小春日の飛騨より

アプローチを通り玄関へ.jpg

11月の連すぎからブログの更新がなくて、どうなってしまったかとご心配かけていてすみません。世知辛い世の中の移り変わりの中で私はかろうじて生きていますが、なんとパソコンの画面が前部壊滅的に記憶喪失。つまり壊れた。
それを知った私は唖然として、私自身の頭も壊れそうでした。

それこそパソコンの画面が紺色になったまま停止状態。
うんともすんとも言わず、要するに何らかのことが原因して結局壊れたのだそうです。
予約受け入れから部屋提供の管理にいたるまで、ちょっとしたパニック
騒動。

結局パソコンの技術の会社で頭脳を入れ替えるという事になったのですが、突如発生したこと。すべてのバックアップもしていない部分もありさま。
哀れ弁天荘のパソコンの中身は迷子状態。
ブログのパスワードですら記録していないので、すべての作業、やり直しです。気の遠くなるような話。
なんともいやはや。。。とほほ。。。
続きを読む>>
comments (0) | -

お久しぶりです。小春日の飛騨より

11月の連すぎからブログの更新がなくて、どうなってしまったかとご心配かけていてすみません。世知辛い世の中の移り変わりの中で私はかろうじて生きていますが、なんとパソコンの画面が前部壊滅的に記憶喪失。つまり壊れた。のです。

それこそパソコンの画面が紺色になったまま停止状態。
うんともすんとも言わず、要するに何らかのことが原因して結局壊れたのだそうです。
予約受け入れから部屋提供の管理にいたるまで、おお騒動でした。

結局頭脳を入れ替えるという騒動になったのですが、突如発生したこと。
すべてのバックアップもしていない部分もありさま。
迷子状態。ブログのパスワードですら記録しなおしです。

なんともいやはや。。。とほほ。。。

いまどきの若い子達と違って、年寄りの部門に仲間入りの私にとって、専門用語で「ああしてこうしてという指示もなかなか大変」でした。
やっともとどうりに近い状態になったときは、ほっとする有様。
疲れがどっと襲ってきたというわけです。

何はさておき皆様に生きている証の近況を報告しなくてはと、早速キーボードに向かっています。
さいきんのテレビでは「不況だ。インフルエンザだ。派遣義理だ。ディフレだ。就職難だ」と騒いでいますね。このごろの毎日のニュースでは、いい話楽し。話勇気のでるはなしは、あまりきけませんね。暗いのはいやですね。

でも日々力を落とさず、がんばって生きていかなければと自分を励ましています。やることがいっぱいあって畑の段取りはもう年あけたら始まるでしょうし、「まかぬ種は生えぬ」といいますし。「先祖の残してくれている台地に感謝して。命のあり方に感謝する」きれいごとでもなんでもなく今の弁転送の姿なのです。
よい事なのか、悪いことなのか知れませんが、今年の冬のお天気長期予報では例年にない暖冬だそうです。確かにそういわれてみれば、昨日も今日もぽかぽかと暖かいのです。
暖かいので雪に降り積もられることもなく夏タイヤで普通に走れます。。
1000円高速道路のせいもあり、週末はそこそこ観光客の姿が多く。
高山の町の中を五平餅やみだら視団子などほうばりながら歩いている、ギャル達の姿も、街中に調和してごく自然になってきました。
そして、飼い主さん達を見上げながら、ちょこちをょことついて歩く犬達もほほえましく。

高山という町が、かもし出す「平和と心ののどかさ」を取り戻す場所。そんな場所柄なのだということをつくづく思い知らされるこのごろです。何しろ何がよくて何が悪いのか無すら混雑する経済の渦の中に、観光という時の流れから一瞬かけ離れているような産業を、第一スローガンに掲げて時代の波の中を余所見もせずにまい進している。

平成の大合併以来、高山という名でたがを書け統一を図り、昔ながらの飛騨の人々の私達は昔ながらの生き方を守っているのです。楽しみの目は大きく膨らまして春を待つ姿勢。これが牧歌的考えかもしれませんが飛騨人の飛騨人として暮らしてきた辛抱強差の原点なのかもしれませんね。
comments (0) | -
1/1