乗鞍スカイライン開通しています。

乗鞍スカイライン開通しています。まだ深いところでは3メートルもの残雪の雪の壁です。
朴ノ木平スキー場の大駐車場から、乗鞍スカイラインを乗り合いバスで
簡単登山するコースはいかがですか。
乗鞍岳にバスで行くのかなどと簡単そうに思われますが乗鞍岳の8合目まで登れる3000メートル級の山は乗鞍岳。景色の素晴らしさ。
海抜の高いところは気候も違います。
なかなか経験できないこともあります。高山植物の群れの中を観察しながら歩いたり、透き通るような火山湖。五大湖を眺めたリ、トレッキングの山としてはとても多くの人々が意外に軽装で言ってこれる山なのです。
真夏でも朝方はマイナスの世界です。
だから残雪ではスキーを楽しんでおられる人々もあります。

上着はしっかり風邪を通さないヤッケまたは、ビニールかっぱのようなものがあるといいですね。

話は変わりますか明日は雨が降るようです。隣の田んぼで帰るがころころ泣いています。オスがギゃクギゃクメスを誘っています。
おだま杓子が単へぼの中で育つ季節です。
のどかな季節ですね。もう一年の半分ちかくのところまで。
時がながれたのですね。
「もうすぐ、春ですねー」なんて言っていたら、春がにぎやかに過ぎ去り、もう初夏になります。
今日はお向かいのこいのぼりも風邪がなく、曇った空にしょんぼりぶら下がっていました。

私の畑の野菜の苗たちも、成長してきました。
少し筒大きくなったものから畑に移動です。
今年はスイカもカボチャもトンネル仕立てにします。平ササゲのモロッコもきゅうりもトンネル仕立て。
白雪南瓜の大南瓜はすこし離れたところに植えようかと思います。
ズッキーニや黒ナスやホワイトトーモロコシ。ピーマン大玉スイカもそろそろ畑に植えて大きく成長してほしいものです。
気になるのは今年の梅雨のエルニーニョ現象。長雨はあまりうれしくありません。


やはり路地で作る野菜は、ハウス栽培と違って天候が一番大事です。太陽の光と風と適度な雨。これが大切なのです。
お客様がもうすでに野菜収穫を楽しみにご予約いただい酢ています。
7月から9月までの間収穫体験ができます。バケツにいっぱいまで豊富な野菜畑の中からお好きな野菜を何でも収穫してください。その時その時の収穫時期がありますのでジャガイモ。きゅうり、ズッキーニ。モロッコササゲなどはは7月頃。とうもろこし、スイカピーマン黒ナスなどは8月。サツマイモ飛騨ねぎ白雪南瓜などは9月頃です。10月には飛騨高山には霜も降ることがありますか、

楽しみに収穫時期の適切な野菜は宿のロビーにはりだしておきますみ。野菜は夕方でも朝でもご自由にお取りください。一家族バケツにいっぱい家族は手に持てるだけとします。バケツに入れてあとは手に持って家族でみんなが収穫の楽しみを味わってください。

長雨が続く日は畑には、ご遠慮ください。なぜかというしと野菜の葉についた梅雨でかぶれることもあります。雨降りに多くの人々が収穫ばさみを使われることは、やさいのつるを痛めたり、また畑の中にばい菌が繁殖する原因にもなります。


もう2か月もすれば楽しい夏が始まります。
他ではできない弁天荘の恒例イベントをお楽しみください。
お早めに飛騨高山の旅をご計画ください。
- | -

飛騨高山きょうのお天気は小雨

静岡から見えたお客様です。
「高山とは、1か月くらい気候ががちがうようですね。」
とおっしゃいました。

のどかな田植えの季節

今日の高山は午後になって小雨が降ってきました。
昨日と打って変わって、今日は肌寒く昼間で13度の気温です。
上着があって、ちょうどいいほどです。半袖や春のオシャレ着では凍える寒さです。お部屋にはまだ暖房機が欠かせません。
暖かいということは心をほぐしてくれるものです。
寒いということは信じられないくらいに、心細くなるものです。
飛騨高山にゅうかわ地区。
さくらが咲いてようやく散り始めました。

スズラン自体はまだ咲いていません。
芝桜もまだです。ちうりっぶも水仙も咲き終わりました。
ワラビがそろそろ取れています。
高山の町の中を歩いて、すっかり寒さが身に応えたようです。

ドックランのそばのエゾぶきがざわざわと、5月の風に揺れています。
スッカリ蕗畑が定着してくれました。さすがに北海道の植物も手移築するほど寒いのですね。ドックランのそば。
私が5年前、昔からあった土手のエゾ蕗の株を、植え替えておきました。
今ではとても大きなふき畑になりました。
ニシンと炊き合わせるとおいしい食材になります。

