先日面接に来た人。

可愛いわんこ りんごのうか買いました

年末年始と雪がない年末年始とではどっちが飛騨らしいかなー。
雪があるときの弁天荘は、除雪費用に一回のブルトウザ―の除雪費用5万円かかる。

今年の高校総手タイのスキーは朴ノ木平が受けたようだが。
今更スキー乾燥室も撤去してしまって。
この宿にその体制はないので。もう来るか来ないかのスキー路線はあきらめてきた。
お耳を引きずって部屋へと急ぐバセットハウンド

むしろ雪のない国から外国人でも誘致して

「オフ対策に泊めて着物着せて遊ばせればいいのだ」
とそんなことを計画していろいろ準備したが。
父の状況によると思う。

今は苦しむこともなく静かな安息の日々が続いていて。
むしろ体が心配なのは、私のほうかもしれない。
左手のマヒ。左足のマヒ痺れ。
のこぎり引きされているような寒さの中での痛み。

足も腰も左手も痛くリハリ日教室が欠かせないようになった。
これは治るというものではないのだから。
新しく先日面接して宿の方のパートで働いてもらったが。
接客業というサービス業には楽しければいいのであって。
「緊張感はあまり必要ない思っているようなので」これには驚いた。


「サービス業は楽しいから、自分にあっているという」そういう感覚では
スピーディで誠実で優しいサービス対応を、どう教えたらいいのだろう。
楽しむのはお客様。くつろぐのはお客様。
フロントの対応を教えたが。
きものは好きだけれど自分では着られない。
という彼女。その意欲のなさが。難しいねー。

みっちり教えても果たしてものになるのだろうか。
「調理師試験?実績はありますから。受ける資格はあるのです。」
と、軽く言ってのけた。これこれ。流れでお運びやホールやっていたって、

その店が試験が調理師会に推薦してくれるとは限らないでしょう。
その接客その ,理解できただろうか。
IMG_3905.JPG
- | -

11月半ばです。

弁天荘中庭


しばらく女将のブログへの投稿記事をお休みさせていただ゛いていました。
特にサボっていたわけではないのですが。今年の夏に脳梗塞で倒れた父が自宅静養となって退院して自宅に戻りましたので。
父はもう94歳です。気ままに暮らさせてやりたいと思っています。
父は、絶対的に介護老人ホームへは入りたくないと言いますので。
かくごして暮らす事にしました。
だから着物体験館の宣伝活動も少し控えめにすることにしました。
色んな予期せぬことが起きてきますが。

上二之町の風景

私の身体も叔母の体力も年々年取って行くので。
宿の仕事はしんどいことも多いのですが。
それでも長年打ち出してきたペットの宿というものは。
私にとって何にも代えがたい犬連れ猫連れ小動物連れのお客さまへのよりどころの宿で存在したいものだと願ってできる限りこの営業方針は変えずに。
がんばろうと、宿の方も相変わらず営業いたしております。
「ペットの宿でのスタイル」は続けておりますので。

シャンプーしてもらいましたリボン付

根強いリピーターのおなじみ様に支えられて細々と地道に営んでおります。
状況が゛解らず観光旅行会社の宣伝文句のままに。
おいでいただくお客さまに本当の宿の在り方と実態を知っていただきたいと去年の今頃から。ネット旅行会社との契約をお断りいたしました。

一度お泊りいただいたお客さまとか。
新規のお客さまとしてはスマホなどで、
探してこられるお客様などのお客様などの出会いになり。
爆発的な勢いはありませんが。
それでも地道に続けていけるのはお客さまのおかげと感謝しています。

季節が変わるごとに月日の通り過ぎていく早さに驚いております。
年末年始はまだ年末の方に部屋のゆとりもありますのでどうぞご計画くださいませ。
また1月3日からのご予約に対しましてはどなた様にもすべて
「飲み物感謝サービス対応」をやっております。
ご予約お待ちいたしております。
続きを読む>>
- | -

平成28年10月14日

10月14日
高山祭を過ぎた頃から飛騨地方は。急に寒くなって末尾だった9月の台風が多いシーズンを超えたかと思うと。
今度は乗鞍岳に今年初めての氷。鶴ヶ池が凍った。
道理で朝晩さむい筈だと思う。
ファーマーズの白菜
しかし今朝は久しぶりの秋空の晴れ。
何ともすがすがしいお天気で秋らしい気温。20度。
寒暖差は覆いが明るく過ごしやすい暖かさ。長袖に上着でちょうどいい。
折角の旅声だもの。
お客さまはお天気の晴れが続くことが何よりの歓迎になる。
きょうも昨日も10人以下のお客さまだが。
リピーターのお客さまや。安心して犬連れの宿を楽しんでいただけるお客さまばかりなので受ける側もホッとする。
そして今度の土曜日は白川のどぶろく祭。
皆さん14日15日と楽しみにしておられるようだ。

