土曜日というのに。大雨警報で8/31日を迎えています。

雨が降っています。強い降り方です。大雨警報が出ています。

コスモスが満開です。

おまけに雷までなって、時折強く降りしきる雨は、真っ暗な夜闇の中で一瞬爆弾でも落ちたかと思うほどの稲光と音。
台風が雨になったというけれど、どっちにしてもあまりうれしくないです。。

山が抜けて土砂崩れになるというほどでもない、川があふれて大洪水になるとも考えられない。
テレビニュースで、いろんな訓練の画像を見ると、どこもかしこも危険がいっぱいのような気がします。日本中どこにいても不安ばかりです。
先ほどまで飛騨地方には大雨警報が出ていましたが、その後どうなったでしょうか。
アジサイのつぼみ

蒸し暑いけれど、雨がしきりに降って窓を開けると涼しい風が流れて来ます。
これから「雨の前線は南下」していくのだ。
と天気予報が言っています。いつも大雨が降ると下流でいろんな災害が起きるあたり。「お客様のお住まいのほうはだいじょうぶだろうか」と、すこし気にかかります。どうぞ被害がありませんように。。

雷も稲光もわが家の犬たちは、すっかり怖がるようになって。
早く顔を見せて安心させてあげなければと思うのです。
今夜はすごくあっさりしていますが。
これで終わります。
宿の前の道路が川のように通る車がスピードも落とさず、玄関にぴしゃびしゃと走りををかけていくので私は、
「本当にもう、、。そんなスピードで走ると、今に事故るよ」と
ぶうぶう言いました。
宿の前の道.jpg

誰に文句を言うわけにもゆきませんので走り去る車に愚痴っています。
今日は土曜日ですが、台風のおかげで10名様ほどの数です。
どなたも疲れていらっしゃるのか静かなお部屋です。
皆さんの犬たちも、おとなしくもう静かです。雷はまだごろごろなっています。

私のパソコン雷を拾うと、大損害です。
そんなこともいやなので、スイッチを切ります。
今夜はこれで。おやすみなさーい。いつもありがとうございます。
きゅうりを食べるジョン
- | -

台風による大雨だそうです。

ドックランのこすもす咲きました。
台風による大雨ということでした。
天気予報道理、お昼すぎたあたりから、やや強めの雨が降ってきました。
なるほど天気予報道理だわ。さすがよく当たると感心していました。
ところがその後降ったりやんだり夕方お客様が、チェックインなさる頃はとうとう雨は止んでしまいました。

喜ばれたのはお客様です。
「畑に散歩に行ったら真っ赤なトマトが鈴なりになっていました。大きなトマトでびっくりしました。」「明日雨降りになるのなら、今とりたいのです。」

ずっしり重いスイカ.JPG

「畑でスイカを見つけたので、スイカを運んで来ようとしたら、坂道で落として転がって割れてしまいました。
もう一回行きたいので、、。
雨梅雨でで軍手が濡れていたから。
乾いた軍手と、袋をください」と言われます。「再チャレンジ、なさりたいのだそうです。」と今日のフロント担当のスタッフが私に聞きに来ました。

「台風で明日はダメになるかもしれない野菜です。今日ほしいだけ持って帰っていいですよ。」と伝えてくださいと指示しました。

しゃぶしゃぶ郷土料理1.JPG

〇どんなに重くても自分たちで運べる分にすること。

〇季節ごとにその時その時の、あるものが違うので、できているものを収穫すること。全の露地で栽培しているものは、その年の天候や季節によって出来具合が違う事もあります。ご理解ください。

〇収穫体験自体がタダで、無料で持ち帰れるようにしてあ理ます。決して畑のそばまで車を持ち込まないこと。

〇「小さな子供たちも安心して遊べる無農薬農園」ということになっています。
みんなでルールを守ってほしい。

〇田舎に来て散歩しながら、田舎の良さを知ってほしい。

作る大変さはしなくても収穫する面白さは体験して楽しんでもらえれば。
そう思って8年前から、私が始めたことです。
種も冬のうちから、今年はどんな種をまこうか。
苗から育てて農薬は一切まかずに、ただひたすら、体の安全のことのみ考えて作った野菜です。畑のおじいちゃんも年を取りましたし、私も体力的にしんどくなりました。だから、春先迷いに迷って「やめようかやっぱり、やろうか」と思うのです。9月末までは野菜は取れます。

持ち帰り野菜様々2.JPG

10月になると日に日に寒さが増して、霜の降りる日が多くなっていきます。それが飛騨地方なのです。

畑もお客様の靴に泥がつかないようにとシートをひきつめ、黒マルチ畝で作っている野菜です。
喜んでもらえればと思うもてなしの気持ちなのですが、最近ではその私の気持ちすらも逆手にとって
「やれ畑の野菜にほしい。トマトがあおい」だとか、ゴーヤが見つからないとか、しし唐がないとか、ズッキーニやキュウリがが大きくなりすぎているとか。

おまけのおまけに文句をつけること自体が不思議に思うのです。
無料で、自由に参加できることすら忘れて、もんくの多いお客様が増えました。
それだけ他の宿とは違う特徴の「宿の売り」が知れ渡ってきたということだろうか。ありがたいことだとは思うが。私の頭の痛いところです。

たとえバケツに一杯までは無料という原則も、ついつい夢中でとっていたら2杯分になってしまったからといっても、「だめだ」とか「料金払え」とかはは言わない私なのだから。
ほのぼのとした、おおらかさがあってこそ「田舎にようこそ」なのだと思うから。
その気持ちを分かってもらえないのが、残念で、悔しいと思う。

