カード゜対応の準備

桜の開花
「サクラはまだ咲いていません。」

国は今度の10月の消費税値上げに対してカード対応でなるべくなら、キャッシュレス商品の売り買いが進んでほしいと願うらしい。

「にこにこ現金払い」という言葉は死語になるというのだろうか。
カード会社が売り上げの5パーセントを取扱量として取るということはご存じだろうか。支払われるお客様には手数料としてかからないのだが。とどのつまりそのカードでお支払いを受けるということは少なくとも5パーセント引きの入金しか宿の仕事の対価がなくなるということで小さい金額ならまだしも。
一泊二食付で15000円の宿泊代だとすると二名でまられた場合30000円になる。わが家は消費税別というやり方を取っているのでカードで支払いたいとご希望されればその段階で1500円のお取り婦扱い手数料が発生することになる。


つまり15000円の2名で1室ご使用のお部屋で食事つきとなると、28500円の実質対応となる。そして今は8パセントの消費税だが10月から10パーセントということになるというとお支払いになるおか客様の感覚は33000円。1500円プラス3000円。

つまり4500円という金額はお支払いの感覚から実質の感覚の中身がますます差がついてしまう。「それでもカード対応でしてほしい」という国の推進らしい。
コマーシャルをテレビに流すだけでは飽き足らず、民間のカード会社の営業マンらしき人が横苦も無く、2、3人と組んで個々の商店や、こんな田舎の宿にまでキャラバン隊のようにして出向いて勧誘に回っているようだ。「ジョンの家」の犬たちが怪しい者たちが歩いているとけたたましく騒ぐ。
しつっこく宿のインターホンを押すので。叔母が出ると〇〇ペイの者です。
○○さんの所でもご対応いただいています。お宅もいかがですか」と言ってきたらしい。「〇〇さんの名前を出して着たが紹介の電話も入れてないし。うちは結構ですと断ったよ」いっている。そうそれは正解かも知れない。
飛び込みでセールスマンが廻る地区としてはやりにくい場所ぶろうと思う。

カードも利用できます。

わたしの宿はカード対応は30年ほど前からクレジット支払たい尾はしておいた。
だが早過ぎたのか一向に使うけしらいはなく、認証を取るのが面倒な時期もあり。
換金すら手間取る時期もあったので困っていたので。あまり力を入れていなかったのだが。外国人が高山にやたらと多くなってきてからはカードの受け入れもスムーズにできるようにきかいをいれなおしてうけいれじゅんびをととのえたので
近年に至ってカード支払い対応も利用しやすくしている。


「こにこだまって現金払いの方が楽」なこともあり・。カードで支払う人も現金で支払う人もどちらもいる。むしろ現金払いの方が割引の特典があったりする。
「〇〇ペイ、とつく前払いの形式」は、お客様は前払いしているつもりでも。
実際対応する宿の支払いは、1か月ほどの期間旅行会社からの支払いが遅く来る。

日本の国は今度の消費税増税に伴い。極力キャッシュレスの推進を推し進めようとされ手ているようだが。高齢社会の人口を掲げる日本において。
なかなか難しい時代だともう。

静香ちゃんは白シェパード


日本の紙幣が新紙幣になるというテレビのニュースを聞いた。
外国のように偽札は横行するということはほぼないのでまたしても変えることもないとは思うのだが。偽造以するということに対しての防御だろうか。銀行の自動機の対応もいろんなデザインを認知する内臓に取り換えて行かなければならないということは何にしても物入りなことだと思う。

今慌ててカード゛支払いのレジスターを、新対応の者に取り換えるのにもなかなか年寄の経営の人たちの小さなお店は大変だと思う。操作を覚えるのも面倒だし印字されている文字すら細かい。

弁天荘中庭
続きを読む>>
- | -

春らしい明るい光がさす一日でした。

カードも利用できます。

きょうは春らしい明るい日差しの差し込む一日でした。
でもまだ飛騨高山には桜は咲いていません。

テレビのニュースではあちらこちらの地区が桜が満開で美しい景色になっています。川沿いに桜のトンネルができているのをテレビで鑑賞している始末。

世の中が桜なんてもう見飽きた頃にしか、咲かないのです。
それはそれだけ夏は涼しいということのあかしなのです。
しかし現実はふたを開けてみなければわからない。
温暖化という言葉が裏付けるものは何なのか。
夏の焼け焦げるほどの暑さは大変だと思わざるをえません。


ジョンノ家

飛騨ですら町の中を歩く国は大変なのでビルに囲まれたアスファルトの道の散歩では犬たちにとっては地獄のようなことかもしれません。
去年は大雨の災害が起きたかと思えば急激な日照り。水播きが追い付かずお客様のもぎ取り農園のサービスが提供できないような有様でした。
折角楽しみにしていた畑のトマトもきゅうりも枯れあがってしまいました。
今年からおんなじ様な気候が繰り返すのだという予測に基づいて。
畑を作ることをやめた次第です。畑で働いてくれていたおじちゃん達もすっかり年取りまして足腰立たないとこぼすのでもう。畑の野菜作りはやめにしました。たくさんの農地は保全のトラクターだけ入れて草ぼうぼうにしておくことにします。


わが家の玄関の前の山のサクラもまだ咲いていません。田舎ではその土地土地の桜のつぼみの膨らみ具合で種もみをふやかしたり苗作りをしたり田植えをしたりするのが習わしで桜の開花が目安でした。