可愛いわんこ
白川までは一時間ちょっとで北陸自動車道のインターからインターまでの間を載るととても便利。
昔は不便だったが気軽にお出かけができるようになったので話のタネに出かけてみてほしい。
またその次の10月22日23日あたりの土日も紅葉が始まってくることだろう。ぜひ山の景色を眺めて。
今年はすこし黄色が目立つようだが確実に山の景色が変わっている。
宿の方は比較的すいているのでお好きな飲み物を武家然として歓迎することにしよう。飛騨牛のシャブシャブと熱燗の地酒。
これも乙なものだと思う。ぜひ予約をしていただきたい。
プランには書いてなくても10月22日のお泊りのお客さまには、お飲み物サービスにしていますのでぜひおいでください。
お部屋のゆとりはまだかなりあります。お待ちいたしておりますね。
今年も豊作 お米がうまい
愛犬愛ネコ無料泊です。
- | -

6月の半ばになりました。夏休みのご予定。

ドックラン27年

こんにちわ。お元気でしたか。ペットと泊まれる旅館名弁天荘です。
飛騨高山にゅうかわからお便りしています。
明日は今夜阿多の〜飛騨地方は大雨になるそうです。でも今日は曇り今朝ほど雨がぱらついていましたが。止みました。そしてまた明日の昼は晴れるとか。
さすがつゆのお天気ですね。でもこの梅雨明けがすればもう海の日あたりには梅雨明け。本格的な夏休みです。


そろそろ夏休みのご予定は御建てになられましたか。
家族連れ子供たちを連れおじいちゃんおばあちゃん。
そして犬たちを連れて飛騨高山の計画も今が楽しい先のことを。
考えることなのだと思います。もうすぐお父さんのボーナス。

黒マルチで囲みました。

で楽しい高山の観光地も含んだ家族旅行を考えましょう。
続きを読む>>
- | -

飛騨高山にも桜開花しました。

>可愛いわんこ
飛騨高山にも桜開花しました。
日本全国桜はもう飽きた頃に飛騨高山の桜が開花するのでほっとしています
ようやくおそいはるのおとずれというと頃でしょうか。

明日は高山祭です。4月の14日15日と高山市をあげての高山の春祭りです。
雨が降りそうで気になりますが。何とか持ちこたえてくれたら屋台倉からお祭り用に飾られた山車が引き出されて、高山市の春祭りの町内を引き回しとなります。
勇壮でで厳かな祭りです。日本三大びさいに数えられています。

14日の夜はちとょうちんを付けての引き別れとなり何ともきれいです。
15日は昼間から陣屋前広場に集まってからくりなどの奉納がありますぜひご覧ください。

またその一週間後には。
飛騨古川祭りがあります。
山車も出ますが゛古川太鼓と言いまして男たちがさらし一枚で太鼓をたたいて回るそれも一風変わった勇壮なお祭りです。ぜひご覧ください。弁天荘からは20分で行けます桜の開花
- | -

3月の3連休

上三之町

春になりました。少し前にふっていた雪も。あっという間に消えて。
やはり春の感じです。
ガラス戸越しに明るい光が゛さして来て。
穏やかな春の兆しに。
私はこんなふうにあと20年くらい生きていければうれしいなーって思いました。
堀井造園さんの社長さんが先日のぞいてくださって。松の木についた。こまかい黒い虫の消毒は天気が落ち着いたら来るからと言っていかれました。
大きな赤松と、こじんまりと整えた黒松が今年の冬に病にかかったようです。

父が赤松は弁天荘の全体を眺めるうえでの品というものだから。「ちゃんと手入れしておけ」と「それが俺の遺言だ」なんて。大げさなこと言うものだから。

冬の全景

お隣の集落の堀井造園さんに電話して頼んでおきました。
なかなか庭の事は専門家でないと難しいものがあります。
お庭もあればあったで手入れしなくてはいけないし。父の言う「品というものを維持して行っているのは私なんですけれど」そんな気がします。
デモそういうことから何から何までを。父は私に任せてくれるのですから。
なんといってもその資金をひねり出して。

「働いて維持費を生み出しているのですから」なんて小声でぐちいいたくなります。「気丈な女将をやれ。そうやって生きていけ。そして自分についてくる従業員を可愛がっいけ」なんていつも私は父に言います。父は今年で95歳。