笑顔で、「たくさんもらいましたよ。ありがとう」の一言があったらどんなに励みになることだろうか。

昔、このイベントを一人で始めたころは、お客様はみんなおおらかだった。
そのお客様の笑顔がうれしくって頑張ってきたのだが、
この頃では本末転倒というべきか。

新ドックランより旅館弁天荘を望む.jpg

おまけのおまけに、文句をつけてくる。それだけ気安くなんでも言いやすいということなのだろうか。よいほうに解釈することとしよう。

犬を連れてオリエンテーリングの散歩コースも、犬を掲げて夕暮れに、走ってポイントを回る。
「何度も来ているから、札のある場所はわかってますから」ということらしい。
あの3。11以来、すっかり人々の心が、が変わったようだ。

それだけ心がささくれ立って、少しでも自分の描いた期待と違えば、とことん言いたい放題。文句は「この宿のためだ」といわんばかり。私のストレスはマックス状態。

犬がタダで泊まれることも。
掃除にどれほど気を使って普通の旅館の倍のエネルギーを費やしているかということも。
オリエンテーリングや、無農薬野菜や。宿泊記念写真や。
いろんな企画を立てて特殊な宿屋をやり続けようとすること。

みんなお客様を退屈させまいとする「宿の姿勢」であるということすら気づいて、いてもらえないのが、この頃とくに残念に思う。宿は私の体と同様。
年を取り、もう若返る元気はない。ありのままに、細々と静かにやどをつづけていければしあわせとおもっている。いつまでも私の体力が続くわけでもない。
お客様との出会いは、私の人生の終盤での人生そのものになるのだから。

たとえ、「お商売は。商いだから」とはいえ
私もおおらかな老人の穏やかな生活が送りたい。

だから私の趣旨を理解してもらえる、本当の意味での犬のことを思ってくれる猫や動物のことを思ってくれる人にこそ、気楽にお泊りいただきたいものだと思う。
そんな宿の姿勢を理解してもらえるお客様に飲み、お泊りいただきたいと思う。

コスモスが満開です。

「苦情は店の向上のため」という口こみサイトがあるが、私はその意見にはうなづけない。
私は、ネット社会に人の口コミでお客を増やそうという考えは持っていない。
「苦情を言って向上するとは、なんと都合のいい。都会的な情のない。冷酷な言い方だ」と思う。私はそういう呼びかけの宣伝サイトのメールをさっさと削除していく。「私は偏屈なおばあさんで結構。私は私の理屈で行くのです。」
と一言つぶやきながら。
苦情を言えば「私は、宿をやめるだけ」なのよ。

人間、死ぬ間際まで、文句を言われて、やっていられないもの。
と私は心の中でつぶやく。嫌だと思えば来なくて結構。

「私は気分屋です。ごめんね。こうやって犬や猫がかわいくて、何とかお手伝いしたいと40年も宿やってきました、、。」

そういってしまえば、お客様に喧嘩を売ることになる。
朝ドラのあまチャンに出て来る、天野あきのお母さん役の、天野はる子役のきょんきょんのセリフ、のように、そういってどなってやりたい。

私も好きでやってきたお仕事だから、「ありがたい。ありがたい」といってこの世界から足をあらう日をむかえたいものである。

だが子供も産めず、犬や猫を子供代わりに暮らしてきた私としては、犬たちが旅に連れてきてもらえないことが何とも忍び難い。

特にこの地域は動物何でもオッケイの宿は私のところだけのようだ。
まして。大型犬お断りとか、いろんな条件が付いていて。
宿探しにひと苦労ということになると、お客様の声をよく聞く。
だからと言ってお客様の望みのすべてを、かなえられるとは思っていないが、せめて泊まる前に、少しでも情報をリサーチしてえらんでほしいと思う。

とはいえ。来年も弁天荘は、まだやることだと思う。

お客様のさまの99パーセントのお客様が、やさしくて気持ちの良い人々だから。
私の心も晴れてまた頑張ろうという気がしてくるのです。

お客様に励まされて、「そんなこと、気にしないでいいから」とか。
「めげずに頑張って」とか。「行く宿がなくなってしまう。頑張ってー。」
とか、「従業員さんも、汗だくで頑張っておられましたよ」とか聞くと、
もうちょっと頑張ってみようかと思う。
いろんな励ましをいただくと、やっぱり頑張ろうと思う。

ありがたいことだと思う。

ジョン2歳

近所の環境は、周りが、農家で、本格的な収入をあげている人たちが多いので、無料という看板をあげるわけにはいかない。
だから、バケツ一杯600円と書いて、ジョンの家のそばの倉庫に看板が出ている。「結局、金をとるのだろう」と高飛車に怒りをあらわにしておられた、お客様がいらっしゃった。
やっぱり心がキヅついている。かわいそうな人だ、、。返す言葉もない。

しかし、泊まった人は玄関先の案内表示を見れば、料金は取っていないことわかるはずなのだが。どうしてこんな世の中になってしまったのか、私はそのことに憂いを感じる。
こそこそと隠れるように、車に何度も運んでいる姿を見ると
「ああ、、。世の中が、かわいてきたのかなー。」と思ってしまう。

なにがどう変わったのかというと、心にゆとりがなくなってしまっている人々に憂いを感じる。
丹生川のお花畑

話は変わるが、9月から、法律も変わり、ペットショップで販売されてきた生体動物たちの販売管理の仕方が変わるように。悪質なブリーダーや、商品として命を売り買いしてきた現状に、ペットショップの在り方が大きく法の下で変わりつつあ理ます。私はやっと、まともになってきたかとすら思うのです。
犬が儲かると思えば、新種の珍しい犬を作り続け、繁殖し続けてきた。
社会の在り方が。やっと変わりつつあるのです。

