10月も後二日でおわりますね。

ホシガキツルシマシタ
10がつもあとわずか。熱かった今年の夏もいつの間にか終わり。
短い秋も、そろそろおわりますね。

今年も暑い夏が長くて短い秋にあっという間でもう、11月です。
あっという間に通り過ぎて幾一年を感じます。

今年は着物体験館を作りました。
着物が簡単に体験していただけますように、帯は作り帯に着物は二部式に仕立て直しております。少しづつ外国人受け入れの準備をしています。仕立て屋さんにした手直しで出して枚数がたまるまで準備していきます。
着物を着てお客様のおもてなしをしていた頃懐かしく思います。

大きな病気をしてからもう、私は一枚も袖が通して活躍することができなく成りましたので。
懐かしい着物を仕立て屋に出して外国人の人で見も簡単に切れるよう。
着々と準備しています。

二部式着物その一

二部式着物と作り帯にした手直ししています。それが今年の私のアイデアと新しく取り掛かった成果です。
おりしも先覚問題が発生しましてとてもお隣の国々とのいろんな問題上。
大々的に宣伝してというわけにも行きませんが。
口コミでボツボツと発展していければいいなー。と思っています。

冬にお客様が違った形でお泊りいただいて。
楽しく遊んでいただける多目的ホールがあれば。

そう願ってスキー場のスキー客誘致の変わりに目標と私なりのステータス。
お庭の景色
つまり廃れ行く、日本の文化。
着物の文化をお客様に再認識していただきたい。
また外国人にその着物体験を通して感動や感激を体験していただきたいのです。いろいろ楽しい方向に持っていけるよう考えています。

「人寄せパンダ主義」にはやりたくないので。
これから先のデビューの仕方をいろいろ考えています。

残念ながら、着物が展示してある施設のほうは、わんこちゃんは入れない建物なのでやどのお部屋でおるすばんしていてくださいね。


ペットと泊まれる旅館弁天荘は今年も多くのおなじみさんで賑わい増した。
これもひとえにリピーターのお客様のおかげでございます。

また今年始めてご利用いただきました、お客様も新しい出会いのご縁を大切にしてまた来年もご利用いただけますようにお待ちいたしております。
紅葉もあと少しです。山々は雪の積もるのを前に油絵のような鮮やかな錦絵の世界を織り成しております。
朝晩が、ずいぶん寒くなりました。
季節の変わり目に風邪など惹かれませんように。
楽しくよき日々を送ってください。
いつも読んでくださりありがとうございます

24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg
- | -

女子に人気の飛騨高山さんの町筋。

上三之町

お客様が、「やっぱり高山はさむいんだねー。」
といって入って見える。
「高山の町の中を歩いて、寒くなったので宿へすっ飛んできましたよ。」
なんてニコニコしていらっしゃる。相変わらず上三之町は女子に人気でにぎわっているようだ。
お庭の景色
高山の気温はもうこの時期になれば朝晩は10度前後昼間は何とか、暖かさを感じるのだが、太陽のありがたみを感じる季節となった。

「郡上のせせらぎかいどうも、紅葉がとてもきれいでした。
高山の産の町は相変わらず人でいっぱいでした。
のんびりほっとしますね。毎年春に2回と秋に2回づつきているんですよー。
家に帰ってきたような感じ。」そうおっしゃるおなじみさまー。
10-21さつえい乗鞍の里は.jpg

まだまた景気が悪くなるんだと税理士さんが言っていた。
政治が悪いからだといっていた。
難しいことはわからないけれど。
生きていくのが、つらくなるような社会は、かなわないと思う。
犬達の顔を見ていると。気持ちが安らぐ。来月はもう11月だ。
一年の過ぎ去ることが早くなった。年を取った性だろうか。

小春日和の日を見つけて、漬物を漬けなくては。
今日はトウザの分ほど、白菜漬けをした。
夏にとったきゅうりの塩漬けを水に戻して。
塩出ししか酢漬けにデモしようか。
季節ごとに、いろいろやることがある田舎の季節の仕事。

伝承していけるものと合理化を図るものといろいろあるが。
せっかく田舎を訪ねてくださる弁天荘のリピーター様に。
お客様に喜んでもらいたいから。

ホシガキツルシマシタ
- | -

秋本番。お寒くなりましたよー。

北アルプスのふもと丹生川の里

乗鞍岳にも新穂高にも上高地の植えのほうにも、昨日の雨が雪に成り。3000メートル急の山々は、雪が降りましたので。
とてもきれいです。
空は青いしお天気は最高。
当然道路はまだスタットレスでなくても大丈夫。
里には雪は降っていません。
ただストーブはつけています。
ロビーで赤々と燃えるストーブの炎を見ているとなんだか、うとうとしてきます。
アプローチを通り玄関へ.jpg
時々10月なのか11月なのか錯覚してしまいそうになるくらい。
秋の始まりは夏のように、暑さが長引いていたので。
急に来た朝晩の寒さが今年の紅葉をものの見事にきれいにしてくれたようです。
今の季節の紅葉は3段階の最高にきれいです。

