飛騨高山、夏日になりました。

紫陽花その2

飛騨高山夏日になりました。
今日の日中はじりじりと背中を焼き尽くすような夏日になりました。
高山市内は33度越えのお天気です。緑に囲まれたこのにゅうかわの場所でも30度は超えたかもしれません。

久しぶりのお天気なので夏はこんな感じ。早々、「そもそもが昨日までが、冷夏なんておかしかったのよ。」と独り言。
7月に入っても雨がぐずぐず降っていて、水分が多いことがなんといってもズッキー二や、きゅうりとか平ササゲが、どんどんできてくる。
あっという間に脚の太さほどのズッキーニが調理室に山のように並んだ。

雨が降らないと降らないで日照りは困りもので、長雨はそれもまた心配なものなのだ。
今日診療所の定期検診に行った。
ついでに近くの美容室でサマーカットと白髪染めした。
外へ出たら車の中がハンドルが熱くて暑くて、ハンドルが持てないほど車の中はすごいことになっていた。
窓を全開に明けて走れば風はさわやかだ。
クーラーは足元が冷えていけない。

午後古民家に風を入れるためにあちらこちら網戸にしてきた。
今日から明日あたりまで晴れるらしい。台風がすぐそばまで来ているのでまた雨になるらしく、つかの間の梅雨の合間の晴れ。洗濯物がよく乾く。
さて今日の料理にズッキーニを使わなくては。
ズッキーニはイタリアのカボチャの一種なので、味噌汁にもおいしいことが分かった。意外と独特のコクが出てズッキーニとあげの味噌汁は食べやすかったです。

窓辺でさわやかな心地よい風を受けて、ついついうとうととしてしまう。
窓辺の下をバスやら乗用車やらざあざあと流れるように走る。
ついつい子守歌のように聞こえてしまう。
お昼におそがけにに、食べたので胃がもたれる感じがする。
何にも考えず寝たい時に眠れたらいいのに。
あまりにも急激に暑いと、労働意欲がなくなって、ついついそんなことを考えてしまう。
やまのきぎのあいだをとびかう小鳥の鳴く音がします。
自然のさわやかな音ですね。
夏ゼミがいつの間にやら泣いていました。
このまま梅雨明けになれば、いのにと思っています。
そうこうしているうちに、フラットコートレット犬が来ました。
こげ茶色だから暑かったのだと思います。

お父さんが、夕食を食べている間、涼しい窓辺で私と遊びながら待つことにしました。甘えん坊のフラットちゃんは11歳だそうです。

別の組のトイプードルちゃんも13歳だそうです。
皆さんの愛犬たちも、シニア犬が多くなってきましたね。
今夜は空がが晴れていて夜空に星が見得そうですね。

ヒグラシゼミが「カナカナー」て泣いています。
夕暮れの蝉のなき音は何か切なく美しい響きです。それが自然界でしょうか。

夕方の心地よい夜風は、昼間とは違って涼しい風が吹いてい済ます。
天然のクーラーです。
お客様が偶然、お泊りになっていらっしゃる方が、三重県だということで、ロビーで意気投合して盛り上がっていらっしゃいます。
ワンちゃんたちはすこし眠いようです。
「ドックランのそばで星空眺めてください」と、懐中電灯持って夜のおしっこ散歩にお出かけになった、お客様が「たくさんの蛍」が見えたと言って、歓喜の声で帰って見えました。
ここいら辺りは7月の半ばころまでは雨降りでなければ蛍が飛んでいます。
それはやっぱり除草剤まかないことの効果が出ているのですね。
ちょっとしんどいけれど、大切なことです。

ドックラン.jpg

時を駆け巡る四季折々の自然に触れられることを継続していくことは、どこかの誰かが変わり者で、頑張ていないと、いつの間にか失ってから気づく事なのかもしれませんね。私はそんな素敵なご褒美が蛍の生息地として、気づいてもらえたことがうれしいデス。
源氏ボタルのつかのまのお尻の明かりは、優雅で昔懐かしいものがあります。
明日も明後日も。晴れるようですね。
13日ころまでは飛騨高山は晴れるようです。

24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg

7/12日は、乗鞍のクライムフィルの協議で、乗鞍スカイラインの車道を自転車が走る協議ですから、午前中は、乗鞍行の濃飛乗合バスも交通止めです。其れだ゛けのリスクを背負ってやるイベントですからお天気が悪いと困るのです。日本一高い高いところを走る自転車競技ですから。
にゅうかわ地区からも多くの協議の裏方を務める人々が出ています。

天気が晴れるようで何よりです。選手の皆さんガンバっってくださいね。

今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
- | -
1/1