「今年は俺はきっと死ぬからなあなんて言います。そして俺は。森のうちに暮らそうとしない長男は長男だと認めない。世代の者がみんな辛抱してやりぬいてきた。墓守という仕事もしないで。俺から逃げて歩く夫婦を森の長男とは俺は絶対認めない」。などというのです。頑固な父。私はそんな父が捨てられずに。

ずっと生きてきてしまった。私は父を守りながら本当は父に守られているらしい。
そしてまだこんなことを言い張っている父のそばで暮らしている。

内藤さんお泊り会8人.jpg

今年も春のお客さまからシーズンが始まりかけている。
予約もそこそこ入ってやっぱりお客様有っての宿屋だと思う。
仕事ははーどで大変だけれども。ちょっと辛抱すれば。何を言ってもなじみの顔に。新しいお客様が一緒についてこられて。ジワジワと広がって行くことに。本当に感謝だと思う。献立表書いて注文票も書いて出しておかなくては。
いろいろやることがいっぱいだから。
堀井造園さんが4月に大きい赤松の選定に来るからとのことだった。

いつも来てくれている畑のおじちゃんから、電話があって「今年は冬にけがして。松葉づえで、このあいだ退院してきたから。今年は夏からしか働けそうもない」とのことだった。

人間何処に落とし穴あるかしれない。その人は。樵のアルバイトに行っていて気に打たれて大けがをしたらしい。と風のうわさには聞いていたが。農園の方も人手が足らないから。どこかでシルバーセンターの人を配属してもらうとしよう。
もう一人の農園帳をやって居てくれた人も冬。3年前に樵をしていて。事故で亡くなった。伐採は危険な仕事だと思う。

農園の方は、未だトラクターも入れていないので。
5月の連休前に黒マルチシートを引けばいいのだが。
何かと段取りが大変そう。もう少し暖かくなったら電話しておかなくては。ハローワークやシルバーセンターや。
私の体も腰は痛いし足は日キヅるし。亜脱臼した腕はいつも抜けそうに痛いので。近所の宿屋の連中はみんなひとりヘリ二人減りやめていくばかりなので。

わたしももう3〜4年で宿屋はどうしようかなーなんて思っていたけれど。
おととし、改装工事して。去年ホームページ作って。今年から見る部分で始めてみようと作った。隣の敷地の「着物体験館」まだまだ独り立ちできそうもなく。稼ぐ施設ではないようなので。結局仕事の内容を切り替えるどころか。
また一つ大風呂敷を広げたことにすぎない。やりたい仕事が増えていくばかり。私は結局よくばりなのだろうか。

ゴールデンちゃんの集まり

旅館弁天荘がバックボーンになっていてあげないと。
何とも立ち行かないだろうから。そう思ってしばらくやることにした。
10年だろうか15年だろうか。20年もやれれば御の字だと思う。
折角リピーターのお客さまもついていることだし。
私ががんばっていればいいことだし。

ハローワークに募集して人集めすればいいから。出会いに期待して。乗り越えて行こう。人材は何とかなるだろう。そんなことを想っている。
何とかまだ当分、夢のためにはコツコツと前に進んでいかなくては。
とそんな覚悟することにした。

宿屋の仕事はもともとこれだけ長くやって居るとそのリズムはしみついてしまって。楽しいとすら思うのだから。もう頑張れば〇〇万円という売り上げにも、やはり。魅力と言えば魅力。
スタッフ達も同じような顔ぶれで。笑ながら働いてくれるのだから。
早々たたみこんでしまう事もないと思うのだが。
身体が思うようにいかないときは。どうしようかなーなんて思う。

デモ今年も走り出せばそのリズムが答えられないほどの充実感があって。
私は泣きながら男の後をついて歩いてきた、家庭の主婦ではないことに。
今更気づく。身の丈に合った生き方すればいいのだから。楽しみながら仕事して行こうって思うのです。
飛騨牛しゃぶしゃぶ

昔取った杵柄。ジャジャ馬の血が騒がないでもない。

宿屋はやっぱり楽しいものだから。もう少し続けよう。この間のお客さまも。
「頑張ってやって居てくださいね。」そんな言葉をかけてくださったのだし。

それでは。今夜はこれで。
いつも最後まで目を通してくださりありがとうございます。
- | -

明るい晴れ


水仙さきました。

今日は明るい日差しの梅雨い晴れになった。
お客さまから。
「こちらをお昼頃出ますから。3時か3時半頃には漬けると思います。ところで雪ありますか。」などと電話があった。道路にはすっかり雪らしきものはない。遠くの景色の中に雄大な乗鞍岳や。穂高の連山や白山の山御嶽の山。傘が竹。槍ヶ岳。四方八方が山なのでとてもきれいに見えるだろう。