その分朝晩はとても寒くなりました。
どうか皆様お風邪など召されませぬように。
ところで、こちらにおいでになられますお客様は、どうぞ上着をお持ちください。薄くてもいいのでヤッケのようなものか、とにかく暖かいものがいいです。朝晩の散歩がとても寒いのでお知らせいたします。
都会では秋ですか岳間はすでに冬です。
世界地図を広げるとこんなに狭い日本の気候なのに。
ずいぶんちがうものですよねー。あきはもうすこしのときのながれ。
山の季節は冬に向かっています。
今夜は、このあたりでお休みなさいませ。

いつもブログを読んで弁天荘を、気にかけてくださりありがとうございます。

10-21さつえい乗鞍の里は.jpgお庭の景色
- | -

乗鞍岳に初冠雪がありふもとは紅葉真っ盛り。

岐阜国体の花サルビア

2週間ほど前に乗鞍岳に初冠雪があり、朝晩がとても寒くなっています。
弁天荘ではもうすでにストーブがなくては寂しい夜に成りました。
お客様は都会からいらっしゃる方が多いのでおしゃれの薄着。
寒い寒いといわれ、温風気やエアーコンが欠かせません。
山々はとてもきれいに色づき始めました。

北アルプスのふもと丹生川の里

畑の野菜はもう終わりましたので、今はサトイモやさつまいもかぼちゃなどをお客様にお土産サプライズしています。
田舎を持ち帰ってほしいと思う私の気持ちです。
いまどき食糧難の時代でもあるまいに。
そう思われるお客様もいるかもしれません。
しかし、国内産だけの野菜出生活しようと思ったら、食べ物に限りがあり、今日本中にあふれている野菜も果物も外国産が多いのです。
すでに季節感などという大原則は取り払われてしまい。
年中あるしいたけや年中あるきゅうり年中あるかぼちゃ。
本物の大地の上でできた野菜のおいしさを。無農薬の安心野菜を
持ち帰ってもらいたいという心からです。
「ふるさと」として車に乗っけて帰ってほしいのです。

女将森和歌子59歳

この紅葉のシーズンが終わると、寒い寒い冬を迎えます。
大地は凍り何もかもが雪の中。何もなくなります。
「野菜より肉か魚か」という人が多い中。
雪が降る前に、野菜のおいしさをお持ち帰りいただきたい。
そう思って畑のおじちゃん達が丹精こめて作ったのです。
だから、私はそんな畑のおじちゃん達の気持ちを伝えるお仕事したいから。
私がこの旅館やっている間は、肉を食べる人にたくさんの野菜料理してあげたいのです。がんにならないように。健康が一番だから。今夜も寒い夜。

犬達を飼うということは、飼い主に一番の健康であってもらいたい。
それが犬達への最大の飼い主の責任だと思う。
可愛いからなんでも許される。
このごろ増えてきた「ナンちゃって愛犬家。」
これは真の愛犬家ではないような気がする。
旅館の中はホームドックランではない。
ルールとマナーは守って楽しくお泊りいただきたいものだ。

犬が悪いのではないのに、ヒステリックにしかられている犬を見ると「飼い主が悪い」とのどまで出掛かっている言葉を飲み込んで、だまってながめていることにする。仕方がないのだ。よそ様のお子さんなのだから。

Mダックス ジョン.jpg

犬は法律では、住民課生存持ち主の届出の管理している。
犬を子供のようにおりこうにさせようとしても中々言ううことを聞かない。
溺愛された犬は、やりなれていないこと。その日だけの、付け焼刃では犬も正直。普段のままに振舞ってしまう。
家の中でやっているありのままに行動してしまう。
何も悪いことをしているわけというほどでもないが。

