しておくべきかなーとつくづく思った。
歩いてお買い物に行ける距離ではない場所に住んで宿屋をやっている私。
食品の買い出しから、銀行の支払いまで様々な雑用のすべての足は私のマイカー運転になる。一応、田舎の国道とはいっても土日観光道路は。無謀な走り方をする他県ナンバーから始まり。
結構な数が渋滞することもあり、田舎の道と行っても油断できないのです。

車載カメラの重要性を少し話し合えていろんな人と意見交換できました。
こうゆうこと話し合ったり考えたり気を付けたりすることって大事だと思います。
よくテレビの事故があるたびに。アクセルとブレーキを踏み間違えたという話を聞くことがありますが。
老人がますます増えていく社会。ドライバーの免許を返納しない限り。
何があっても危険なことと隣り合わせなのですね。
今夜も最後まで私の長話にお付き合いくださりありがとうございました。
おやすみなさいの時間ですね。

だるまストーブ



このブログは、本来このブログに返事を書いたり問い合わせたり。
いろんな意見交換ができるものだったのですが。
ものすごい数の海外からの読めない物が、たくさん入ってきてしまうようになり。
いちいち消去することに。疲れ果てて。
結局私からの一方通行のブログにしてしまいました。


お客様の宿泊記念写真

秋が深まって行きます。夜長の静かで平和な時間の過ぎ行くことを祈っております。どうか皆様お元気でお過ごしください。今日もありがとうございます。明日からの3連休。大方の人たちが予約取り消さないでいてくださり。
ありがとうございます。頑張りますね。

今頃25号台風はどこを突っ走っているのでしょうか。
被害が最小限で有りますように願っています。
- | -

台風一過。

静香ちゃんは白シェパード

台風一過。
うそみたいに青空が出てあちらこちらで、強い風が吹いて停電にもなり大変だったようですね。
9月の飛騨の台風はそうでした今回は予期したほどでもなく。
停電の覚悟もしていましたが、懐中電灯も携帯ラジオも出番がないままに。
テレビを見ていました。
飛騨地方は思ったよりも何事もなく何よりでした。


今年はどうゆう年かと思うほど、夏の酷暑ようやく秋を迎えたと思えば次から次とやってくる台風。散々な思いをいたしました。
来年も同じようなことの繰り返しで。
災害が多いと予測している学者もありましたが。


弁天荘の玄関前


なんだか地球規模の嵐や地震や。
だんだんいろんなことが重なり、心が息苦しくなりますね。
乗り越えて行かなければならないことがたくさんあってとてもつらい事だと思います。東北の震災。そして火山爆発。熊本地震。北海道の地震の時は。
此の世の終わりを物語るような。
地球は次のステージに入っているのだという人もあるけれど。

今年も豊作 お米がうまい


災害も、戦争もない穏やかな生活が一番幸せだと思う。
災害はとてもつらいけれど。きっと乗り越えて行けるだろう。

阿部内閣の国会の大臣人事の発表が始まっている。
平和な国でありますように。
日本のオリンピックの開催前にして、太平洋戦争が発足した過去。
なんだかドキドキする。世界情勢もあまりよくなく。

いつも安閑とした一には立たされていない日本の立ち位置。
うまく立ち回ってほしい。日本の政治家たち。

一日の夕暮れ5/27

きょうのブログはいつもより短めにしておきます。最後まで目を通してくださりありがとうございます。皆さんの生活に今度の25号台風は差し障りありませんようにお祈りいたしております。

秋はこれからです。海抜の高いところの紅葉は色の朝や傘が違いますので。
これから紅葉の素晴らしい自然の景色を見て行けます。
どうぞ愛犬を連れてののんーびり自然豊かな景色を楽しんでくださいませ。
- | -

24号台風のいくえ。

ジョンノ家から宿を望む

24号台風の大体の予測が出た。
九州付近から京都方面を通過して岐阜県のど真ん中を走って行くようで。
わが家の予約帳はきれいさっぱり、早々と台風が来る前に消えてしまった。