春になると気候も緩み
空の色が青くはじけてそれはそれは美しいものがある。
その雄大さや偉大さには誰でも立ちすくんでしまうほどの美しさがあり。
人々なんて。
この大自然の中の本のひとかけらにも値しないということが思い知らされる。
人の弱さや人のはかなさ人のもろさなんて。
自然の高貴な美しさの前には。何ともない。ことなのだと思う。
今日のお客さ野もきっとお天気を気になさっていることだろう。
「とても明るくて青空一杯の晴れです。道には雪はありません。」
そう答える私に。「それではよろしく」とおっしゃった。2泊されるお客様。

明日は、別のお客様がまた二組増える。
お天気が良いとお出かけもしたくなるものなのだろう。

雪がどんどん消えていきます。

しばらく書いていなかったブログもそろそろ真面目に書かないと。お客様が目安においでになるのだから。天気はいいがこちらは未だ冬の延長のようなもので車から降りればやはり。上着はあったほうがいいだろう。
気温は15度くらい。
夜はもっと下がる。雪は残雪名残雪程度に山影には残っているところもあり。
未だフキノトウはどこにでもあるというわけにもいかず。
小八賀川の水は温んでいるが。渓流釣り客の姿も今年はまだ見ていない。
3月1日あたりから解禁にはなっているはずなのだが。
そのうち歩いているのを見かけれるのだろうか。

クマもそろそろ冬眠から覚める頃。
春は静かにやってくる。まだその足跡は聞こえてこない。来週くらいから。いややはり19日の連休からだろう。
家のパソコンの残室チェックをしておかなければと思う。では今日のブログはココマテですね。皆さんどうぞお待たせしました。犬連れて遊びに来てくださいね。お待ちしています。

ジョンノ家
- | -

早いですね。もう3月。

静香ちゃんは白シェパード

早いですね。
もう3月あっという間に月日が流れて勃勃と私も本気で働くモードに入らないと。仲居長い冬休みが終わろうとしています。
今年も冬は冬眠だなんて言っていられてありがたかったですね。
それに。今年は雪害らしいものもなく。
ありがたかったです。そろそろ家の周りの雪も消えてきました。
本当に何が何だかあっという間の2か月が過ぎ去って。
サラリーマンや普通のお仕事して見えた人々は。
真面目にコツコツがんばってお仕事して見えたのに。
私は。気ままに寒いときは血管が破裂すると困るから。なんて言っている。

上二之町の風景

そんなやり方許されているので。
許されているのではなく強引に通しているのだけれども。
もうアラ。カン。の年になったのだから。
気ままに暮らしていければいいかなーって思う。
それでもやり足すいい事はいっぱいあって。
何かと忙しく。
猫たちの世話も犬たちの世話もしなければ。
たまには着物体験館も眺めて喜んで眺めている時間もいるし。
何かと大変な無農薬野菜農園も準備しなければまかない種には収穫望めないから。なんといっても体を動かしていると、人生の重たい宿題はとりあえずお預けみたいな気になるから。それでいいような気がするし。

なんだかんだと言っても今年も3月。
頑張って11月いっぱいまで一気に走り抜けて。
今年はじゃらんも楽天も切ったので。
自由に羽ばたけばいいと思って青い空を眺める。
いつも私のブログ読んでくれてありがとう。そんな感謝をして今夜はこれで。
おやすみなさい。

貯あり執大掃除
- | -

今年は暖冬。

上二之町の風景今年は結局暖冬なのですねー。
2月の半ばだというのに。道にはすっかり雪は消えました。
このまま春まっしぐらということになってくれれば。
畑のトラクターも結局は5月ではないとドアにもならないと思うし。
まだまだ天気予報の急変があるかもしれないので。油断はできないのだが。

暖かいということはとても体にも影響するようです。
おかげさまで。
今年は風邪ひとつずに無時冬を乗り越えようとしています。
ありがたい事です。
犬達もも猫たちもおかげさまで丸々としています。
何しろ運動不足になりますから。
長年のお客様がぼちぼち申込みしてくださっています。
いろんな意味で春はありがたいです。
もうすぐにゅうかわの北方や新張り地区では多分福寿草が咲き始めているころでしょう。