桜の開花

でもみんな年寄りになって働く人がいません。
専門のトマトやホウレンソウ作りですら、外国人が働いているのが現実です。
日本の人口はどんどん様変わりして行って。むかしとはずいぶん変わってきました。高山も観光客がどんどん日本人から外国人に代わって。
白川郷に出かけた我が家のお客様が。さすが世界遺産だわね。日本語よりありとあらゆる外国語が飛び交っていて。景色とは大分イメージが違って「何かしらの違和感がありました。」とおっしゃっていました。

日本は外国人向けの観光地化に進行しています。
その現実に目を見張るのが病院で働いている外国の掃除屋さん。
今にそのうち看護師さんも外国人になる事でしょう。

人手不足なのは仕方ありません。わたしの宿も人手を確保するためのチラシを新聞折り込みにしたり。求人募集のタウン誌に投稿したり。求人専門の人材派遣会社に出したり。あらゆる策を練っています。
私も着物の古民家のほうでは外人対応も考えてみました須賀本来の宿の方のシフトが廻りかねるので着物体験館の方は休んでいます。
宿の方には外国人受け入れの方針はとっていません。中には家族の中に交じっていらっしゃるかもしれませんが外国人だけの団体客はとっていません。

しろい射バード

長年やり続けてきた「犬や猫連れの宿」専門で地道に、根気に細々と長年来てくださっている犬たちの顔を見て。
ほっとして仕事が゛できることを大切に思っています。
積み重ねてきた年月がいろんな思い出を大切にしていくことが私の生きがいのようになっています。
そしてつぼみすら膨らんでいないので、まだ咲くには少し寒いのかなーと眺めています。

今年の春の気温はかなりの気温差があるので、体調管理が大変そうです。それでも5月の連休あたりになれば今の花粉や黄砂も落ち着いて太一の躍動が始まる事でしょう。今夜も長々とした私のつぶやきに、根気よく目を通してくださりありがとうございました。ありがとうございました。

上二之町の人力車
- | -

テレビにくぎ付け 新元号の発表。

弁天荘ロビー

皆様お元気でしたか。
4月1日。新元号の発表がありましたね。
近代日本の歴史を語る流れは「明治」「大正」「昭和」「平成」今度の新天皇の時代は「令和」という元号になるそうです。

元号の予測して。テレビ界をにぎわしていましたが。
皆さんの予想はいかがでしたか。
今度の皇室の行事と国民もお祝いするということと、従来のゴールデンウイークと重なると10連休になりますね。

飛騨牛のしゃぶしゃぶ肉

おかげさまでどの日もイッパイになっていて。
毎日続くのは厳しく手、人で不足の方が気にかかります。
早くからご予約されていたお客様のご都合でキャンセルが入ってくる程度。
こまめに空室状況を見てくだされば。今は満室になっていても動きが出て、ご対応できる日もあるかもしれません。

春の高山はちょうど暑くも寒くもなく。長く続く寒さを乗り越えて草花が大地に茂り始める頃ですので気候的には過ごしやすいのです。
きょうの元号の発表に伴う、総理大臣の説明がまさに将来の希望を表すことのようでした。「平成」という元号も慣れるまではすこし時間がかかったように。
時間といろんな出来事と共に、なじんでいく事でしょう。
6月のさわやかな晴れ

つい先日11歳の柴犬を連れた4人家族のお客様がお泊りになられました。
思い出のアルバムの中に10年前の写真が二枚も残っていたと喜んでお持ち帰りいただきました。4歳のお子様もしばらく来ていない間に生まれて育ちスマートだった尻尾のきりりとした柴犬も。10年ぶりの姿はすっかり貫禄の出たおじいさんになっていて。本当になんというか幸せな家族の歴史を垣間見ました。お子様は女の子と男の子供さん。幼稚園児さんのなのですかね。
家族連れで来れたことをとても喜んではしゃいでくれて。可愛い姿です。
堂々と廊下を歩いていく柴犬の姿に本当に私の心がやっていてよかった。
この宿やり続けてよかったーと思う限りでした。
この新しい元号を並べると「昭和」「平成」「令和」と3つの時代に続くのですね。
感無量です。

明日は食品協会の主催で私達宿屋や食品営業者たちの検便の日です。
検査容器に入れて授業員の検便の代金も添えて受付の場所に運んで行きます。
健全な体で衛生面に十分気を使って調理してお仕事に励めるようにがんばらなくてはなりません。
宿屋は決して華やかな仕事ではありません。お客様に対してきちんと手抜きのないお仕事をするのが大切なことです。御風呂屋廊下の掃除やお部屋のお掃除。料理に関しても大切なことだと思っています。
特に私が目指してきた宿屋は家族の思い出に残る一夜の宿を提供したいということが私の20歳から携わってきた宿の在り方です。
そんな一つ一つの積み重ねが、いろんなことへの努力なのかもしれません。

反保母の種

きょうのご家族連れは200グラムの飛騨牛のステーキのプランのお客様です。ご家族そろって5人と1匹。お婆茶的高校生くらいの男の子とそのご両親。
ほほえましいですね。
白川郷にお出かけになって雪が降ってきて今日はトテモ寒かったけれど。
それらしい景色の眺めになったようです。道は雨のように濡れていますが春の雪はすぐ解けてしまいます。
牡丹雪のような湿度の多い雪は景色としては、最高の眺め。良かったですね。
ありがとうございました。
4月は高山祭。古川祭り。ト飛騨の大きなお祭りが始まります。季節がこれから躍動して一斉にありとあらゆる機器の花が咲きだしますね。
桜もこれからです。楽しみにしています。
最後まで読んでくださりいつもありがとうございます。
毎年来てくださったのに、年取ってしまってこられれ無くなったわんこちゃん。
どうぞ命のある限りお健やかに。待ったりとした時間の中でお過ごしくださいね。

青空に桜吹雪
- | -
1/1