しかし当日まで予約が入っていて。そのままお客様が高山方面に、向かってこられるとしたら。土砂崩れが発生していないか。大明け警報が出ないかはたまた避難勧告。その上避難指示でも出たら。避難所にお客様とお連れになった愛犬をご案内する羽目になってはそれこそ大大変だと思う。

ロビーにてわんこ


予約が消えることは台風なのだから引き留めることはできないと思う。
当然キャンセル代なんていただけるわけでもなく。
お客様が不安に思われることは旅行どころではないと思って当然だと思う。
今年は本当に天候に振り回されて、宿屋稼業は大変な酷暑と大雨と台風と停電で散々だった。


すでにもう10月を迎えるというのに。お客様はお部屋では暖房機を付けておられる。無理もない。富士山に初冠雪というからには、北アルプスの雪も10月の半ばころ。紅葉があっという間に来て、、、、。いやいやその前に台風が来て紅葉の葉ですら吹き飛ばしてしまうかもしれない。


21号台風で散々な思いをしたのに。
24号台風の被害なんて思うと。また植木鉢をかたずけたり。
よけいな仕事が増えてうんざりな気もする。


こんなに肌寒い秋雨前線が長居しているところに本当に台風がやってくるのだろうか。どうせ来るのなら海の上を通って海の水をかき混ぜながらやってくるのだから、お土産にさんまとか鮭とか。カツオなんぞを風に飛ばして持って来てくれるといいのに。魚が降ってくる夢を見たことがある。
そんなことが現実に起こったら天地がひっくり返ることになるのにね。
小雨しとしと。何気にさみしく、物悲しい秋。

シャブシャブ鍋食事

きょう、地元の商工会に、「不景気なんだわー」と言いながら。
数字の落ち込みを相談していたら。


丹生川の観光協会の主催したイベントで
マラソンでにゅうかわに「400人くらい来たそうだ」と言っていた。
前日の7日までは停電。
8日はヤット電気は着いたが朝から雨。
傘を差したランナーがリタイヤしたのか、バス停でバス待ちをしている姿を2〜3人見かけた。


400人のランナーなんて、一瞬ほんとかしらと思った。
何しろ、弁天荘の裏の道を走るのだから。
2階の窓から数えていても、わかるというもの。
もっとも、去年は9月の15からの連休の一番おいしい日に、参加呼びかけがあったのでお断りした。断ったので今年は連休ではなくなったようだ。

お客様が玄関を出たり入ったりするのは、館内が落ち着かず
犬がおびえると困るので。
急な呼びかけには対応できませんのでと断った。

犬も受け入れ。猫も受け入れ。外国人も受け入れ。
そして特殊なイベントの参加者も受け入れているとしたら。

確かに数字の落ち込みなどは気にしなくてもいいことだと思う。
しかし今のところわたしは動物連れ連れ観光客だけに絞ってやって行きたい。
極力飛び込みのお客様には対応しかねる場合が多い。そのてんおなじみ様やリピーター様は。弁天荘の事がわかっているので、受ける側としても安心。

わたしの宿は「犬や猫の泊まれる宿だから。」と私の心の中はつぶやく。
犬や猫が泊まれる宿だから、きちんとした対応で。
お客様に落ち着いた気分でお泊りいただきたい。
それが私の心の本音だと思う。私は犬も猫も好きだから。
それは大事な宿の心構えだと思う。


ある旅行会社のパスワードが開けなくて、今日は夕方から散々の時間を費やしたがどうにもならず。何度やってもエラーと出てしまう。借りパスワードを送信してもそれすらが、「お申し込みになられた者とは一致しません。」
気が付けばもう夜中と言える時間。

65歳の私

「ハイはいわかりました。明日に又サポートセンターに電話しましょうね。」と独り言を言いながら切り上げた。

生きていくことは楽しい事ばかりではない。
自分の力がないのか。
難しい世の中なのか。
思いが通らないことはいくらでもある。人間だものね。

いらだつこともあり、腹立たしい事もあり。
自分の心が奈落の底に落ちて行きそうになることもある。
「世の中お金じゃないよ」なんてかっこいいこと言ったところで。結局お金ではないかと、思い知らされることがある。人世は難しいものだ。

