速いものですねもう12月。

嬉しいねと見上げてお話している犬達

速いものですね。もう12月です。
今年はエルニーニョ現象のおかげか気候が11月くらいの日があります。
道路も乾いていていろんな用事にまだマイカーに乗って
いろいろな対応できるのでありがたいデス。

「北極のシロクマの暮らす雪上部分が3分の1に減って白熊たちは絶滅してしまうかもしれません」と心配している友達もいます。

スキー場に雪がないのも、スキー場の客をまつ宿にとっては大変なのだとか。
雪があればあるでタイへ編なければ内で大変。困ったものですね。

明日は銀行へ行きATМ出送金したり診療所へ行って、私の定期診察受けたり、またどっさり薬もらったりしてくる予定です。いろいろと用事がたまっています。

もう一年が過ぎたのかと思うと、あっという間でした。
何となく今年は雪害に追われ、屋根の修理に追われ。
それだけでも大変でした。
営業車なので建物には結構莫大な火災保険には入っているので、そこそこそこの雪害対応はしてもらえるのですが。
保険の金額で、全額カバーというわけにもいかず。足らないところは。
かくごして経営者が、修理費支払いの責任を取らなければなりません。

弁天荘から見る秋の空

当然のことだとは思いますか、雪はそこそこでいいです。
早めに溶けて早く春が来てくれた方がどんなにありがたい事か。
そんなことを本気で願う冬を迎えました。

皆様のお暮らしぶりは。お変わりありませんでしょうか。

今のところは、先日ふった雪も、その次の雨で消えてしまい。
道路もカラカラに乾いています。
まだ今日明日には雪降りそうもありません。ありがたい事です。

しかし雪のないスキー場には死活問題だそうです。

この頃の消費税値上げ問題でやめることに、引き金が走った宿がいくつかあるのに。これ以上の現実は先が見えない、計り知れない流れになるのでしょうか。
外食も10パーセント。当然宿屋の料金も10パーセント。

調理室器具の磨き

お漬物も付け直しました。
沢庵ずけに、ぐーちゃんづけ。べったら漬けに、きゅうりのかすづけ。漬物が趣味のように桶が並んでいます。

例年よりも暖かくて漬物桶の中身を出して付け直すのにも、指先がかじかみません。12月の半ばだというのに飛騨は小春日和のような温かさ。
不思議な気候ですね。朝晩は結構寒くなるのですか、昼間は光がさしてくるとガラス戸越しに季節を忘れるような穏やかな気候です。

季節感がずれていると体も油断してしまいます。
突然寒くなる時が怖いですね。しかし、師走は何かと忙しいものです。

マイカードも取りに行かなければならないなんて。余分な気がします。
一日だけしか働かなかった従業員のマイカードナンバーも、コピーしてあずからなければならないなんて。その義務と責任が経営者にはあるのだそうですから。

ますます、パートやアルバイトの採用までが、小めんどくさくなりそうです。

社会が複雑になる反面、何かと物入りで宿屋の立場はだんだん立ち位置が狭められて、生き残ることはとても、むつかしいかじとりになりますねー。
年取ってからこんなに勉強しなければならない社会情勢が来るとは、思ってもみませんでした。

希望と野心に燃えてがむしゃらに働いた昭和は、思えば楽しい夢のある時代だったようにも思います。
働いた分答えが出たのに。
今の若い人たちは「かわいそうかなー」って思います。
何もかもそろいすぎていて便利な世の中で、さらに高みを目指せと叱咤激励されて。ストレスがたまらないでしょうか。

一直線沿いの横並びの「よーいドン」ではっきりしているのですから。
人世の目標地なんて、長く生きてみなければわからないことなのですから。

「ええー初任給はアルバイト代よりは安いのー。そんなー」
「アルバイトなのに給料から所得税引くのですかァー」
と口をとがらす学生アルバイトもいた。

レオンお座りしています。

社会の仕組みを一から教えなければならない。
国中の大半の人々が貧乏になってしまっているような気がする。
もちろんその貧乏な一人の中に私も入るのだが。

大学を卒業すればいきなり、社会の厳しい木枯らしのような
競り合いに放り込まれる。さぞかし、しんどいことだろう。
放り込まれた人はそこの段階で、まず勝ち組なのかもしれない。がんばれー。

自分のやりたいことも見つけられず、いらいらとしながら就職浪人をしている人たちが、社会にはたくさんいるのだということをテレビのュースはいつも報道している。そして就職したと思えばブラック企業だったりして。
なかなか人世どこに落とし穴があるのかわからない。

どうしてこんな感じになってしまったのだろう。

そんなことをぼんやり思いながらジョンの家の大掃除。
レオンやジョンのブラッシング。
びっしりと付いた冬毛。わが家の犬たちは幸せです。
わたしも金銭的にはぎりぎりの貧乏だから。
せめて心なりとも豊かに暮らしたい。そう願っています。

何事もなく静かに冬に入って、春を迎えられることができたらなんと幸せなことだろう。そんなことを思いながら日々を暮らしています。
一年とは本当に早いものですね。歳を取ったからでしょうか。


皆様も元気に風邪などひかずに頑張ってくださいね。
いつも最後まで、目を通してくださってありがとうございました。
いつもありがとうございます。
- | -
1/1