9月最後の連休終わりました。

9月最後の連休終わりました。
台風も無事過ぎ去り、伯母のご機嫌も無事元に戻り。
スタッフ達も活発にスムーズにお客様のご注文にも対応でき、家族風呂の工事も完成しました。ほっと一安心です。

昨日は、はまだ看板も出していないうちから、「お客様からのご要望で母娘さんにご利用」いただきました。そのつどお湯を抜き変えてご利用いただく家族風呂の完成です。大人ならちょうど2名様同時に入れます。小さな親子様なら3人から4人まで一緒にお入りいただけます。
小さいサイズジョン画像.jpg
台風のさしたる被害もなく、台風が過ぎ去った後は、とても寒くなりましたのであわててロビーにストーブを入れたしだいです。
今朝は国道158号道路脇に設置してある温度計か6度だったと、スタッフの娘が話していました。
乗鞍岳には昨夜のうちに冠雪。びっくりデス。
今夜もお部屋で暖房機のスイッチを入れて、お休みのお客様もいらっしゃいます。夏の気分の半そでではとても耐えられない寒さだと思います。
無理はありません。私も電気モー布を使用したいくらいです。

雪の看板.jpg

一日の寒暖の差がはげしいときは、奥飛騨の紅葉がきれいですね。
いよいよ秋のシーズンへと入っていきます。
続きを読む>>
comments (0) | -

9/20日午後から雨。

今年のシルバーウイスークの連休の始まりは、お天気が台風の関係で雨と予報されていたので心配していましたが、予想を外れて、大雨降りにもならず、どうにか持ってくれましたので、まずまずやれやれというところでした。でもやはり今日は午後から降り出してしまい、旅館裏の満開のコスモスも少し散り始めるかもしれません。
弁天荘ジョンの家から見る前景.jpg
昼間は、9月と言うのに暑いくらいの日も有り、ジョンの家も大賑わいでした。
連休は地元のわんこちゃんまでが、ジョンの家にお泊りでやってくるので、夜は夜で私の仕事が増えて大変です。ありがたい悲鳴と言うのでしょうか。

なかなか、おとなしくしてくれない仔も居たりして、猫や犬や、にぎやかでやかましいことです。
「いけない。」「待て」「座れ」「ハウス。ゴウ。」
まるで外からのぞいた人は、夜中に犬や猫にしゃべって、大丈夫かと思われてしまうかもしれません。
10年値上げしていないので一度夜を通して、宿泊する犬に関しては、「ジョンの家」のペットだけの泊まり料金を見直さなければいけないと考えております。

犬のトリミング美容室に関しては、今現在は事実上中止しています。
忙しい多忙日と重なることが多いので、やむなくお断りするようになりました。
続きを読む>>
comments (0) | -

9/16日晴れ。もうすぐ高山祭り。

9/16日。夏よりも明るい日差しです。
今朝新穂高や乗鞍や上高地のお山に行かれた、お客様は最高の景色の中をさぞ満足されていることでしょう。
弁天荘前景.jpg
それこそ「ヤッホー」と叫んでしまう気分です。
新穂高ロープウェイを乗り継いで、最終の大展望台に立ったとき、すばらしい展望に、思わず声を発してしまうそれが「ヤッホー」です。

ヤッホーと言う声に、こだまが「ヤッホー」と返してくれて。
団体旅行の、ちょっと酔っぱらったおじちゃんが「アッホーー」と叫んだら「お前こそアッホー」とこだまがかえってくる。
旅先の恥はかき捨て。そんな楽しくて、罪のない大自然がやさしく受け止めてくれるでしょう。笑って楽しく生きて行ききたいもの。
続きを読む>>
comments (0) | -