嬉しいねと見上げてお話している犬達


先ほどと言っても。昨夜の夕方5時30頃に、「急で済みませんが今日素泊まりで止めていただけませんか。2人と犬2頭です。食事は要りません。」
という電話があった。トイレ付の和室を希望されたので一人、9000円と言った
犬は無料ですとも言った。未だ私としては「平日ですから税金分8パーセントはサービスしておきます」と言いたいところだったのだが、それではお願いしますと言われた。
そしてものの5分もたたないうちに2度目の電話。
「済みませんが」とキャンセル。
その料金よりも安く泊まれる宿が見つかったようで。
取り消しの電話だった。
トイレ付の和室12畳。予定してお部屋の準備に行こうとした時の事だった。
「ハイ。わかりました。取り消しておきます。」
お風呂をたいたり。
お菓子やお茶のセットを用意したり。浴衣やバスタオルフェイスタオル等のアメニティグッズを用意したり。素泊まりと言ってもそれなりの準備は必要。

弁天荘中庭


むかしのことになるが、有るペンションの料金表を見たら、6000円ほどの金額になっていた。
「安さには負ける料金」館内に二人泊めて電気を漬けたりお風呂沸かしたり。
電気ポットオンにしたり。暖房も必要。
8500円ほどの金額はそんなに、暴利だとは思わない。
ガードで支払えば8000円ほどの収入。
果たして16000円の金額が資質と収入のバランスがどうだろうか。
ふすまにおしっこをかけ。戸をカリカリとして畳をほじくってもらったら16000円どころの出費では収まらないことだと思う。損して得取れとはいうものの。損して損擦れになってしまいそう。

いつも来てくださるお客様は。
犬のストレスもなく。飼い主さんも落ち着いていらっしゃる。
時間帯も。こんなにせっぱつまった雨降りの時間にはおいでにならないので。


お部屋で粗相をするなどということはまずありえない。
それが犬を連れて旅行をするというステータスなのだと私はいつも感じている。

何時だったか。ある民宿さんの紹介で、明らかに外犬らしい柴ミックスを連れたお客様をお泊りいただいたことがある。
飼い主さんは。犬と散歩をお勧めしたところ、怪訝な顔をされた。そしてあろうことか。廊下を走り出した犬は引綱を付けたまましゃがみこんで大きなしっかりしたウンチを5センチくらいの2個ほど。
引綱を持ってウンチを拾うこともなく部屋へと去って行かれた。
あきれ返って、忠告も苦情すら言えず。わたしとスタッフでウンチを拾い。
消毒のアルコールを吹き付け何度も何度も拭き掃除。
そしてにおいとりスプレー。散々な思いをしたこと思い出した。


民宿さんの紹介なので素泊まり。
4000円くらいの料金だったと思う。
安くて数売る薄利多売の商売は終わった。
当然。雑魚寝のようなわけにはいかない。

努力が必要だと思う。頑張れがんばれ私。
今年はふすまも張り替えた。畳も著しいところはつくりかえた。
暖房費もかさむばかり。
でも見知らぬお客様にいろいろあるよりも。
安心してお泊りいただけるリピーターさんの方が私の気持ちがホッとする。
お客様の質の良い犬たちは私にとっても癒しなのだから。

栗とすすきを行けてみました。


ああー又今日も。一人愚痴をはいてしまいましたね。済みません。
愚痴を聞いてくれた主人はもう。10年になります。あの世に行ってから。
さみしくて悲しいですね。まだ私は行きませんよ。
あなたに寿命もらって生かされているのだから。
だからがんばりましょうね。
つらいのは私だけではないのだから。