うちの子は大丈夫です。
とリードもつけずに、館内をはいかいさせて。
まるでで自慢しているような飼い主様。
そして挙句の果てに「○罰三角くちゃくちゃ」と大きな声。

きはくで旅館に着てまで犬をしつけようとしているのだろうか。
しつけとトリミングは旅行に出る前にしてほしいものだ。

しかし私はサービス業。
いたずら盛りの仔がテーブルの上にいっぱい並んだ料理に、よだれを出して盗み食いを舌としても、「まあ」とも「あら」ともいえない。

「だからお前はだめなんだ。今度からつれてこれないー。こらー。」
迫力のある声。いっぺんに楽しい空気が冷え切ってしまう。
これが本当の愛犬家だろうか。

犬を愛するということは私は犬を命令調での
のしり罵倒することではないと思うのだが。
盲導犬の言葉が、日本語でないことにも良くうなずける。

犬は確かに癒しの動物ではあるが、神様でも宝物でもない。
確かにかけがえのないものではあるが。
犬は長年人間のそばにいてくれた存在だと思う。
落ち着いて言うことを聞く犬に育てること。
これも共に成長していくことではないだろうか。

前景写真.jpg

とはいえ私もジョンのリードを噛み切るくせには、ほとほと困っているのだが。かわいいねーという言葉にはいじょうにはんのうする。
もともと持っている犬本来の性格もあるが、子育てと一緒のようなむつかしさがあるように思う。

今夜はこの辺で、、。季節の変わり目風などひかれませんように。
ご拝読ありがとうございました。
- | -

食欲の秋

今年は夏が暑かったし秋の始まりも扱ったので、野菜は相対的に大豊作。
果実の柿やなしも甘く大きく手とてもおいしい。
とテレビニュースでやっていた。
寒くなると暑かったことが恋しい季節になる。

サツマイモ取れました 001.jpg

山深い飛騨高山はストーブもコタツもほしい季節となった。
年々暑い日が多くなって、初夏もも秋も暖かく夏は暑い。
夏が暑いということは。大変なことだった。
しかし作物にとっては、それなりにいい効果が現れるということなのだろうか。こうゆうパターンがこれからずっと地球的規模でつづくのだと。
まだしばらくはいいとしても、この先覚悟して老後を送るのかもしれない。

今年もおかげさまで無農薬農園は大豊作。
好評のうちに幕を閉じることができた。
ようやく10月で固唾家の旗じまいが終わろうとしている。
黒のマルチングしたビニールも引きはがしてJAのアグりへ。

アーモンドかぼちゃ発見

これで4月から耕してお客様に「収穫体験でを無農薬野菜をプレゼント」していた畑も今年の分はおわることとなる。

大地にありがとうと感謝したい。
たくさんの旗芋。たくさんのさつまいも。
たくさんのかぼちゃ。お泊りのお客様のどなたにも。
皆さんにサプライズプレゼントができる事だろう。
明日は畑のスタッフ達で倉庫にしまってもらうことにした。

車庫の軒下には、黒豆を取り込んでもらう事にしよう。
マメは雪解けの春に泊まった人に人に持たせよう。
マメを鞘から落とすのは来年になるだろう。

とても広い農園

何かを持たせたい。
きのいい、田舎の叔母ちゃんだから。
泊まってもらったお客さんに、田舎を持たせたい。
車で来るのだから、土の付いたさつまいもや土の付いたサトイモや。

かぼちゃや大地の恵みの幸せを、おすそ分けしたいのだ。
田舎に泊まったという「気持ち」を持たせたいのだ。
もうすぐ木枯らしが吹いて白いものがちらちら天から舞い降りてくるまで。
わずかに残された2ヶ月。

飛騨牛しゃぶしゃぶ夕食一例.jpg

クリスマスツリーのもみの木もあんなに大きくなってしまって。
電飾で飾り付けするのが大変だからと今年も自然体のまま。

きれいな紅葉もあと一ヶ月。
もう冬のの予約がはじまっている。
今年着てくれた犬や猫や鳥や小動物。
家族の愛情にはぐくまれて、みんな幸せでいてほしいと思う。
いつも読んでくださりありがとうございます。今夜はこれで。
- | -

紅葉のきれいな場所

アプローチを通り玄関へ.jpg

朝晩がとても寒くなりました。皆様おかぜなど体調管理にはお気をつけてくださいませ。
こちら飛騨高山。
毛糸のセーターやカーディガンが似合う季節と成りました。
昼間はそれほどでもなくも晴れていれば季節が心地よくすら感じるのですが、朝晩は、田チクからおいでのお客様にとって、たぶんびっっくりなさるほどの寒さです。
弁天荘のロビーにも、ストーブをたいております。
お客様のお部屋にも暖房があると、うれしい季節に成りました。

寒暖さが激しいので、とても紅葉がきれいです。
その分、今年の紅葉はとてもきれいです。
現在のの見ごろは上高地と新穂高のロープウェイから見る、海抜の高い山々。とても色鮮やかでとても見ごたえあります。
時間がある人はふもとの奥飛騨温泉のあちらこちらにある露天風呂温泉にて、秋の自然を満喫してください。