秋なのに昼間は暑い日があります。

きっと、上高地や乗鞍岳の「七かまど」あたりが、真っ赤に色づいていることと思います。海抜の高い山は秋がはじまっていますね。田んぼの稲も黄色く色づいてきました。

朝晩は涼しいどころか寒くて昼間はとても夏の気温。
残暑が厳しくて、体が大変です。
コスモス

ドックランは夕方の太陽が沈みかけてから、人気があります。
昼間はジョンノ家のクーラーの聴いたフロアーで、猫も犬もおひるね。
飼い主のお客様たちは、あちらこちらへ観光にお出かけ。
今頃上高地も新穂高も、乗鞍もお天気は良いし、夏ほど人ごみになっていないし、あちらこちらで秋景色が始まって。
いつも見慣れた都会の景色とは、一つも二つも格段に違う、大自然の中にただずむ。
「それが時を越えたすばらしい心の贅沢なんだよ。」
って、教えてやりたい。ジョンが言っている。
今の激動のささくれ立った心の悩みを、掲げたまま憂いでいる人々。
この大自然の贅沢。景色を独り占めする贅沢。を教えてあげたい。
そう、ジョンはつぶやいている。

Mダックス ジョン.jpg

日本の人口の平均4人に一人がペットと生活しているということです。
あっという間に増えてしまったペット愛好家人口。みんなさみしいんだね。
きっと、ぼく達に、家庭のぬくもりを求めているんだね。

本当にペットを愛する人が、本当の正しい育て方方をして居るだろうか。
犬は猫化してしまい、散歩はしない犬が増えた。
なんと嘆かわしいことだろう。
人間にとって好都合な街のつくりは、人間界の動物達の暮らしを不自由にし、暮らしにくくしてきた歴史なのだ。
もっともぼくは、もっぱら通りを歩く、見知らぬ犬にほえまくり、たらふく食べて昼寝して。人間の「ペット」になるという生き方も、まんざら悪くもないなあって、おもっているのだけれどね。「ああーア。平和っていいことなんだけどたいくつなんだよね。」いつも旅館に行ってしまうお母さんがたまに一緒に遊んでくれるときは、夢中になってタオルの引っ張りっこして、楽しいけれど今年はそんな日があんまりなくて、ドックランも暑いからだめ」なんてしかられてしまう。

日本中がそこそこの発展をしてきた。今年の夏は特に暑かった。

お水と電気と油は金さえ払えば使い放題。
当たり前にしてきたエネルギーのこと。
そんな発展の裏づけには、そんな考えかたも見え隠れする。
そんなことを気づかせてくれたのが、今回の東日本の震災。
原発の除洗に苦しんで見える地区の人々。本当にお気の毒だと思う。

紅葉の庭と看板

今年の3月の連休を挟んで多くの人々が被災されて非難されて見えました。
1ヶ月余に及ぶ避難生活で犬も猫も連れての、丸で「キリスト教にある」ノアの箱舟状態でした。大変な思いをされた人々が泣く泣く戻っていかれた東日本の自分達のふるさと。頑張っておられるだろうか。元気にしておられるだろうか。最近になって、お便りが届いた。 本来の犬や猫の本質に接して暮らせる場所が、街の中にどれほどあるだろうか。思いっきり走れる場所があるのだろうか。
続きを読む>>
- | -

秋らしいさわやかな良いお天気です。

秋らしくさわやかなお天気です。
なんということでしょう。飛騨は今朝13度。
ああ寒い。すとーぶがこいしいきせつになるのですね。
とても夏なんてどこへ行ってしまったのか、人間は贅沢なものです。
暑ければ暑いと言い。寒ければ寒いと言い。。言うまいと思っても、ついつい口に出てしまいます。
私の猫達は、私の布団の中にもぐりこんで、私もすっかり猫ごたつ気分です。
ぐっすり今朝は久々に深寝しました。
夕べは久々にゆっくりNHKの歌謡ショー見て、家族団らんの時間をとっての夕ご飯が食べられました。やっと人間らしい生活を取り戻したのだと、実感しています。久しぶりに充実した一夜を送りました。
きっと旅館のスタッフ達もお休みの日を出していますので、秋のシーズン前の、一休みをしていることでしょう。
旅館裏のお花畑より.jpg

