朝から晴れて気持ちの良いお天気です。

弁天荘中庭

今日は朝から晴れてすがすがしいほどに碧空。
とても気持ちの良いお天気です。今日のお客さまには、鵜殿派とヨモギでてんぷらしようと思っています。
久しぶりの昨日までの雨は、大変な量降りましたので、畑が乾いてなくて畑仕事は無理です。

育苗ハウスの中の種で巻いた南瓜やキュウリは目を切りました。
きゅうりはチョキ、カボチャはパーです。
南瓜は丸い2枚葉が黒ポットの中から顔を出しています。
見ているだけで飽きないものですね。

調理室器具の磨き

フライヤーの掃除に精を出しています。天ぷら油も長い間入れ替えていないと周りも油がこびりついて大変です。フライヤーの油をぬき替えてしばらく空にしておこうかと思います。次フライヤーを使う時に新しい油をためることにします。
調理室の掃除は、なかなか根気と手間や暇かけて管理しないとだめですね。
特に山菜のてんぷらは脂が新しくないと難しいものです。

連休が近くなりましたのでこまごまとその準備に追われています。
ぼちぼちと、がんばりますね。
きょうもわたしのブログにお立ち寄りくださりありがとうございました。

6月のさわやかな晴れ
- | -

今日は朝から。小雨が降り出しました。



シャブシャブ鍋食事

4月だというのにいきなり
25度だとか、28度だとか真夏のような日が続いていました。
飛騨高山の面積は、とても広く。寒暖差の多い気候の土地柄です。

乗鞍岳にはまだ雪が残っており、傘が岳も槍ヶ岳も青い空に真っ白な山の稜線がとても美しく見えています。

でも、今日はとうとう小雨になりまして。
お天気の崩れは明日あたりはよくなる傾向だとか。
連休は晴れのひがが続くようです。
お天気の良いのはうれしいですよね。

わが家の犬たちでさえ、雨降りの日の中には散歩も嫌がります。
軒下の壁際を行ったり来たりです。そんな風にして、ようやく用を足します。
この雨がやむとワット待っていたように雑草が生えてくるのです。
ワンちゃんたちの事を想えば、除草剤も負けないし。
困ったなーと思っています。

桜の開花

話は変わりますがドックランの外のエゾぶきがまだ少し小さいですか、柔らかくて食べごろになりました。先日ゆでて皮をむいて、シーチキンと一緒に。砂糖みりんお醤油出しの素でに漬けましたが、美味しかったです。
この連休中、「山菜をほしい」と思う人は。無料ですので。
自由にはさみなどで。蕗の葉も切り取り蕗の根元から切り取ってじくのみを、お持ち帰りください。
「飛騨の春をお土産」になさってはいかがでしょうか。
朝でも夕方でも鋏をお貸ししますので。お申し出ください。
スーパー袋に10本か15本も取れば、どんぶりにいっぱいの蕗が、食していただけると思います。

乗鞍岳

海抜が高い地域なので、先月やっと雪が゛解けました。
寒暖差も多く、高冷地野菜はまだ畑に移植していません。

未だ無農薬農園の野菜はトラクターを入れたばかりですので。
畑のおじちゃんたちが畝を作ってマルチシートを引いて少し筒作業を進めますので今年の野菜収穫は7月からですのでお楽しみにお待ちください。

やっと桜の花がこの雨で散り始めています。
これから遅咲きの山桜が咲いてくることでしょう。

思い出のアルバム

私の播いた駐車場の小さな育苗ハウスのきゅうりやカボチャの種が、順調に芽を切りました。
これからますます苗の管理が熱さにやられてしまわないように、毎日が油断できませんね。
今年は農業倉庫のそばには遠くて水やりが大変なので。ジョンの家の玄関そばに育苗のための、ビニールハウスを組み立ててもらいました。
私が種から播くのは無農薬にこだわった事へのこだわりです。
立派な苗は農薬散布まみれの苗も、販売してあります。
でもそこは心配なので。


土がつかないもぎ取り野菜農園

私のこだわりかもしれませんが。種から育てることにしています。
6月半ばまでが最終植え付けです。
きゅうりも黒ナスも、ズッキーニも最盛期には、生産調整もままならず。大きなお化けキュウリや、お化けズッキーニが多くなり。
困惑することでしょう。


