飛騨牛についてのつぶやき

飛騨に関するテレビニュース。
食品偽造の大問題として飛騨牛のことがとりあげられています。
飛騨牛はとてもおいしいブランド牛なので、そんなに安くは仕入れできません。
少なくとも当館の仕入れ料金よりもはるかに安いグラム350円とか500円とか言う料金がテレビで流れていましたのでびっくりたまげているところです。

当館ではステーキなどは生肉そのものをお客様ご自身の目で見ていただき、
ご自分で好きなようにやいていただくという食べ方を提供しています。

いくら「素人にはわからない」などといったところで、お客様だって一度食べれば舌も目も学習してしまう。現物そのものなのですから。

国産の特に「飛騨育ちの、若牛の黒毛和牛」と「飛騨牛」との違いは牛そのものを解体した肉屋さんでなければわからないくらい、味も色もうまさもランクによってほとんど大差なく、国産黒毛和牛は部位とランクさえしっかりしたところなら、うまい肉なのです。

但しランクの低い品を混ぜたり飛騨で育っていない地区の安い牛肉をを混ぜたりして飛騨牛ブランドを名乗るのは、困った話。日本全国地区ごとにブランド牛肉がしのぎを削っていて、確かに松坂牛も飛騨牛も神戸牛も高くてうまいのです。いえ、うまいから高いのかもしれません。

国産の牛肉は外国肉などとは比べ物にならない「こくとやわらかさと肉自身が持つうまさ」があります。

飛騨牛とは、飛騨に暮らしてきた畜産農家や旅館やレストランや肉屋さんや
観光に携わってきた人々みんなの願い。
何十年もかけて、やっと自慢できるブランド肉牛ができた。
何年もの年月を経て、技術革新もされ、全国牛の品評会にも好成績を収め、やがて飛騨牛も全国のブランド牛と肩を並べるようになった。
本当においしい部位を持つ牛に育て上げるまで、どんなに汗を流して牛をいつくしみ育てなければならないか。命ある生き物だから大変な作業。

その昔「ディスカバージャパンという、国鉄のキャンぺンで飛騨高山自体が観光地として全国の注目を浴びはじめたころ。
「取り残されたタイムスリップした山の都。飛騨高山。」ともてはやされたが、「海の無い飛騨高山は食生活もじみだねー。」と批判され、舌の肥えた観光客に求められるがままに、飛騨という地で食に携わるみんながみんなが努力して作ってきたブランドだと思う。

飼料代とにらめっこで牛を育てている人。「資産も何もかも、牛が食ってしまった。穀物を食べさせている飛騨牛。資料高騰の時代。うっかりしていると、借金まるけになる」と嘆く多頭飼育の農家。

厳選して販売している飛騨牛取り扱い販売の肉屋さん。
仕入れが高いので、頭を悩ます私達。
飛騨牛は、なんだそんな値段かと思われるとこまる。
3等級から5等級の肉はそんな安くは売れないはず。

儲け主義のお金に狂った事業家。
まじめで堅実、勤勉の飛騨人々にはありえない事件。
岐阜県の飛騨高山とは程遠い養老の地区の肉屋さんに、こんな形で全国に向けて飛騨牛の疑いをかけられては。迷惑な事だと思う。

私達人間が生きるために、「命を落としておいしい肉として体を提供」してくれた牛にたいして、失礼ではないか。
comments (0) | trackbacks (0)

夏の観光シーズンを直前にして

今年は六月の季節だと言うのに、「雨が降らない。梅雨はどこへ行ったの」とぼやいていたら、その翌日あたりから毎日、夜になると雨が降ってきています。
まるで「天気予報の悪口を言っているのをどこかで聞いていた」みたいに。
おまけに何とお行儀の良い事でしょう。
昼間は曇りだったり気まぐれに少し晴れてみたり。そんなお天気です。
台風が発生しているとか、、、、。
しかし、この梅雨が何事もなく無事通り過ぎてくれれば。
夏という季節のページが広がっていくのですね。
本当にすぐ隣まで来ているのです。
続きを読む>>
- | -

雨が降らない飛騨 !!梅雨はどこへ行ったの?

本日も雨が降らず、午後はとても暑い。
信じられないような、夏日のようです。そんな日中にくらべ、朝は15度という気温なので、肌寒く体が大変。

明日はきっと雨になるようなことをお天気おじさんは言っていたのに、夕方のお天気図ではかさマークは消えていた。

畑がからからでスイカが5センチほどの実をつけているけれど水不足でこれ以上の日照りは困る。と、畑担当のおじいちゃん達が嘆いていた。
「7月15日から「もぎ取り野菜」宿泊受け入れだからがんばってください。」
と言う私に、「あついねえ。今日も。きゅうりもトマトも実がなってきたけれど。後、欲を言えば一雨ほしいね。」と汗をタオルで拭いていた。
夕方の夕焼けがきれいで雨の降る気配は無い。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

自然の大地の安心感。

bannar180web.gifIMG_1961.JPG

ごろごろと雷が鳴り出して、今日はテレビの天気予報の言うとおり、午後からは今にも雨が降りそうな、暗い曇り空でした。
半そでのサマーセーターでは風邪をひきそうな肌寒さを感じています。
肌寒いので、ロビーのストーブをたこうかと迷いました。
結局炊きませんでしたが、カーデガンを羽織りました。

夕方になって、カエルがコロコロないていました。
そのうち真っ暗な夜が来て、ギャクギャク鳴き始めました。
雨が降ることを彼らは知っているのです。
「歓喜の歌」の大合唱。そんな夜は盛んに「愛を語る」
と言えばロマンチック。私には「叫ぶ」としか聞こえないときもあります。
でも、気づかなければなりません。
小さな生き物達が自然をまもるということ。
カエルが生きていると言うことは、自然がそこにあるという事なのです。
続きを読む>>
- | -

この梅雨が明けたらすぐそこに夏。おもしろ企画ニュース

いよいよ六月。雨の日が多いこのごろです。
梅雨のきせつになりましたね。
集中豪雨などで被害が出ないことを願っています。
この梅雨が上がれば飛騨も夏山観光シーズン到来。
夏の観光シーズンを前にして「ペットと泊まる旅館弁天荘」はお客様の受け入れ準備に追われています。

ここだけのニュースその〆B膵間を改装工事して食事処を作っています。
ニュースその客室も2室新しく作っています。
ニュースその「もぎ取り農園、無農薬野菜収穫体験無料企画」の準備中。
畑の専門家を雇っておもしろ企画に力入れてます。


昨年は突然の病に倒れご心配をおかけしましたが、おかげさまで私は元気になりました。
いろいろとご心配や励ましやお見舞いくださりありがとうございました。
杖を突いてのことですが、だいぶ力強く歩けるようになりました。

元気に働ける喜び、感謝の心で一杯です。
今年も皆様のおいでを楽しみにお待ちいたしております。

高山の朝晩は、肌寒いくらいに涼しくて天然クーラーの威力がすごい。
満天の星空の元、天の川を眺めるもよし。山から山に囲まれた大自然のおいしい空気や、木漏れ日の下を光のシャワーを浴びて。
おもいっきりリフレッシュするもよし。

愛犬は大切な家族。のんびり旅を楽しんでみませんか。
早起きの散歩は心が、とても豊になってさわやかな気分になれますよ。
涼しい高山へおいで下さい。
続きを読む>>
- | -
1/1