「なぜ流行の犬が存在するの。」疑問に思えたから。

その陰にどれほどの悲しい事実が、闇の中に消えて行っただろう。
私は命を見ている。
その犬のかわいらしさではない。
犬なりの犬の一生の命を見続けているのです。猫に対してもそうです。
そんな気持ちで私の宿は、成り立っていますし。続けてきました。
私には宿をやる以上、単なる接客のみにならない宿をやりたいと願い続けてきました。でも理解できないお客様は、この宿には不向きです。
料理も大したものはできません。

弁天荘全景夏

犬や猫と泊まれる宿をやりたいのです。
私はそのことを言い続けてきました。

私は職人さんのような高度な技術はありません。
だけれども、動物を思う気持ちはだれにも負けません。
それが私のすべてです。
私は多くの犬たちに囲まれてい多くの猫たちに囲まれて、老後を迎えるその日まで。弁天荘奮闘記を続けていくつもりです。このブログは私の気持ちそのものです。
サムエノオカミ

こんないつも長ったらしい私の勝手なことばの積み重ねのブログ。
いつも読んでくださり、本当にありがとうございます。
では台風の大雨各地に被害がありませんように、お祈りして、キーボードをたたくのを今夜はこれで終わります。

今夜も、飛騨の山々からは、とても寒いほどの夜風が吹いています。

鳥も来ます。ウサギも来ますフェレットも来ます。みんな家族ですから。
家族のようにかわいがって一緒に暮らしているのです。
では、風邪などひかれませんように。おやすみなさい。
- | -

心地よい秋の風

青空が、どこまでも高くうろこ雲が出ています。
今が一番ほっとできる時かもしれません。

暑い暑い夏もすっかり通り過ぎて、秋の実りを迎えています。
田んぼの稲もだいぶ稲穂がたわわになってきました。
稲刈りにはまだ早いようですが、このまま台風などの被害がなければ
平和で本当にありがたい季節を迎えようとしています。

夏の花1

一年ががあっというまですね、私はもう少しお客様が途切れたら、夏中酷使した体を生態にでも行って直してもらおうかと思います。
連休前にはいかないとなんて思っています。
体の線が崩れて腰痛持ちの私は、イタイイタイと歩いています。
なかなか体の不自由は人にはわからないものです。

25-5-30花とレオン3枚目.jpg

だからこそ、心の悩みや心配事はなおさら人に伝えて治るばかりとは限りません。
犬や猫や自分の心の支えになるのかもしれません。
動物のパートナーがいることはとても幸せなことだと思いいます。

今日上高地で結婚式を明日するからというご家族様のちょっとおデブのブラドールの七歳の由紀ちゃんを「ジョンの家」で預かりました。最初はドックランで家族と一緒に遊んで、それから排せつを済ませてジョンの家に連れられてきました。
書類の手続きも終わり、おいていくというとき雪ちゃんはやはり何かを察したのかハアハアぜいぜい騒ぎでおりました。
出発なさってからも立ったり座ったり寝そべったり落ち着かない様子です。

なつのはな 2

私が椅子に座って、肉好きのよい熟女の雪ちゃんの体をなぜてあげていたら少し落ち着いてきました。
大きな水入れに水をぺちべちゃなめて飲んでしまいました。
その騒ぎにジョンもレオンもおとなしくしています。
「雪ちゃんお母さんが結婚式で素敵な日を迎えるのだから、お祝いして喜んで待っていようね。雪ちゃんのこと、安心しておばちゃんに預けて行かれたのだから、おばちゃんと仲よくしようね。」握手をしました。

コスモスが満開です。

うわの空でお義理のように、前足を私に投げ出してくれました。
「うふふ。いい子だよしよし」
犬が落ち着いてきた状況を見て旅館のほうへもどりました。
また夜になって私はジョンの家に戻ります。

弁天荘全景夏

上高地でウェイデングドレスを着た花嫁さんがあのすばらしい景色の中で、思い出の日を迎えられる。とてもすてきなことですよね。
「ご結婚おめでとうございます。」
きょうはここまでですね。
これからお泊りになられるお客様の、少ない人数のお客様ですが、料理にかかります。いつも読んでくださりありがとうございます。
ではまた、、。
- | -

秋風が吹く良いお天気になりました。

秋風が吹く良いお天気になりました。
日ざしは明るいのですが、からっとしていてさわやかな冷たい風が吹いてきて、今日の旅行客様はお天気だけでも得をされたと思います

24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg

そういえは、もうすぐ越中八尾の風の盆でけすね。


八尾の町の中を何とも言えなく物悲しい呼吸のリズムが流れてきて。
祭り浴衣にきりりと半幅帯を締めて男踊りも女踊りも、とても素敵です。
郡上のお盆のさなかの徹夜踊りには、仕事柄到底いけそうにありませんが、みんなそれぞれの地域での特徴があって感動的なものです。

岩魚のつれる渓流小八賀川.jpg

さて私たちの高山市の高山祭は相当豪華な、歴史のあるお祭りです。
相当有名な大きな高山市をあげてのお祭りです。
今年は平日ですので土日を挟んでいないので。そんなに惜しくらまんじゅうでなく、ゆったりとお祭り見学をしていただけることと思います。

ぜひ今からご計画ください。高山祭のころは、秋の紅葉シーズンが始まっていますので、乗鞍岳のふもとの赤いナナカマドやモミジの色づきに、心を奪われることでしょう。大自然の偉大なる山々の美しさに目を奪われてください。私の自慢の景色です。都会のコンクリートの中にはない秋の華やかさがひだに始まっていますよ。

