夕立がありました。

7月25日梅雨明け以来連日猛暑が続いておりましたが、7月25日。待望の久々に夕立がありました。
まるであっという間にお庭の空池がまるで水ををためている池のように、一瞬の間に雨水がたまってしまいました。風も吹いてまるで嵐のようです。あわてて窓を閉めて走り回っていたら、あっという間に30分ほどで終わってしまいました。
今年は変です。異常でス。でも、これが温暖化担っていくプロセスの証拠とか

夏は涼しい木陰.JPG

後10年先20年先はどうなってしまうのでしょうか。
続きを読む>>
- | -

暑中お見舞い

生ビール中ジョッキ.JPG皆様お元気ですか。暑中お見舞い申し上げます。
なんと毎日毎日、焼け付くように暑い日がつつくことでしょう。
普段涼しい飛騨に暮らしています私達にとっては、このところの猛暑の暑さは、身にこたえます。体の中から噴出すように流れる汗にばてばての暮らしをしております。
それでもいつもおいでになっていますリピーターのお客様のお言葉を借りますと、「飛騨の昼間の暑さが、岐阜や名古屋や東海地区の夜だから。」とのこと。なんという温度。やはり温暖化現象なのだろうか。毎年暑くなっていくということは、地球が変化しているのだろうか。テレビのニュースでは、個人消費の伸びとしては、今年はビールが売れまくっているそうです。
ずっしり重いスイカ.JPG
続きを読む>>
- | -

もう準備万端 夏休み

夏休みの準備はもう準備万端整いました。
野菜畑も大豊作です。

ナス 成長中.JPG

インゲンささげもきゅうりもそれはそれは、鈴なりです。
キャベツもジャガイモも重いほどの大豊作です。

新ドックランより旅館弁天荘を望む.jpg
宿のほうも順調に予約が入ってきています。
後はお客様のお申し込み予約を申し込み順に予約帳に書き込む手が、うれしさのあまり踊っています。
この梅雨が明ければあつくてたのしいなつやすみですね。
続きを読む>>
- | -

野菜直売所

かねてより計画しておりました野菜直売所。
いよいよオープンすることにしました。7月17日の土曜日から営業します。
場所はジョンの家のそばのもぎ取り農園休憩小屋です。
壁を張ったり天井を張ったり、机を並べたりでどうにか直売所らしくなりつつあります。ただいま準備の真っ盛りです。
野菜成長中.JPG
畑部のスタッフが、手作りで壁張ったり天井板を張ったり。7月の17日の土曜日が開店の予定です。販売担当者は畑部のおばちゃんです。
朝とってきた野菜を産地直売するのです。
営業時間は午前中飲み開店しています。お泊りのお客様で、畑にもぎ取りに行きたい方は今までどうり、バケツに一杯
サービスですから、ご自由にお出かけください。
ジョンの家 玄関2.JPG
雨の日などは畑の野菜つるなどが傷つくので、雨の日のご入園または雨上がり直後の入園はご遠慮いただいておりました。これからはその分、直売所のほうで、対応できるかと思います。

弁天荘にお泊りのお客様にバケツ一杯までは今までと同様もぎ取り収穫サービスいたします。
お気軽にお立ち寄りください。

時期のちょうど良い野菜を店頭に並べておきます。
直売所の営業時間は朝8時30分頃から、お昼12時まで開いてます。
ナス 成長中.JPG

畑に行きたくない人はそのまま好きな野菜をバケツに取り込んでもいいかも。
「収穫体験の醍醐味。楽しい。すなわち、しんどい。」
そんなアウトドアー派ではない人は、直売所向きかもしれませんね。

今年栽培した野菜は、きゅうり。すくなやかぼちゃ。栗かぼちゃ。そうめんかぼちゃ。レットキャベツ。グリーンキャベツ。ブロッコリー。レタス。ナス。ささげ。トマト。スイカ。メロン。モロヘイヤ。とうもろこし。ジャガイモ。ピーマン。甘長こしょう。鷹のつめこしょう。サツマイモ。ゴーヤ。長ねぎ等の今年も沢山作りました。かぶと大根はこれから種まきします。この直売所は10月までの足掛け4ヶ月の期間だけです。その日の朝取れたものを並べますかぼちゃやジャガイモ。サツマイモは、取り置き保存が、ききますので袋に入れて販売になります。すべてもぎ取り農園で栽培いたしました、野菜を食べごろに、産地直売いたします。
100円から200円くらいのものが中心となりますので、気に入ってもらえるものもあるかと思います。お気軽にお立ち寄りください。
- | -
1/1