今年もよろしくお願いします。

今頃ですが、あけましておめでとうございます。
今頃あけましてもないものだ。なんとおめでたいやつだとお思いでしょうが
今年初めてのブログです。
年末にちょこっとこのブログに書き込みをしてから、そのまま忙しさに突入。
スタッフみなでわいわい言ってる間に、正月は過ぎ去り、お客様が全部お帰りになった日が平成19年1月7日。
おかげさまで今年は去年と比べると雪は少なく、申し訳程度に20センチほど積もって。それでもあたりは一面の雪景色。
きれいだね。戸景色を眺めるゆとりすら出て、雪下ろしもしなくていい、ということは本当にありがたいことだと実感。
お客様がお帰りになった後スタッフ全員、年末年始振り替えの年明け長期休暇をとりました。
それも過ぎ去り1月15日あたりからボツボツとお仕事。
もちろん冬だから寒いといえば寒い、灯油が高値の折、暖冬ということは天の助けというもの。しかしスキー場の近くの宿は雪不足でキャンセルが相次ぎ
大変だったらしい。出入りの仕入れ業者の担当者いわく。
「弁天荘は満室が続いているなんて、この地区としては珍しいほうですね。
やっぱり犬猫の旅館だからでしょうかね。」と不思議がられてしまった。

»» 続きを読む

師走の月に入りました。いかがお過ごしですか

師走の月に入りました。
早いものですね。あっという間に一年が過ぎ去るなんて。
我が家の犬も猫も元気です。寒くなってきました。
預かり犬の黒柴犬のロンちゃんが永眠しました。十七歳でした。
ジョンの家を出たり入ったりして、一ヶ月お里帰りをしたかと思うと又一ヶ月ジョンの家に預けられたり。
ご自宅の改装建築工事をしていらっしゃるので、置く場所がないとの事
「十七歳の老犬。預かり中に死亡しても仕方ない」という承諾書を得て預かりました。よぼよぼで立っていることもおぼつかない仔でした。
やせてやせて目も見えず、耳も遠くなっていて足も立たなくなり。
介護して水がかろうじて飲める程度。

»» 続きを読む

雄猫の生き残る道

雄猫は2キロに一匹の範囲のテリトリーを持って日々の活動して暮らすという。
そう言えばけんかをして、激しく雄たけびあっているのも雄。
何匹か近所に捨て猫が居たがここ2〜3年の間に、姿を見なくなってしまった。
みんな死んでしまったのだろうか。
我が家の唯一の雄猫のシロは捨て猫だったが、遠くのお寺の境内で生まれた。
和尚さんから檀家の一人が頼まれて引き取った。
しかし又捨てられたらしい。
だから今最後の居住地は「弁天荘ジョンの家」である。
幼いときのかわいらしさから一度は飼い猫になり、えさをもらって暮らしていた。新築の家での暮らしは、大きくなるにつれて「爪とぎ」が原因で、又捨てられる運命をたどる事となった。
彼がここへきたのは2〜3年前。車で連れてこられて捨てられたらしい。
猫に逃げられたのはこの「大谷」という町内だと書かれている。
飼い主が探している「猫探し」の情報誌を目にした私は、屋根の上でおびえて居る猫を、やっと飼いならして、飼い主さんらしい下へとゲージに入れ車で運んで行った。飼いならすのに一ヶ月かかった。
「探し疲れて、さぞ嘆き悲しんでおられているだろう」と思い、飼い主らしき人の住所を尋ねた。ところが思わぬ答えが帰ってきた。
かいつまんでいうと「姿はそっくりだけどこの猫とは違う」という事だ。
「こんなに大きくはなかった。」それは私がえさをやって育て大きくした。
「飼い主が名前を呼んでも来ない猫は要らない」といわれてしまった。

»» 続きを読む

平成18年10月23日のご宿泊

10月23日から24日と大変お世話になりました。
 毎回、私と我がワンコ、ハッピーとの二人旅!!
 (正確には一人と一匹ですが…)なので、宿泊できる宿を探すのにひと苦労しておりましたが、今回は弁天荘様が快くお受け下さり、本当にご感謝申
しあげる次第です。
 若干、雨に降られましたが、おかげさまで愛犬ハッピーと白川郷、鍾乳洞(共にリード)や高山屋台会館(ダッコ)などと様々なところを見物し、非常に楽しい旅となりました。
 とりわけ弁天荘様のスタッフの皆様には、愛犬共々ご配慮を頂き、ペットと一緒にこんなにくつろがせてもらった事!一番の良き思い出となりました。
 又、同じ期間に宿泊されていたお客さんも、みなワンコ好きな方々で犬好き・人好き犬のハッピーも楽しく遊ばして頂きました。
 今度は高山祭の時に是非お伺いしたいと思っております。
(一人と一匹の二人旅でご迷惑をおかけしますが…)
 本当に有り難うございました。
                    加藤&ハッピー

朝昼晩の温度差がある年は紅葉がきれいです。

上高地や新穂高ロープウェイにいかれたお客様は
「今年の紅葉はとてもきれいだ」と皆様が口々におっしゃいます。
鍾乳洞より植えのメートル付近から、平湯峠にかけて見ごろです。
お天気がよければら今週から二週間くらいは盛りだと思います。
もみじの赤が鮮やかなときは、雨が少なくて朝晩の温度差があるとき。
日中よりぐっと冷え込んで、夜明けころの時間帯が十度以下になってくると
赤色が目にも鮮やかなになります。
その反面雨が多い秋は紅葉は黄色が多くなってくるのです。

»» 続きを読む