雷様大暴れ。明日あたりは夏本番の気温らしい。

ジョンの家のジョン犬7歳夕方は今にも泣き出しそうな、どんよりとした灰色の重たい雲が広がっていました。まだ飛騨地方には気象庁の梅雨明け宣言は出ていません。晴れたり曇ったりの落ち着かない梅雨時のお天気のままです。

山並みのラインとねずみ色の空とが交じり合うような、遠くの空で「ごろ、ごろろ。ごろ。ごろ」先ほどからおとがします。まるで子供が泣きじゃくりだす前の、体をよじってぐずるような、、。
ストレス一杯の空。「もうすぐ大夕立が来るかもしれないね。」

時折忘れた頃に、ピカっと光。
何やら不穏なことが起きるような、あわただしく心が騒がしい気持ちで、私は坂道をやっとの思いで上がってきました。バケツの野菜が重いのです。
夏らしいお天気になるまでのしばらくの辛抱。

優雅に杖など突いていられない。
じれったくて、麻痺が残りうまく握れない左手で、杖を邪魔に思いながらも引きずるようにして、こうなれば、欲と二人連れ。
右手に全力をかけて、野菜であふれそうなバケツを、ゆっくりゆっくり運んできました。
それから2時間後、やはり雷や地面をたたきつける大粒の雨。
思ったとおりのにわか嵐です。近くの神社のご神木に雷到来とのこと。

火事などめったに無い田舎にしては珍しく、消防車があわてて走っていきました。やがて大事にはならず、事なきを得た模様。すごすごと音も立てず帰っていく、消防車はこっけいにすら見えました。
梅雨明け前の、とんだ大騒ぎの雷様のオーケストラでした。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

ペット達のお父さんお母さん。お話しましょう。

飛騨の地より、ペット旅館の弁天荘の女将が、
飛騨地区の観光情報など、おもにペットに関する情報を発信します。

皆様このページで、ペットと一緒に生活をしていて、いろいろな悩みや気が付いたこと、ペット達と一緒に居る喜びなど。このプログを通じておはなししましょうね。
お待ちしています。
ご意見をどしどしお寄せ下さい。

岐阜県高山市丹生川町大谷46-2
旅館弁天荘 森和歌子  56歳
- | -
1/1