明日は飛騨高山手筒花火イベント

前景写真.jpg

明日。お疲れでなければお出かけください。
8/9日は29回目の飛騨高山手筒花火打ち上げがあります。
空高くドカーン。ピューン。バーン。と打ち上げる、いわゆるどこの町でもある花火大会とは、また一味違う手筒花火です。8月9日。「やく」の日に毎年行われる行事として。厄払い奉納の花火です。

私は若いころ20年位前に一度見る機会がありました。
とても感動的なものでした。
しかしその一度以来、夏のイベントは宿の仕事に追われて出かける暇なくして居ます。いつもお客様にお勧めするのみに終わっています。

岩魚 骨酒.JPG


飛騨高山の町は東京の六本木とか、名古屋の錦どおりのように、昼も夜も明るい繁華街ではではありません。
ネオンというより街頭の町明かりという感じです。

でもそれがまた町並みの静けさと家並みのつくりとマッチしてそれが良いのです。一度は見ておかれるのもよい思い出になることでしょう。

宮川の川床に仮説台を設け、竹筒に仕込んだ花火を手で持ち火の粉を浴びながらの勇壮な厄払い奉納の手筒花火です。弥生橋下流行われます。

夕方19時15分より高山八万神宮の表参道にて哲筒組のパレードがあります。
花火の打ち上げは19時30分からです。21時ころ終わる予定です。

生ビール中ジョッキ.JPG

弁天荘からは早めの夕食を取り、18時ころから始められます。
高山へは18分ほどでいけますので、夜の高山見物を兼ねてお出かけください。駐車場は高山別院あたりか、高山市役所前の駐車場あたりに車を止められて徒歩で10分程度の場所です。
お夕飯にお酒を飲んでしまわれたお客様は、行き返りタクシーをふんぱつなさいますと片道一台3500円程度。犬も連れて高山の夜のイベントに酔いしれてもらえます。旅館のフロントで犬も乗れるタクシーの手配をさせてもらいますのでお気軽にご相談ください。
- | -
1/1