ハウス栽培の物よりも、露地物野菜は、天候に左右されることも多く、今年の夏も暑そうなので。野菜の高騰が見込まれます。
無料の収穫体験で無料の野菜お持ち帰りお土産なのに。
散々苦情を言われることもあり。

畑のおじいさんたちを雇い、給料をはたいてのおもてなしの弁天荘ならではの、
おもてなしの真心なのに、唖然とすることもあります。

宿の古さも含め、庭先の草取りができていないことも含め。
仕入れ値ですら100グラム2000円程度する、飛騨牛を惜しげもなくかけ値無く提供していることも含め。
無農薬野菜の収穫や畑の、ペットとの宿泊、思い出写真の掲示提供。
無料お持ち帰り写真などなど含めて。
それが犬が大好き猫が大好きの「ペットと泊まれる旅館弁天荘」ですので、その他もろもろ。よろしくお願いいたします。

65歳の私

ではでは4月28日から始まります、五月の連休。
楽しくお泊りいただけますように。心よりお待ちいたしております。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
- | -

暖かくなりました。梅が咲きました。


ドックラン27年

旅館裏の梅畑の梅が咲きました。
桜の木の枝のつぼみもかなり色づいてきましたので
来週あたりには開花するかもしれません。
さわやかな一日です。ちょうど良い暖かさの、春の気候です。
高山祭の4月14日のお部屋も後わずかとなりました。ぜひご予約くださいませ。

床下で凍結破裂していた水道管の修復工事も。昨日からの水道工事も職人さんの、二日がかりで終わりました。
水道メーターのまわり方がほとんど止まりましたので。ホッとしています。

裏の梅の木も咲きだしました。
桜の花も色好きもうすぐ咲くのが待ち遠しいです。
畑のおじちゃんが、今日はくずのふじづるをカマで切っています。
今年はサツマイモを少しだけ作るつもりです。
イノシシ除けのフェンスの中もトラクター入れてもらうことにしました。
もぎ取り農園はいつもの下の場所にきゅうりやモロッコササゲやかぼちゃなど、ナスもいつも通り作ろうと思います。

枝が折れても咲いているさくら

蝦夷ぶきの畑をもう一枚。
増やす予定です。エゾぶきは5月の半ばから6月にかけて収穫できます。
山菜の澤ふきとも違い。
大きくて香りが強く柔らかいので、ニシンや鰹節の出しなどで煮込むとおいしいものです。エゾぶきはドックランのそばにあります。大きな蕗の葉が目印ですので、自由に切り取ってお持ち帰りください。たくさんありますが、5本も刈り取られれば充分楽しんで食していただけるものと思います。

みょうが畑はドックランのそばに植えっぱなしで。3列ありますので自由にお取りください。
秋みょうがなので8月のお盆過ぎあたりが収穫できます。

ねぎの種はまきましたので、6月頃には植え替えになると思います。
農地があれば農地を管理するお金が必要になり。大変なのですかが人生の楽しみはお金ばかりではないので。着てくださるお客様の子供たちや。散歩する犬たちの無農薬の場所を提供して行きたいので。
農地委員会は。「耕作放棄地の対策に税金は地主個人で払って。無料で借りて稲策をしてくれるとのことです。補助金稼ぎの仕組みです。私はそうゆう事には参加したくないので個人での保全に努めます。
役員の人が説得に着ましたが、はわたしは、私の生きているうちは税金だけ支払って耕作権を放棄して戸いうことですね。
「国からの補助金は集落に寄付せよ」
などという話は納得できないと言っておきました。世の中に、また一つ。
敵を作ったの科かもしれませんが、、。何を言わんかです。

ヨモギが出ています。

そんな鯉不倫な話があるものでしょうか。
何がどうなるかわからない時代。
土地は、わずかな税金と言えども、先祖代々持ち続けてきたのですから。
私は子供には縁がなくて、生み育てることはしませんでしたが、弁天荘が子供のように育ててきましたので、建物事すこしづつ老朽化していても。
建物として安全なうちは細々と営業していたいのです。
身体もやっとこさっとこで動いていますが。
「御身体を大事に。またお会いましょうね。そういって玄関を出て行かれるお客さまに本当にありがたく感謝していますので。