しゃぶしゃぶ郷土料理1.JPG

今年は台風らしい台風が飛騨には来なかったので、秋がそっくりそのまま無傷のままに残っています。
山々の木々が扱った夏の終わりを告げるように色づき始めました。
霜が降りるたびに、朴の木の葉ヶ一枚、また一枚と、、。
高い木の枝から舞い落ちてくる。
それを拾って洗い乾かし保存した葉の上で焼くのがほうばやき味噌です。
これがまたお酒のつまみには良く合う。

ほうば味噌焼き.JPG

是非紅葉の飛騨路をお楽しみください。
各週末はまだ部屋の予約が入れられますのであき状況はご予定日によってご確認ください。
地酒の日本酒がおいしい季節と成りました。
飛騨牛とともに、秋の味覚をお楽しみくださいませ。
お待ちいたしております。
- | -

明日から3連休。今日はとてもいい天気です。

古民家の軒下より

明日から3連休。今日は朝から明るい晴れのお天気。
夕べ寒かったのでたぶん紅葉が始まりかけていることだろう。
今日はロビーにストーブを入れる予定。昼間は長袖に上着があるとちょうどすごしやすい。高山祭りの10月9日と10日が秋の高山祭りなのだが平日なので祭りのお客様は少ない。いつもに比べるとこんなにすいていること自体が珍しい。当館もやはり空き室が目立つ。だんだん高山祭りは人気がなくなったのだろうか。3連休後のの、たまたま平日だから仕方がないのかもしれない。
10/6日の土曜日はおかげさまで満室になっている。

話は変わるが、秋が始まり、散歩コースのアケビのつる二アケビがもうそろそろだと思う。
まだ行っては見ていないがきっとぱっくり開いたアケビが、いっぱいぶら下がっていることだ。
もうアケビなんて知らない人もあるだろうが、甘い実で種がいっぱいなのでたべるというよりあまさをあじわうかんじのもので。
山が好きな人には知っている人もあり懐かしがってもらえるもうアケビつるは何年にもなるのでかなりの大木になってきた。

山胡桃とアケビの木の精霊

私は近くのスーパーへこまごまとしたものを車で会に行ってきた。
取るコンのボッチの着いた乗用車なので私でも運転できるのだが。
だいこんがおおきくてしんせんだったので地元野菜の販売所で買ってきた。
何もかも、いろんな野菜が出ていた。
亜ぁーまー図という農家の主婦達がちゅうしんになってはんばいしている。

ここは比較的便利で一番安心することは地元の野菜であること。
天荘の畑もそろそろ終わりになる。
明日から始まる、3連休で終わりになると思う。

ジョンの家 看板.JPG

畑のおじちゃんたちも黒マルチンぐのかたずせけなどにはいっている。
植え付けから旗の片付けにいたるまで仕事はいくらでもあるので寒くならないうちにせっせとしなければ中々忙しい

段取りの打ち合わせに何回か葦を運ぶといいのだが、とおもいつつまどからながめている。
続きを読む>>
- | -

台風いかがでしたか。被害の方にお見舞い申し上げます。

台風17号の台風は沖縄から四国きんき愛知静岡とまるで、日本を縦断するような、おおいそがしの台風でしたね。

台風で被害にあわれた方にはお気の毒さまでございました。
お見舞い申し上げます。
稲穂も刈り取り前の田んぼは見るも無残にぺちゃんこ。水に使ったところもあったとか、、。後の作業がとてもめんどうなことに成りますね。本当にご苦労様です。個々まで実りの秋を迎えておきながら水につかれば等級も下がる。
この一ヶ月ですべての刈り取りが終わるはずの季節なのですから。さぞ残念なことと思います。

弁天荘ジョンの家から見る前景.jpg

ここ5年くらい、思えば飛騨高山地区には台風らしき台風が来ていないような気がします。有難いことです。私も昨日は、
台風接近のニュースであわてて植木鉢やらゴミ箱の桶やら、家の周りのものをあわてて取り込みました。
こちらはそよ風も吹かず翌日の後片付けがなんだかとてもくたびれもうけのような感じでした。自然災害ですらはっきりと明暗を現す現実に自然の威力の大きさを改めて感じられずに折られません。

アプローチを通り玄関へ.jpg

何にしても被害が大してなかったことは喜ばしいことです。が。それに引き比べ沖縄など台風銀座にお住まいの皆様へ心からお見舞いの気持ちでいっぱいです。
続きを読む>>
- | -
1/1