エゾぶき

お客さまにも、夏の無農薬野菜収穫までの間。お持ち帰りお土産として、喜んでもらえます。
なかなか山菜として山に行くには大変ですから。
周りの畑でいろんな山菜がしうかくできれば、簡単で便利なことです。
今夜も読んでくださりありがとう。では簡単ですが今夜はこれで。
気温の差に風邪などひかれませんように。おやすみなさい。
体調管理に気を付けてください。
62歳女将
- | -

新緑の季節です。

src="http://www.bentenso.com/blog/img/img223_file.jpg" class="pict" alt="甘えん坊のジョン" title="甘えん坊のジョン" width="480" height="361" />

新緑の季節です。
朝から明るい日差しに思わず日焼け止めクリームを塗りたくなってしまいます。
種まきもようやく終わりました。
お花の種もまいてあとは苗が大きくすくすくと育つのを待つばかりです。

らくてんよう写真「大」小川の湯.jpg

わが家には小さな子供がいないので、川向うのお向かいのうちで男の子が生まれたたようですね。
五月晴れのかぜを受けて青空に大きく泳ぐ、こいのぼりを、眺めています。
子供の日の男の子の節句も飛騨版こどもの日は、6月の5日。
まだまだ、かわいい菖蒲です。しょうぶ湯にしてお風呂に入るのはやはり6月のことです。野にある菖蒲はまだまだ小さくて、かわいそうなくらいの草丈です。
それだけ飛騨はさむいのですね。

もう一か月もすれば香りのよい菖蒲湯にできることでしょう。
すくすく育って元気な子になーれ。
昔はどこもこいのぼりが競争して泳いでいましたが。
今ではすっかり子供の少ない山里に、珍しい、青空を泳ぐこいのぼりとなりました。


ワラビ

そろそろ山の中のつつじも咲き出して、ワラビやこごみの山菜が取れる頃でしょうか。山菜の取れる時期は、すごしやすい気候になって、緑の山々の間を通り抜けてくるかぜはとてもさわやかです。
お客様の流れも、数的には少なくなりましたので、この季節夏の連休までの間の時期においでくださる、お客さまには丁寧なおもてなしができる季節です。

先日の連休疲れと、朝昼晩とあまりにも寒暖差がひどいので、体が冷えてしまったのでしょうか。私は腰の痛みがひどく。少し動いては唸っています。

山菜取りに山に出かける元気もありません。
なかなかやぶの中をかき分けて傾斜のきつい簿谷しがみつかないと、ワラビもぜんまいも取れないものです。
私が元気で山猿のように山の中をかき分けて山菜取りに夢中になっっていたころ。

タケノコも山ウドもワラビもタラの芽もみんな山のごちそうとしてお客様に振舞うことが楽しみでした。
でももう私は体が平たいところでも、やっと出歩いています。
昔のように元気で走り回ることはできません。

それでも遠くからお尋ねくださるお客様に、今の季節の今の物を
お客様の食卓におだしはしたいのです。
宿の周りをひとまわりしていろんな山菜を摘み取ってきました。
この宿がある場所事態が山なのですもの。以前にこんなことになるとは思いもせずに移植して植えておいたものが今役に立ちます。

ドックランのそばのエゾふうきもおいしくやわらかな大きな葉っぱを広げてきまし
た。にしんとにるのがいちばんおいしいですよね。

白黒猫のクロちゃん

今夜は天ぷらにしてお出しする予定です。
では皆様今の季節は、いろんな山の幸がおいしいです。
お待ちしています。弁天荘は場所的に、ほんの少しの距離から、温泉水脈にはずれていますので、お風呂は真水の沸かし湯なのです。
だからお客様は何度かいらっしゃっているうちに奥飛騨温泉に入ってから弁天荘においでいただくお客様が多くなりました。

それも口コミという、お客様同士での暗黙の了解というやつなのでしょうか、、、。

新緑の「平湯温泉神の湯」に入って「平湯の森の露天風呂」に入って、弁天荘の飛騨牛の夕ご飯食べるのは、旅の醍醐味なのだそうです。
これはお客様がおっしゃった言葉。それはいいアイディアかもしれません。

平湯の露天風呂の料金は600円くらいのものなのですから。
いつまでも体が温まって、神経痛や体の冷えなどの痛みの緩和など、温泉効果があります。
連休疲れのためか、腰が痛いので、私も行きたいと思っています。

いつもありがとうございます。では今夜はこれで。
明日は母の日なので、ヨモギのおもちを作って
亡き母の仏壇に供えようと思っています。

裏方で頑張っています。
僕はレオンです。今夜はこれでおやすみなさい。
いつもジョンノ家のそばを通るお客様に、わんわん吠えてごめんなさい。
僕はこれでもお母さんを守っているつもりなんだけど、、。

僕はレオンというんだよ。
- | -
1/1