沢山のお客様にご利用いただき、無事夏のシーズンが乗り越えられたおかげです。本当にありがとうございました。
アプローチを通り玄関へ.jpg

先日から取り掛かっておりました家族風呂の改装も、ユニットバスの組み立てが終わりましたので、順調に壁を張ったりドアをつけたり、工事は着々と進んでおります。楽しみにしていてください。そのうちにホームページで公開いたします。

ホームページの公開につきましては、取引のある地元のパソコン屋さんにお手伝いしてもらう予定でおります。

思ったより素敵な家族風呂が出来上がりそうです。
やっぱり新しいものはいいなあーって思いました。
貸切風呂の利用が満室日にお客様が、取り合いになって、トラブルの基になってしまうといけないので、プライベート風呂としての、使用料金をいただく予定です。
トップシーズンの春。夏。秋までと年末年始。
週末など込み合う時期や連休は一利用を50分程度の使用時間で割り、人数は1人から親子4人まで家族単位でご利用いただき、一回利用は1575円もらうことにしようかと思っています。時間は予約制にしましょう。
わずかでも、有料をたてまえにしないと、経費が持ち答えられませんので、ご了承いただきたいと思います。

今まで大きなお風呂もたいていても「家族風呂で一緒に入りたかったのに」とご機嫌斜めのお客様のご希望にも添えます。これからは安心して対応できるようになりますね。やれやれこれでやっと世間並みに出来ると思っています。

オフシーズンの宿泊の人数の少ないときは、大風呂を休止して、無料サービスに切り替えることにします。そのつど、お湯をぬき変えてのプライベート風呂使用になりますので、ある意味では贅沢。
何よりも清潔で安心です。

湯船も小さなお子様連れの方などは、親子3から4人は入れる大きさにしました。小さなお子様がお湯をかき混ぜてプールで泳ぐように騒いでいらっしゃっても、貸し切り風呂なので気にしなくてもすみ、私の寿命が少しだけ延びるかもしれません。

ありがたいことです。しばらくまだ宿屋を続けていけそうです。
100円や200円で変えるものではないので、多くのの職人さんを動員して作っていく設備です。
何しろ設備費を掛けたのです。
「元値を取り戻すまでは頑張らないと」と思っています。
夏のドックランボール遊び用.jpg
昔と違い、今の時代は、お客様との距離が縮められず、特に若いお客様からのご理解を得るのが難しくなりました。
あまりこちら側の気持ちが通じない時代になり、いつも心がさめているような「文句を行っただけ得をした」というようなお客様が時折いらっしゃる。

そんな時代を嘆きながらも、それでもまだしばらくは、頑張っていこうと思いました。
続きを読む>>
comments (1) | -

台風が過ぎ去って

ことしは春から秋まで、何でこんなに悲しいことが続くのでしょう。

すごいことになってしまった各地の痛々しい光景をテレビで見ていると心が悲しくなってきます。雨の恐ろしさをつくづく思い知らされます。
自然の猛威の前に力なく立ちすくす、人人びとの深い嘆きを感じられずに入られません。
こんなことがいつまでも次から次と続くのでは、生きていく元気が失われてやりきれない気持ちになります。
本当に心からお見舞い申し上げます。
夏のドックランボール遊び用.jpg
今日お泊りのお客様が、真夏のファッションでご来館くださいましたが、涼しいどころか、寒いです。とても長袖なしでは耐えられません。扇風機をあわててかたづけて、そろそろストーブかなあ。。。と思いました。
「夏の終わりではなく、秋の終わりのような肌寒さ。。。」とおっしゃいましたので。
「うまいことおっしゃる」とその若いお客様の言葉を何気なく聴いて感心したしだいです。
続きを読む>>
comments (0) | -
1/1