弁天荘ジョンの家から見る前景.jpg

ところで話は戻りますが、9/1日9/2日9/3日となっています。八尾の町に宿が取れない場合は、(犬が泊まれる宿はありませんので)八尾から1時間です。弁天荘にお泊りください。この頃は夜は涼しいので犬を連れて町永氏の踊り手を眺めるのもよいでしょう。特設会場に行かれる場合は込み合いますので、弁天荘「ジョンの家」にに犬を預けて手からお出かけください。
夕食抜きのプランもありますのでお気軽にどうぞ。
- | -

8/24日心配していた雨も上がりました。

にわの紫式部

心配していた雨も今日は上がり、曇り空でしたが夜は例のごとく肌寒いです。

きっと今夜あたりは、空が晴れてきて月もその他の星もいっぱい出ていることでしょう。なんだか外へ出て眺める元気すらありません。

汗を流した後夜風に打たれていると、風邪をひいてしまいそうなのです。
ジョンやレオンたちに、早々に中庭でおしっこをするようにせかして、明日に備えて寝ます。

シベリアンハスキーたち

レオンもジョンも、私と遊んでほしいとねだりますが、とてもそんなゆとりはありません。
だいぶ客数は落ち着いてきましたが、まだまだ続いています。

もうこの時期になるとカーデガンか、上着があったほうがホッとする肌具合なのです。秋風がススキの穂を揺らすようになりました。
高山の市民時報に飛騨高山の今年のお盆の時期は、例年よりも1万5000人毎日、去年より多くの観光客が増えたそうです。

上三之町

そして岐阜県側から、上高地行きのバスに乗る、高山市平湯温泉のあかんだな駐車場も満車で、乗鞍岳に行く乗り合いバスも朴の木平の駐車場は、とても込み合ったそうです。
鍾乳洞も駐車場が込み合って駐車場の空き待ち。

あの炎天下鍾乳洞の中は天然冷蔵庫ですから、入った瞬間、とても寒い感じです。

今年はとにもかくにも「涼しい」とか「寒い」とかいう場所が、大ヒットしたそうです。無理もありません。

体温より暑い日が何日も続いて、熱中症で体温維持ができなくなり、亡くなるお年寄りが続出したのですから。
これから衣替えを待たずして、季節がどんどん前倒しになっていくことが、とても不安です。最近のお天気はちょうどいいという日が少なくなっています。暑いか寒いか雨が降らないか雨が大降りするか、、。

今の時期は秋ミョウガが、ドックランのそばでびっしり生えています。
秋の来るのを待ち焦がれていたように、たくさん生えていますのでミョウガの根元を探してミョウガの子を抜き取ってください。

春だと思ったら5月頃から夏日の日があり、夏も終わりだと懐かしむ暇もなく寒くなってきて。

その都度人ぴとは右往左往する。
原発も震災で傷ついたところも、復興が本当に進んでいるのかどうかすら、、。
わからないまま、人々の心が毎年乾ききって、きているような気がします。

日本の政治家は「経済力は確実によくなっている」とか、それなりに言って消費税を上げようとしているのだとか、、。
というような情報も流れて。
何が何だか煙に巻かれているうちに時が季節を通り越しています。

みょうがの子探しは根元です。

本当に心が豊かになっているのだろうか。
どこか、まだとりのこされて、傷ついたままの人びとがいるような気がする。
生き延びた犬たちですらもう、年を取っていくばかり。

早く手を差し伸べるのなら、真剣に取り組んでほしい。
議論して騒いでいるゆとりはもうないはずだ。

自然を大事にしない罰なのか、そうゆう風潮になれてしまった、街づくりがたまらない暑さを呼び。今に生きている人々を苦しめている。発展することはいいことだが、「何をおも言わんかというところも、無きにしも非ず。」

涼しい田舎にどっと押し寄せる人々。波のように、、。
また波が引くように、静かになりつつある。

今度の波はシルバーウイークの9月の2回の連休。
お盆ほどの、おしくらまんじゅうではないので。
今度こそ「スムーズにやれるかなー」と思っています。都会では9月といえど、まだまだ暑い日が続くそうです。
山はもう秋の始まりです。
ススキが揺らぎ、コオロギがなきコスモスも咲き出しました。

コスモスが満開です。


お盆を避けておいでになるお客様が、これからゆったりとした時間を満喫なさるお客様だと思う。
だからよけい大事にしなくては、、。と思っています。
では今夜も最後まで。
読んでくださりまして有がとうございました。
おやすみなさい。
- | -

残暑厳しき折

お庭の景色

残暑お見舞い申し上げます。
いつまでもあついですね、、。
テレビのニュースで今日の岐阜県多治見市体温を軽く超えていました。
名古屋市も岐阜市も軒並み猛暑のようです。
高山市も午後から元気な太陽にお付き合い。照りつける日差しの強さを感じました。今年も、いつまでもあついですよねー。
何はともあれ、テレビの中の死にそうなくらいあついです。信号の前でかがみこんでいる人が印象的でした。体温よりも空気のほうが暑くて、おまけに海からの湿度が混じっていたら、そりゃーもう。たまらないですよね。

ユキノベンテンソウ

私の住んでいる飛騨高山のにゅうかわ地区は、夜になってとても昼間の暑さとは対照的な、ひんやりとした風が流れてきて、さすがにホッとしています。
旅館裏のドックランのそばのミョウガ畑は、秋ミョウガの子ががびっしり生えています。ミョウガは好ききらいもありますが好きな人には何とも言えない懐かしい味、なのだそうです。
とても、おつな味の薬味になります。
お好きなだけどうぞお取りください。吸い物やお味噌汁に。
うどんや、そばの薬味にも使えます。
ミョウガの列を分けて。根元に生えているミョウガの子を地面から引きぬいてください。野菜収穫体験と同じ感覚でどうぞ。
今日は短めのお話で終わります。
みなさんまだ昼間は暑いみたいです。