世の中は合法的に理不尽なことが多いものです。

なぜかというと弱くなっていくと考えられないようなことが起きるのです。
お隣の集落の役員さん達 ̄が、子供たちの通学路への歩道が作りたいけれどお宅の土地が間に入っているので協力してほしい。との事。高山市が買い取りの責任を持って進めているという。
雑種地なので一坪700円×総面積という事でした。

700円は寄付してくれというようなもの。
農地も畑の作物には補助金がつかず、水田には補助金がつくのです。
この地域で水田と言っても結局耕作組合が発足するだけで。儲からない水田の稲策では地主への時代も払えないという事でした。
無償で延々と貸しておくなんてことはできません。
だからお断りしました。

フキノトウが出ました

後は私の生きている限り、細々と楽しみに畑のナスやカボチャや、きゅうりの種まきでもして畑で働いてくれるおじちゃんたちがいる限り。
お客さまに楽しんでもらおうと思うのですよ。
春の穏やかな光の温かさのように。弁天荘がペットたちに暖かく接してあげられれば、私の生きがいになりますから。

色んな困難なことはありますが。穏やかに暮らして行ければ、ありがたいですね。
まだまだ気の抜けない暮らし方をしなければなりませんが、頑張って少しづつ前に進みたいと思います。
- | -

冬が寒すぎて、館内のお湯の水道管が大変なことに。

水道は、まだよいのですが。
お湯の配管は、建築後。何十年かするとダメになるようで、設備屋さんが三人がかりで一日中対応修理していましたが。
配管の複雑さにお手上げ。
明日も、別の場所をほじくってお湯の配管を、探り出して対処するようにするからとの説明を受けました。
建物の正常化を図って、常にきちんとした管理をすることは、経営者としての必須義務。おとこでのいない気の利いた旦那様もいないすで(他界して10年余りがたちます。)女ばかりの女将旅館なのです。
最近建てた、新築の旅館ではないので。
もうすでに30年点検を迎えて、床下の水道管の事まで頭を悩ませなければならず。なかなか大変です。
そんなわけで今日は設備屋さんが床下をくぐっての設備修繕をしています。

なんか頂戴レオン

10万キロのボイラー自体もあまり水量や水圧の、勢いをつけるシャワーにするとボイラー自体が、壊れてしまいますので。
わたしの身体と同じで。老体にムチ打ち恐る恐る動かしています。
でも宿屋が好きで犬の宿を作ったのですから。
何かと物入りなことの多い現実ですけれどめげずに。
昔ながらのお客様が訪ねてくださる限り、がんばろうと思っています。
今日は春霞のような、考査が混じっていたのでしょう。
すこし黄ばんだセピア色のような午後でした。暖かい気温で汗ばむような一日。
明日も晴れるそうです。穏やかでありがたいですね。
今年も晴れるそうですよ。
JAのアグリに。耕作放棄地にならないように。
保全のためのトラクターを入れてもらうように依頼しておきました。

いろいろな作業を進めて。海の日の頃までには畑のもぎ取り農園の野菜も収穫できるようになることでしょう。
4月31日にお泊りしてくださった後家族の、小さなお嬢ちゃんが。
もぎ取り農園はいつからですかと尋ねてくれました。
これからトラクターを入れていろいろな種まきするので。
「7月の海の日までには、いろいろ作っておくから。その頃また来てくださいね。」と小さなお嬢ちゃんと、お約束しました。
それもこれも本来の宿屋の仕事からの延長ですが。
みなさ家が、そんな宿の事を楽しみにしてくださることは、私にとっての楽しい事の一つです。幼稚園児の頃から来てくださるお客様が、やがていつの間にか。
小学生さんだったり中学生さんだったり。
ご家族様の成長を見ながらあどけない子犬がどっしりとした落ち着いた犬になって行く様も見られることが。とてもうれしいです。

思い出のアルバム

皆さん楽しみにしていてくださいね。
きゅうりとか那須とか。
ズッキーニとか。カボチャとか穂高ササゲとか。
モロッコササゲもおいしいですよね。
ピーマンや種まきから対応する予定です。トマトも作りたいですね。
一と時期に収穫期が始まってきゅうりなどはあっという間に大きくなってしまうので、品種ごとに。
黒ナス植えました。


少しづつ作って行きたいものだと思いますが。
天候とのこともありますのでお天気次第ですね。

山菜のてんぷら

でも楽しみにしていてくださいね。畑にもがんばります。
- | -
1/1