コスモス花盛り

このあたりの春は本格的には。
4月後半から、5月にかけて。梅も桜も桃リンゴもみんな一斉に春爛漫を咲き誇るのです。チュウリップも。反保母も。水仙もみんな咲いて賑わしいですね。
春は気のメモ拭いて心が沸き立つものです。何でもできるような気がして。
不思議なものです。
続きを読む>>
- | -

12月14日バレンタインデー。

上二之町の人力車

昔は。気の小さい。
控えめな女の子がひそかに思う人に。打ち明けたのだという西洋の神様がそんな日もお作りになっているのだという。

チョコレートを送った日が、バレンタインデーだとか言われたが。
どうやらそれは日本だけの現代風習のようで。
今日はチョコレートで、渡したり。感謝の気持ちを表す渡されたりするようで。
最近の傾向は。本来の男の人へというものではなく。

義理チョコから始まり。。女の子からのチョコ。女の子同士の友情チョコ。
はたまた自分へのご褒美チョコ。
現在に至っては様々なことになっているらしい。

果たして甘いチョコレートが男の人としてはお口に合うのでしょうか。
とすら思ってしまう。そして100セントカカオ豆の輸入に頼っている。
日本の現状は。
さらなるチョコレートやココアの値上がりを巻き起こすことだろう。

ところで。今日の飛騨はすごい暖かな日で有り。明日からまた寒気がはいってくるとのことだが。こうアップダウンの日が続くと体に響くと思う。

お隣の集落に。アル伊藤ハムの会長が建てたという、研究所のチロリアン風の建物。行く機会があったので播きストーブの燃えるにおいが懐かしい。そんな真中の椅子席に。座ってコーヒーを飲んできた。

日曜日なので人々が出入りしていたが。
そこそこの山小屋風のイメージで。このような感じの建物は神戸の六甲山にもあるとのことは。
私のレジカメを持って行かなかったので。写真を取り損ねてお伝えできないのがちょっぴり残念。

庭の石が気にも花咲きました

うちのお客さまからも聞いていたが。
さすが。雰囲気は上高地の帝国ホテルにも負けない。
雰囲気はあった。
何よりも播きストーブの匂いが何とも。
チロル風の。一昔もふた昔も前の雰囲気を、ココに表わしていることは。
「やはり伊藤ハムの会長」という。だけのことはあると思った。

ただし日曜日のシフトを組むには、研究所という目的のもとに売店レストランと設定してあるので。
人手不足ということもあるのは、痛しかゆしということだろうか。
千葉県から来ているというお母さんが、一人奮闘していた。

あれくらいの度胸がないと、一人では切り盛りできないのだと思う。
さすがに会話も。元気があった。地元民にあれほどのファイトがあったなら。
もう少し、違う流れがあるかもしれない。

「診療所の先生を赤ひげ先生として、表彰されたんだ」よって。威張っていた。千光寺の大円和尚とも。権三郎さんとも長い付き合いだなんて。
聞きもしないのに宣伝している。
ここにもかつての、この村の村民のファンがいてよかったと思った。

私の腰の痛いのは、誰も何ともできないのだろうか。
昔。ヘルニアになった時。
高山の久美愛病院で、砂袋釣って腰にベルトを巻てベットに張り付けになっていた。「手術をするのは僕はちょっと自信がないんだ」という。そんなジーパン。スニーカー先生が。白衣着て言うので。
とうとう手術しないで出てきてしまった報いを。時々冬になるとぶり返している。
今日。夕方になって。私を「10キロ痩せさせたいのだ」という。
高山のfBで友達申請してきた。味岡さんという。
サプリメントの4つ下の女性が訪ねてきた。
「脂肪の代わりに筋肉をつけるのだ」という彼女の言う説はわからないわけでもないが。
この手の商品は。なかなか購入価格が高い場合が多い。
はたして彼女の言うように。結果が伴えば安いものなのだが。
この年になって筋肉付けて、痩せるというのは至難の業だと思う。
一応。高山の地元の人だから。一通りの説明は聞いて。「次回資料とサンプルを見て検討します」と言って返した。地元の人だから。むげにはできない。

今日は春を告げるような温かい日だった。
明日からまた寒さがぶり返してくるとのこと。
風邪をひかないようにしなくてはと思う。

桃太郎トマト箱詰め

今夜はすこし、テレビドラマでも見てから寝ようと思う。
では今日のブログは簡単明瞭に。
よそのほうでは、春一番が吹き荒れたようだ。
飛騨にはもう2か月先のことだろう。

ではまた明日。明日はまた良い事がありますように。
春先の予約がぼつぼつと入るようになりました。
- | -
<< 2/66 >>