弁天荘全景夏

夜のこ肌寒い涼しさを、箱に詰めてお送りできれば、、。
なんて考えちゃいます。平成仙人の玉手箱かもしれませんね。
昔から、暑さ寒さも彼岸まで、といいます。
お体をご自愛ください。おやすみなさい。よい夢を。
- | -

宿泊料金の見直しについて検討しています。

弁天荘全景夏

昨日の反省会の記事とともに、今日は今後の宿泊料金見直しについての、具体的な細部に至っての検討を一覧表にしてみました。
まだまだよくよく見なおしてみるべきところもあり、シーズンとオフシーズントップシーズン等の3区画くらいで、分けて見直そうと思います。

私も年を取りましたのでそんなにめちゃくちゃ頑張れるわけでもなく。
宿のステータスやポリしいを、今更ながらに忘れてしまうようなことは、
やはり本末転倒だとつくづく思うからです。

しかしながら、経済力を放棄するわけにもいかず、個人経営の一枚看板の私が、働きつかれて過労死するわけにもいかず、、。
この春相次いで仕入れ商品も燃料費も値上がりに対して、有無を言わず、世の中の流れに流されてきました。

今後さらに各家庭に、消費税などの出費が収入増大の見込みなく、出費ばかりが、かかわっていく予測が成り立つ以上。
今後のお客様の動きに、こちらも対応すべき点がいくつかあるのです。

お財布は一つ、人数は大所帯。
犬は申し訳程度に同行。これではどこかに現実のひずみが出てしまう。
これが私の求めている宿ではありません。
二階客室若松
もっと豊かな心で。牧歌的なゆったりとしたリズム。

大自然の空気を感じてもらいたい。

一度でも泊まって私たちの宿の在り方やり方を知っていれば、ぐちゃぐちゃいう必要がないのではと思ってしまう。

限られた期間の限られた室数。せめて、普通に仕事をさせてほしい。
「何回も来ているのだからと、私たちは特別扱いをしてほしい」などと言わんばかりの振り回さないでほしい。
当館のお客様は70パーセントがリピーター。
お客様はあなただけではないのです。皆様、何度も来ていただいているのです。
トップシーズンの多忙気期には、至らないところがあるかもしれませんが、笑って許してください。
やんちゃなことを言って、わが家度のスタッフを振り回さないでください。

25-5-30花とレオン3枚目.jpg

お客様はみな大切な弁天荘のお客様です。
弁天荘に泊まる、初めての出会いのチャンスを、他の人にも譲ってあげてほしい。

日頃の便利な、日常から離れた、感性。
そんなものを提供したいと心掛けているのです。
日本全国広くの地域から、お客様がおいでいただいています。

犬たちの世代も代替わりしています。だから、新しいお客様との出会いに望みをかけさせていただきたいのです。
私がもっとちゃんとしたコンセプトを掲げて、しっかりした経営方針を打ち出すべきでした。
昨日に引き続き反省をして、考えをまとめています。

考えがまとまったらまたいずれホームページで発表いたします。
料金の見直しは全体的に値上げするというものではございません。

一部宿の経営に立って、不合理な料金を見直そうと思うのみです。
一部の常連客に、のみ、固定化するのではなく。
日本全国広くご愛顧いただきたいのです。
どれほどのお客様の数をお断りしたことでしょう。
本当に犬や猫をを愛する人々にお泊りいただきたい。
「犬よりも、私が、、。」という人には、あえて私の宿は私のものです。
迎合したくありません。
この先々も見据て私の思いのたけを書いております。
古民家の軒下より
では今夜も読んでいただきましてありがとうございます。

あんまり興奮してキーボードを打っているとまた血圧が上がりそうなので、
あっははー。今夜はこれでやめますね。
いつも私のブログを読んでくださって、ありがとうございます。
弁天荘のお客様になる前のお客様。いつかあなた様にも、出会えますように、、。
ではこんやはこれでおやすみなさい。
- | -

お盆休みの前後。「満室状態」御礼申し上げます。

今年は特に暑い夏休みでしたね。
年々熱くなっていく地球かもしれませんが、飛騨高山も昼中はとても暑い夏でした。みんな疲れてしまって、へとへとだったような気がします。
今夜はそんな夏に救いの風が吹いています。
昼間のほてりに、救いのような涼しい夜です。

庭先の風景

高山の町中を犬連れ観光して、歩くのも、とても暑くてたまらなかった事と思います。今年もジョンの家はゲージがゲスト犬で満席になりました。

宿にお泊りになるお客様も、宿で働くスタッフたちも、暑くてへとへとでしたね。寒暖差のある状態はよけい身体が、つかれてしまうものです。
朝晩は寒いくらい涼しくて、、。
飛騨高山も、昼間の暑さは連日太陽が照りつける、カラカラ天気でした。

8月20日の今日などは、とても寒くて。
先ほど、夕方にざーと30分ほど激しい夕立がありました。
やんだらすぐ涼しい風が山から下りてきました。
これですっきりしましたよ。

お客様がはしゃいでおられる声が窓越しに聞こえてきます。


「外はこんなに涼しいんだ。びっくりだわー。」「はやくそとへでてみればよかったね。」「虫の声なんかひーさしぶりに聞いた。」「おかああさーん。星空がすごいよ。看板から離れると、外は真っ暗だけどほしがいっぱいみえるよー。」
子供たちももう夏休みが終わりに近づいています。
いろんな思い出いっぱいできたでしょうか。
私は今年は特に疲れました。
来年はやれるだろうかと思うほど体がへとへとになりました。
ありがとうございました。
昨日はむりやりやり、午後から紺ピーターもすべて、止めてお電話でのご予約もすべてお断りして、お休みをいただきました。

