秋らしく晴れて。変貌していく高山。

コスモス


天気予報では今日は一日曇り空のはずでしたが。
朝から明るい光がさす晴れです。
県外の観光客の車の数も多く走るようになってきました。
日帰り客が天気の状況を見計らって出てきているのでしょうか。

今年はトップシーズンの夏の売り上げの落ち込みが激しくて。
お天気予報のメッセージもやや過大気味の所もありますし。
売り上げを取り戻すことのできないままに、どこの施設も営業しています。

スタッフ達も年取って一騎な無理はできないので。
まあこれがちょうどいいのかなーと思っています。


下呂温泉の観光協会長の滝さんがテレビのカメラの前で。
「今年は大雨の被害や台風などの直撃で夏のキャンセル発生の、落ち込みを取り戻せないままにここに至っていることも、多い施設もあるかと思いますが。
観光協会イン一丸となって頑張って行きますので。」と挨拶して見えた。
おおさかのじしんはっせい。そして大雨による土砂崩れ。
夏場の酷暑。

真っ赤な一位のみ

「なるべく不要なお出かけは避けましょう」という
こぞってのマスコミの呼びかけ。


これが却って悪影響を及ぼし。犬連れの旅行は驚くほど減った。
鉄板のように熱くなっているアスファルトの道をついて歩く犬の身にもなれば。
つらくて大変なことですし。
確かに知らない街を散歩するのはつらい事と思う。

そして相次ぐ台風。台風による停電。中々自然災害の中では人間なんて弱いものなのです。ちょっと前までは連休となれば一日目も2日目も入れ替えの満室でてんてこまいだったのに。
今では最初の一日目が、ほぼ80パーセント程度埋まれば御の字ということになる。観光ブームの在り方が変わって来たのか。
それとも休日という余暇の過ごし方が定着してきたのか。

低料金薄利多売ということではないので。それは仕方ない事だとは思うが。


事業としての売り上げのラインに乗りきれないまま。
一年のカレンダーを見て。半年も前にお客様の出足を予測してすべての計画を立てなければならないことが苦痛になってきた現状。

お留守番のソフィ

近い将来の今後高山市内に駅前を中心として。
県外からの資本でまたは全国的ブランド名のホテルが10件もできる計画が建っているらしい。高山はいよいよ、
外国人の人気の街になってしまうのだろうか。

やたらに増えていく箱もの。
「取り残されたビルのない街。心の郷愁。ディスカバージャパンの飛騨高山」
これが長い観光路線の高山の発展の道筋だった。


高山の街の中をしばらく歩いていないと。
すっかり様変わりしてしまうのは、どこも同じリズムで変化しているようだが。
これから田舎がどんどん発展していくようにとのこの国の方針のようだ。
治安維持も含めて社会保障や福祉のすべてがうまくいくのだろうか。
色んな事の変わり目に立っているということは。
楽しみなことだとも思い。毎年のように酷暑が続き台風の数が多くなり。
地震や災害の多いステージにに入っ他のではないかなどという知識人たちの呼びかけに対しても。なすすべもなく翻弄されていくのが我々庶民だと思う。


この際株が値上がり仕様が値下がり症があまり関係ない事で。
平和に穏やかに暮らせればどうということないものなのだが。
オリンピックのボランティアの募集の話を聞いた。それも遠い感覚の話だと思う。この人手不足で苦しんでいる地域としては二週間ばかりの季節労働のボランティア人員の何万人たいおあーうの募集を。

上三之町

東京近郊の莫大な人数の居る、「大学生の若い力と語学力の対応を根底に置いたー話でもなく。」なんか的外れな計画ですらあるような気さえしてきた。

2〜3年のうちに大きな災害がいつ起きてもおかしくはないとマスコミ。
東南海地震というのだろうが。おびえてばかりでも仕方ないし。
個人のそなえも限界がある事で。地震保険の掛け金ですらこれがムダ金にならないようにと願い。ムダ金であればそれは去れでありがたい。
毎月の高いお守り代だとすら思う。

63歳私

宿屋はめったなことでは燃えない。

そうゆうふうにに建設されている建物なのだから。
なんだかやれやれという気もしないではないが。

色んな制約事をクリアーして建設ラッシュ。
駅前近辺のホテル群はどう、高山の街を変えていくのだろうと思う。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
どうか、ことしのしぜんさいがいはこれで終わりということを願っています。お出かけください。飛騨高山の自然の景色の中に。
皆様素敵なことが多くありますように。実り多き日々をお過ごしください。

弁天荘全景夏
- | -
1/1