長い夜の独り言になってしまいましたね。
ここまで読み続けてくださりありがとうございます。
どうか皆様も台風にお気を付けいただいて。おやすみなさいませ。

弁天荘から見る秋の空
- | -

リンゴ直売所始まっています。

height="240" />りんごのうか買いました


秋を感じるのは皆様は何でしょうか。
お隣のリンゴの直売所始まりました。
さつまいもも掘り終えました。
はさ崖の稲もあと脱穀すれば新米が食べられそうです。

わが家も、昔はお米を出荷する農家でした。母が亡くなり、父が年老いて当然私も病気になりましたし。おとうとは学校勤めに専念してわが家は農家はやめました。

弟も父も「私に任せる」と言い名前だけ農協に残りました。
税金を払うだけの立場の私。負の不動産を持って本当にいいのか悪いのか。
お隣の葉さかけ干しの稲が、もう一か月もすると新米になるのでしょうか。


はさがけの稲

秋が少し筒はじまっていますね。何となく山々の木々が少し筒色づいてきているような気がします。
宿屋としては今年の9月は台風の被害で。停電が有ったり雨降りが続いたりで。
あんまりいい都市とは言えませんでした。
後10月11月のの紅葉のシーズンを終えれば12月には雪が降る事でしょう。

上二之町の人力車

弁天荘におなじみ様のお宅のわんこちゃんも年を取ってきました。
15歳。16歳と。人間で言えば相当のお年寄りです。
少し筒耳が聞こえなくなっていたり。
目が白内障になっていたり。旅行の体力もなくなりつつあります。

でも長年通いなれた道を来るときのはしゃぎようと言ったら」
そんな声を聞くことがよくあります。
元気がなくなって行く事の辛さは。
犬も猫も同じなのですが。
比較的大きな仔達は寿命が短いようです。
今年もわんこちゃんの訃報を何度聞いたことでしょう。
お悔やみ申し上げます。

まだ猛烈な入りをょ苦の24号台風は行き先が定まっていないようですね。
もう台風なんていらないよ。来ないでいいよと思いますが明日あたりにならないとその状況がつかめないようです。

そして台風や地震で不慮の事故に会われ命をなくされた方にも
慎んでご冥福をお祈りいたします。

台風は最小限で通り過ぎて行ってくれることを望みます。

お風呂の間ロビーで待つ犬
- | -

冷たい小雨の飛騨高山です。

ジョンノ家から宿を望む

冷たい小雨の高山になりました。秋が一気にすぐそばまでやってきました。
一昨日まではとてもお天気がよかったのに。
秋晴れはどこに行ってしまったのでしょう。
雨が降ると一気に寒さを感じる山のお天気です。
昨日雨の中を預かったケリーちゃん9歳。女の子というよりはおばあさん。

はさがけの稲


17キロのボーダーコリの仔でした。
雨が降っているので軒下ではじくなってじゃあじゃあおしっこしていました。
夜になって少し小雨になったので。
柔らかくふやかしたえさをがつがつ食べて、中庭でコロコロしたウンチをたくさんしました。お年寄りだから便秘気味なのですね。

弁天荘から見る秋の空

それでも私が要求もしないのに。御手をかわるがわる差し出してくれました。とってもかわいいケリーちゃん。
うちのレオは洗濯室の別室に移動して。ジョンはチョキチョキの尾根いちゃんのとこへ行くよと言ったら。ケージに飛び込んで嬉しそうにじっとしていました。その間にジョンやレオンに気づかれずに。排泄させることができました。
弁天荘ロビー
犬は特に排泄が大切です。快食快便。これが健康なことのバロメーター。
私はこんなことをもう30年以上も犬のうんち調べをして安心しているのです。
犬が好きだから。この仕事しています。
旅館の方も犬猫専門にして35年。


秋はあっという間にやってきて多分今年も短い秋の季節になるのだと思います。
何を差し置いても今年の大自然の威力には人間ははかないものだということを身をもって知りました。台風で樹が倒れただけで送電線の電気の線が切れ。あちらこちらの電信柱が倒れ。私たちは電気のない世界で
4日間もじっと耐えて暮らしました。
冬。雪が降るというだけで何が起こるかはわかりません。
何も起こらない穏やかな冬を暮らせることを願っています。
どうか皆様お元気でお過ごしください。
最後まで読んでくださりありがとうございます。
冬景色駐車場
- | -
1/48 >>