きゅうりを食べるジョン

そして血圧のお薬をいつもの正常な時間に飲んで、ゆっくり眠りました。
叔母も昼間から眠りこけていました。
生も根も疲れ果ててしまったようです。

「ジョンの家」の犬たちも猫たちも、私が通ってもお義理のように、首だけ振り返ってねています。
起きてきて騒ぐ元気すら、なくなったようです。

あんなに他の犬たちを預かっている時や宿のお客様が外を犬連れ散歩して歩かれていた時に、命の限りのように、ほえきちぎって見せていたのに。

「あんたたちはどうして、こんなにはずかしいこなんだろうね。お客様の犬をお利口さん犬に引き立てるために、だめだめ犬をやってみせているのかね。はぁ、、。誰もいなくなるとこんなにいい仔たちなのに。おばか犬だねー。」

ちょっとわが家の犬たちに愚痴ってやりました。少し気が晴れました。
やはり犬は私にとって相棒です。つらいときややりきれないときのボソッと言うぐちまで、聞いてくれます。

人間疲れ果てすぎると欲も得もなくなって、仕事の責任や、お客様としてお迎えする気持ちもついて行かなくなります。
一日のスケジュールを無事まわってくれることだけを望むようになりにます。

7月25日からずっと走りっぱなしの、ぎりぎりのメンバーでした。
そこに、いちいち教えなければならない、アルバイトなどが入るともう余計忙しさが増します。そうは言えども、若いアルバイトは体力的にも、大事な戦力なのです。みんなで一生懸命走りました。全速力で走りました。

お盆のさなかの事です。スタッフたちの家族の、アクシデントもあります。。
毎日「今日こそは頑張ってアクシデントや、トラブルの起きないように。
苦情のないようにお仕事がんばりましょうね。」とスタッフみんなで話し合うのですが、、。なかなかうまくいかない日もありました。

弁天荘全景夏

働くメンバーの中に、新人が何人かいて、挙句の果てにベテランの、家族などが病気になったり、身内の不報などが届くと大騒ぎになります。とても現場が、やりくりつかぬ事になります。それでも無時やり終えたことはありがたいことでした。

いろんな事情で、ベテランが一人でもお休すみを取ってしまうと、裏方はてんてこ舞い状態になります。お客様にとって、いろんな至らない日もありました。
満室の長い連休の中には、いろんな日もありました。

今回の反省点として、いくつか挙げるとしたら、来年からは大きいグルーブの夕食はお断りしようかと思いました。
消費税も上がることですし、大グループ様のまとまったお支払いにお値段の割引間を付けて挙句の果てに口々に文句をつけられていたのでは。私の精神衛生上身が持ちません。飛騨は海はありません。刺身の類は当館では極力出さないことにしています。だから男の人が、どんちゃん騒ぎをしてお酒を飲む宿ではないのです。
酒のつまみに類する料理はありません。

そして連休や多忙期と、わかっていながら、スタッフを振り回す方は、記録しておいて来年からお断りすべきと思いました。宿にそぐわないお客様にはお泊りいただけない。顧客管理もすべきです。
どなた様にも広く一定の距離を置いて、皆様に快くお泊りいただくためには、致し方ないことなのです。毎年来ているわがままには、多忙期の対応はご要望に沿うこともできないことがあります。

私も老後楽しんで仕事をやっていきたい。無理して迎合は致しかねます。
ご縁を深めていくべき人間性にも、格差ありすぎます。
収容能力の制限をさらに狭めて、今年の秋から食事を食べられるお客様は、夕食は30人以下にしてしまおうと思っています。

〇犬も猫も何頭でも無料です。これはどなた様に対しても同じ条件です。
〇宿泊記念写真も無料です。
〇オリエンテーリング参加お宝くじ引きも無料。
〇無農薬野菜収穫体験も無料です。
〇ドックランも無料です。

いわゆるお客様がいかに犬の散歩をこまめにできるようにとの配慮から始まったものでおまけのおまけなのです。
弁天荘の肉はとてもいい部位の飛騨牛肉を使っています。
仕入れにとても根が張ります。


これから消費税も上がります。
基本支払額は16225円ということになります。
その計算方式で行くと13650円の4名以上の方の宿泊代が1人9000円
素泊まり料金プラス夕食朝食です。
すると朝食は1500円として夕食は2500円の該当となります。
なんとに明白でお泊りのお客様との差額が4名泊のお客様では2500円もの差額が生じてしまいます。そして大人数の人こそ大勢の勢いで苦情の石つぶて。

これでは宿をやっていく気持ちが和げてしまいます。
私はもっと喜んでもらえる、本当に犬が大事で好きな人に泊まっていただきたい。

「犬よりも金を払う人間を大事に。」これは私にとって
「あんたは客ではないお金はいらないから私の敷地内から出て行ってくれ」
と言いたい。ぐっと我慢して、世の明けるのを待ちました。

サムエノオカミ

大広間に一堂にお集まりいただくのではなく、食事個室を作っての対応です。
当館の人件費および仕入れなどの経費は、夕食を5000円は頂かないと提供できません。宿でゆっくりするということは曾遊料金です。ファミレスで靴を履いたまま食べるものとは違うと思うのですかが、、。

だから、弁天荘にはいろんなプランがあるのです。
これ以上ご容赦願いたいという、こちら側としての回答です。

にわの紫式部

ただし、ないものねだりの期待しすぎには、どうか弁天荘を選ばないでください。
わたしは犬や猫が好きでやっています。ごちゃごちゃうるさい人間は、好きなのではありません。私のストレスとお金と引き換えにしても納得いかない筋合いです。

私の方針をもっとはっきり出すべきでした。
女将である以上お客様も大事ですが、働いてくれるスタッフも大切です。

レオン二代目を名乗ります。

数ある宿の中から、弁天荘を、喜んで選んでくださるお客様もいらっしゃるのです。
その反面。最初っから最後まで、手におえないお客様もありました。
私どもとしても多忙期には限界があります。

来年はもっとご予約いただく人数に制限をかけようと思いました。
あまりにもたくさんの人数の夕食は無理です。

で来ません。おいしいものをお出ししできる自信がありません。
ここは山です。肉と野菜しかありません。

海の生魚はお出ししません。
飛騨牛のAー5のステーキ肉はとても高価な仕入値段です。
1泊二食付12000円ではとてもお出しできません。

料理がその場で選べるなんてバイキングの宿ではありません。
ステーキ肉はプラス何千円か出してもらわないと仕入れができません。

その場でチョイスできる、そのような、スタイルが好きなら、弁天荘は選択肢から外してください。お皿一枚持って立ったり座ったり。
そのやり方は個人的に、私は嫌いなのです。だからしません。

私は自分のやりたいやり方で宿をやっています。

居直りでも何でもありません。

でも、喜んでくださるお客様のために、しばらくはやるつもりです。

弁天荘が、お気に召さない方までも、お引止めをしてお泊りいただこうとは思っておりません。
苦情のすべてにお気に召すように、対処するコンシェルジェの宿ではないのです。


私も隅から隅まで目の行き届く体力はなくなりました。
あしからず、よろしくお願いいたします。

ヒダコシヒカリ

無理をして宿の夕食を取っていただなくてもプランはいろいろあるのですから。
回転ずしや、焼き肉チェーン店。餃子のチェーン店。ファミリーレストランののチェーン店。高山市内にはいろいろあります。

私の宿には私の「お母さん料理の家飯が食べたい」
という人だけがお泊りいただきたいのです。

オフのころのゆったりとした待遇と、この戦場のような10日間も続いた、
満室状態を理解いただけない、リピーターのお客様もあったようです。
とても残念でした。
どうぞそのようなご希望の方は込み合うときは避けられたほうがよいかと思います。


「とてもよかったよ。わが家の犬たちはのびのびと過ごせました」とか「弁天荘に泊まれてよかった、この仔も年ですから。」とか言っていただけたのも事実です。
「いろんな評価がある」のだと本当に感じております。

そういうお客様がいらっしゃってこそ。
ペットと泊まれる旅館なのです。

私はどこにでも泊まれる人間のためにこの宿を続けているのではありません。
難しい専門旅館を頑張って、掃除したり、地元の郷土料理をお作りしてだしたりしています。犬と楽しい思い出作りをしてもらいたいからです。

お客様から励みになる言葉も、たくさんもらいました。
ありがとうございました。

苦情の中には、「何度も利用しているのに。この宿のリピーターなのに。いつもの部屋ではない」とか。
「前、きた時はもっと料理が良かったとか、、、。」いろいろでした。

ドックランへのご案内板.jpg

肉も野菜も変わらないのに。
どこかの宿と間違えて、ご予約なさったようなのですね。
お値段がそれなりに違うはずなのですけれども。

「板前がいない宿だなんて、初めて知ったとか、、。」
長年やっていて、その言葉に、こっちが、びっくりです。

「畑に行ったけれど、なすしかなかったとか。スイカは重たくて、持ち運べなかったとか。トマトが赤くない。きゅうりが大きすぎる」などなど。
おまけのおまけにまで、文句をつけられて。半ばあきれてしまいました。

サービスのおまけだということを、すっかり忘れてしまっって、いらっしゃるお客様。何度も来ているからこそ。
「どうしてそんなことを言われるの」とこちらが言いたくなりました。
わがままをおっしゃる、それも「母さんへの甘え」でしょうかねえーー。
困ったものです。今度から、そのタイプのお客様は、込み合うときはご遠慮申し上げますね。わたしがおはなししている、ひまがないのでごめんなさいね。

そんなわけで、今年の夏は暑さで、わたしは疲れ切りました。
動物専門旅館の夏バージョン「宿屋奮闘記」でした。
気が付けばもう小さい秋が始まっています。

一番絶句してしまったのは、「朝では、ほしいものが他の客にとられてしまうから、今行きたいと夕方の夕食準備に追われている時に野菜とりバケツを出してよこせ」とおっしゃる方もいた事です。
朝、雨が降りそうだからというのならともかくとして。
スタッフが、困って私のところに報告してきたので、
お客様のおっしゃるように、「お好きなようにしてもらいなさい」と
指示を出してた。

「犬を飼っているお客様」の心まで、最近の社会はこんなにつかれはてて、ささくれだってしまったのですね。社会がすざんで来た証拠ですね。

私は、人々の心が、豊かになっていない事。そのこと事態をを憂いました。
お金よりも何よりも、心が豊かであることが一番なのです。
そのための犬や猫なのです。

やさしい人間であるために動物から見習う心なのです。

確かに、お金も大切です。なくては回っていかない社会なのです。
それは事実です。しかし。あまりにもショックでした。

犬を飼い続けている人は、情け深く、思いやりがあって根本的に、優しいのです。私もその一人だと思って、自負してこの宿を続けてきました。
でも、信じられないようなお言葉をお客様から頂いて。
少し迷いが出ています。そんな思いまでして続けるべきなのか、、。

今夜は夕涼みが素晴らしい。
涼しいというより寒いですよ、、。
こんな日ばかりだ゛ったらお客様の心もいやされたのかもしれないのにね。
と思います。

ドックランのこすもす咲きました。

あと少し洗い物を手伝って今日は仕事終わります。
今日は超満室ではないけれど、ほぼ部屋はすべて埋まっています。
半分のスタッフが休んでいます。
少ないスタッフでもスムーズに仕事が終わりました。
8月24日の土曜日にはまた部屋がかなり埋まっています。


あともうすこしです。
がんばりますね。

お客様になっていただいた方も、まだこれからご縁をいただく方も。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
おやすみなさい。よい夢を、、。
- | -

暑い日が続いています。

飛騨高山も山に囲まれた盆地ですから暑いです。

上三之町
世界遺産の白川村も深い山底みたいなところなので暑いです。

名古屋や多治見よりもずっとましだとお客様は、おっしゃいますが。

地元で育った私は涼しい夏を知っていますのでろ、高圧さが続くと青菜に塩の状態です。参った参った。
畑はここの所、毎日雨が降らないので大きなナスが、とってもたくさんできました。
スイカもごろごろしています。

ずっしり重いスイカ.JPG

ポンポンと叩いて、音が軽い感じだったらオッケイ。
スイカのそばの巻きひげがかれていたらとっていいですよ。


バケツにはナスとかしし唐とかを入れてスイカは、別の人が掲げて持ち帰ってください。何しろ大きいですから。
いろんなことが夏休みの思い出6時ころから皆さん畑に遊びに行って楽しい悲鳴が聞こえてくる。
私は今年も大成功だ畑は頑張って作って行かった。
めでたしめでたし。
「ここ掘れれわんわん」子供たちが、ジャガイモ堀に夢中になっている。
マイビーチならぬ、マイ農園なのだから。
お客様が楽しんで喜んでくださればそれでよい。
今日も満室。お盆前後ですもの。毎年のことなのですが、、。

岩魚 骨酒.JPG

夜は忙しいのでブログを書いている時間がありません。

そんなわけで今日はここまで。
いつも私のブログ読んでくださりありがとう。
   女将の 森 和歌子より
- | -

海抜の高さの気圧の差にお気を付けください。

弁天荘ジョンの家から見る前景.jpg

さすがに今日あたりから、忙しさが続くことと、暑いのが、体に答えます。
なんといっても今年は「富士山が世界遺産」に認定されたことから、
「山岳観光登山」が流行りのようです。
山へ行くことを目的となさる、車の行き来が、多くなってきました。

乗鞍岳も上高地も新穂高ロープウエイも、飛騨高山、旅館弁天荘から、一時間ちょっとでいけます。
気軽にいけるのですが、山から下りてくると気圧の変化に耳が詰まったようになったり、しますので気を付けてください。

24-10-21 029遠くに見える乗鞍岳.jpg


3000メートル級の山は空気が薄いので、気温も違いますし山から下りてくるときは十分な休憩を取って道路を運転してください。
ほうの木平駐車場から乗鞍岳行の乗り合いバスに、乗り降りいたします。
「ジョイフルほうの木」は天然温泉ですので。
温泉に入って気分をさっぱりするのもよいですね。

特にご来光を見られるために行かれる方は、山に降り立つとマイナス一度から5度くらいです。

よくありがちな気温なので、くれぐれもアノラックの一枚くらいは忍ばせていかれるとよいかと思います。
風を通す服装では危険な日もあります。
下界と同じような服装では、山岳を吹き抜けてくる風から
体を守ることができません。
それほど海抜の高い山は変化の激しい場所なのです。


だからこそあの雄大な景色や、天然記念物の生き物や動物。植物など。
様々な山岳でしか見られないものも体験できます。
特に乗鞍岳は乗合バスから、降りるともうすでに8合目です。

すぐそこに見えるコロナの天然観測所や頂上の剣が峰までは上に行くほど100メートル歩くだけでも息切れして、平地の感覚では登れません。
そんなわけで下界に降りてくると、体がだるくて。
暑さがよけい強く感じるのです。
でもそれもこれもたいけんのひとつかもしれませんね。

夏のドックランボール遊び用.jpg

今夜も夜のキリギリスが羽音を鳴らしてています。
犬たちは、日が沈んでから涼しくなった夜の散歩。
喜んでついて歩いています。
わんこ達にとってはとてもうれしいかぎりですよね。

甘えん坊のジョン

引き綱を持って夫婦二人で夜の散歩で星空を眺める。
平和でのどかでほほえましい光景が続いています。
「ジョンの家」で私の飼い犬「あほなレオンとジョン」が騒いで吠えていますが。音はやかましいですが、気のいい犬なのです。

25-5-30花とレオン3枚目.jpg


ここしばらくは、遊んでやる暇がないので、仕方がありません。
ジョンの家のそばを通ると大騒ぎをして吠えますがごめんなさいねーー。
そして、国道158沿いに面している弁天荘の前の道は観光道路といっても夏は車の通りが多くなります。制限速度を超えたスピードを出して走る車も多いので、散歩などの犬連れの移動には、児民家の軒下などをお通りください。
夜は懐中電灯があったほうがよいです。
玄関にも、常におしぼりと一緒に用意しています。
遠慮なくお使いくださいね。

旅館裏の道路の常夜灯から、少し離れた暗い場所。
何もないところの道まで行くと、素晴らしい夜空が待っています。
天の川がとてもたくさんの星屑でいっぱいになっています。

よいお天気が続いていくと、よいですね。
今夜も弁天荘のブログを読んでくださりありがとうございました。
では今夜はこれで。
- | -
1/2 >>